閉じる
閉じる
閉じる
  1. 強殖装甲ガイバー[高屋良樹]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこち…
  2. 静かなるドン[新田たつお]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこちら…
  3. ドメスティックな彼女[流石景]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこ…
  4. 明治メランコリア[リカチ]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこちら…
  5. クロコーチ[リチャード・ウー]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこ…
  6. 帝一の國[古屋兎丸]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこちら!ネタ…
  7. 菜の花の彼-ナノカノカレ-[桃森ミヨシ・鉄骨サロ]漫画全巻の無料試し読…
  8. 剣客商売[大島やすいち]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこちら!…
  9. スマホクラブおすすめハイレゾ対応高音質イヤホンベスト3
  10. 砂ぼうず[うすね正俊]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこちら!ネ…
閉じる

スマホクラブ

え?働くという名前が付いているのに、実際に働いている蟻は3%?!驚異の研究結果が明らかに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
働き蟻

 

こんばんは。トレーズです。

皆さんは、蟻と聞くと、まず女王アリがいて、働きアリがいて。
女王アリの為に、懸命にチームワークで支える働きアリというイメージがあると思います。
でも、驚異の研究結果が明らかになりました。

実は、働きアリという名前が付いているのに、実際に働いているアリは、全体の約3%だったと言うんです。
え?じゃぁ、他のアリは何をしてるの?と疑問の声が上がりそうですが、1/4のアリは何もしてません。
いつも働いているのは極わずか…これが答えです。

え?嘘でしょ?働かないアリなのに、働きアリなの?驚きの研究結果が!

つまりは、全く働いていないアリが、大多数を占めるという研究結果が出たみたいなんですね。
働きアリの71.9%は、一日の半分以上の時間、働かずに怠けており、24時間も全く働かないアリというのがいるんですね。

ここで、わかりやすい画像があったので、貼っておきます。

働き蟻
これを見てもわかりますが、働いていないアリが多数を占めることがわかりますよね。
常時働いているのは、赤い色の3%のアリのみなんです。

昔シムアントという、シムシティシリーズのゲームがありましたが、あれでは、せっせとアリが働いています。
でも、今回の結果では、働きアリが全然働いていないことが判明し、他のアリとの差が明らかになりました。
精力的に働いているのは、わずか2.6%で、何もしないことが専門の蟻もいるということなんですね。

とはいえ、今回の研究のターゲットになったのは、「Temnothorax rugatulus」という名前の北米にいる茶色の小さな蟻がターゲットでしたので、他の地方の蟻は、多少趣が違うかもしれません。

でも、今までアリとキリギリスの童話にもある通り、働き者が多いアリのイメージが崩れさる研究結果が出ました。

アリは、人間以上にしっかりと分業体制がとられていて、餌を作るのが専門のアリ、巣を作るのが専門のアリがいることは、周知の事実ですが、まさか、何もしないのが専門のアリがいたとは驚きです!

研究班の方達は、5つのアリの巣を用意して、巣にいるアリ全体にマーカーを付けて、二週間に渡って、カメラで撮影した所、この驚く結果が出たと言うことです。

今までの過去の研究では、休むのは疲れた時などの一時的なもので、24時間体制のシフトが組まれていると考えられていたそうですが、まさか働かないのに、働きアリの名前がついているとは、本当に驚きです。

研究機関は、アリゾナ大学の研究機関らしいですが、今まで何故アリが働くというイメージがあったのか?
これは、謎ですね。
日本みたいに、童話で固定観念が植え付けられたのかも知れませんが。

もっと詳しく知りたいと言う方は、こちらの英語のページへどうぞ。
「Behavioral Ecology and Sociobiology」9月号

 

日本語翻訳のツールもありますので、まぁ誤字変換もありますが、大体の内容はわかるはずです。
私がいつも使っている、無料のオンラインツールへのリンクも貼っておきますね。
エキサイト翻訳

 

後、同じニュースで記事を書いている方のリンクも貼っておきます。

アリの世界も、もしかしたら様変わりしたのかも知れませんね。
それとも、元々が人間の勝手な思い込みだったのか…。
人間の知る情報は、案外偏っているのかも知れません。

こうなると、働き蜂の作業率も気になりますよね。
で、検索してみたら、こんな結果が…!

働き蜂も、24時間働いているわけじゃなかったんです!
トータルで8時間ほど、一日の間働いていて、その他の時間は毛づくろい?みたいなことをしたり、羽を休めたりと。
人間とたいして変わらない労働時間ですね。

まぁ、そもそもが働きなんて名前を付けたのは、人間ですし。
普通はどれだけ働いているのかなんて、調べることもないでしょう。
でも、昆虫の世界には、まだ知らないことが多数眠っている気がします。
今回の働きアリのこともそうですが、どうしても、昆虫はエイリアン説を疑ってしまう私は異端者でしょうか?

昆虫だけは、他の生物と比べて、一種独特の形態を持っていて、何が最初なのかわからない部分も多々あると思います。
だからこそ、研究もやりがいがあるのでしょうが、今回の結果は、今までの概念を払拭するなかなかに面白い研究結果でした。

人間だけじゃなく、虫だって、24時間なんて働けないんですね。
眠る時間もあるでしょうし、休みたい時間もあるでしょう。
でも、今回の働きアリのように、全く働かないアリ(25%のアリ)は、一体何のために生きてるんでしょうね。

ちょっと人間に置き換えてみると、意外な事実がもっと判明するかも知れません。
昆虫には詳しくないですが、興味深い研究結果でした。(*´ω`*)

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 完成写真

    主材料6つに工程は4つだけ!辛党に贈る辛味噌チキン鍋は、コチュジ…

  2. KD763360

    喧嘩商売[木多康昭]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこちら…

  3. 005

    世界一高い腕時計はどれ?楽天とアマゾンでも調べてみた※2017ま…

  4. 完成写真

    ハロウィンに!材料5つだけで作れる!南瓜のタルタル添え!

  5. ジバニャン

    妖怪ウォッチのジバニャン、自分の耳の位置が分かってるとツイッター…

  6. d99d1d183da9229067e7782b52cf6acb_m (2)

    卒業ソングが春を呼ぶ、さわやか桜の季節がやってきた!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る