閉じる
閉じる
閉じる
  1. ケイトスペード/kate spadeのiPhone6/iPhone6s…
  2. スマホクラブが選ぶ人気オーブントースターベスト3
  3. 2017年胸キュン映画続々公開!恋がしたくなる胸キュン動画・画像Twi…
  4. 世界一高い万年筆っていったいいくら?! 楽天市場で調べてみた
  5. 赤いiPhone7/7Plus(PRODUCT)REDにおすすめのスマ…
  6. 4巻で完結!!どんぶり委員長[市川ヒロシ]の無料ダウンロードはこちらか…
  7. 輪るピングドラム[柴田五十鈴]漫画5巻最終回を無料ダウンロードする方法…
  8. Classi9[吉村旋]漫画5巻最終回を無料ダウンロードする方法!ネタ…
  9. ななしのアステリズム[小林キナ]漫画5巻最終回を無料ダウンロードする方…
  10. 相沢さん増殖[敷誠一]漫画5巻最終回を無料ダウンロードする方法!ネタバ…
閉じる

スマホクラブ

先代に続け!「たま二世」駅長・ニタマ誕生!先代たま駅長は大明神となり神社から見守っています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cf6c5990420a8451a2903aff9aab8e61

おはこんばんにちは、七宝です

たま駅長が亡くなったというニュースをスマクラでも取り上げましたが、
その時の記事はこちらからどうぞ

先代である「たま駅長」が亡くなってからひっそりとしていた和歌山電鉄貴志駅に
今回、明るくなるニュースが飛び込んできました!

それが、「たま二世駅長」の就任と「たま神社」が出来たというニュースです

先代であるたま駅長が亡くなってからずっと空席だった駅長の席には、四十九日の喪が明けたとして
先代駅長だった「たま」の部下で、和歌山電鉄貴志川線伊太祈曽駅の駅長でもあり、2012年1月以降貴志駅駅長代理に就任していた
「ニタマ」が「たま二世駅長」に就任、8月10日付で就任の辞令が交付されました

さて、先代のたま駅長の御霊ですが・・・
なんと、貴志駅ホームにあったねこ神社を「たま神社」に改装し、神社の名前を変えてお祀りしたというんです
今月10日にたま駅長の「御霊」を迎える鎮座式を行い、「たま大明神」を祭ったとのことです
翌11日には仁坂吉伸知事やファンら約500人が参加する中「たま神社」の開社式が行われ、
「たま神社」の入り口を守る守り猫として、たまの銅像2体も一緒にお披露目されました

news2560681_6
左側に写っているのが銅像ですね

もう少し調べてみたら、ツイッターで画像を上げていた方がいたので一緒にご紹介します

これで、高さ20センチとのこと

開社式の後、「たま二世駅長」になるニタマの新駅長の辞令交付式も一緒に行われました
和歌山電鉄の小嶋光信社長が「たまから受けた指導を生かしてください」とあいさつの言葉を述べると、
ニタマは「ニャー」と返事を返していました

たま二世駅長であるニタマ駅長の活躍を期待したいですね

今回建設された「たま神社」ですが、もともと貴志駅には「いちご神社」「おもちゃ神社」「ねこ神社」があったのですが
今回は「ねこ神社」にたまの御霊をお迎えして「たま神社」に改築したんですね

3ea8c7f0

これが在りし日のねこ神社ですね
鳥居にも「ねこ」の文字が見えますね

ニタマ駅長の就任に対して、ツイッター上では・・・

応援の声が多いですね

先代であるたま駅長が本当の「招き猫」になっただけに
ニタマ駅長にもプレッシャーがかかっているかもしれませんが、のんびり気ままに
仕事をこなしていくんでしょうね

在りし日のたま駅長の姿を見返してみませんか?
9784892956386

もういっちょたま駅長です
こっちはたま二世駅長であるニタマも写っているようです
25560805_1

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. c8100018631161

    レイリ[室井大資]漫画最新刊を無料ダウンロードする方法!最近の漫…

  2. j3100019283161

    肉女のススメ[小鳩ねねこ]無料立ち読みはできるの?お肉が食べたい…

  3. スクリーンショット 2017-01-29 21.50.54

    京大理系数学 – 過去問2016年第2問が面白いと密…

  4. TSS73560

    おうちでごはん[スズキユカ]無料ダウンロードはこちらから!ネタバ…

  5. d2100013473561

    南鎌倉高校女子自転車部[松本規之]はスマホで無料立ち読みできるの…

  6. スマクラ アイキャッチ用1

    長期休暇(夏休み・ゴールデンウィーク)にオススメ!看板猫に癒され…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る