閉じる
閉じる
閉じる
  1. ZenFone Max M2(ZB633KL)スマホ画面保護フィルムお…
  2. アメトーーク!家電芸人2019で紹介されたおすすめ家電21選まとめ
  3. ZenFone Max M2(ZB633KL)スマホカバーケースおすす…
  4. iPad AirとiPad miniが2019年3月30日発売!App…
  5. ZenFone Max Pro M2(ZB631KL)画面保護フィルム…
  6. ZenFone Max Pro M2(ZB631KL)スマホケースおす…
  7. “Anker PowerHouse 200″ア…
  8. 2019年駄菓子売れ筋ランキング 長年愛される魅力と歴史
  9. イヤースコープおすすめ5選 iphone対応あり(選び方・価格・評判ま…
  10. facebookとインスタグラムが落ちてる現象2019年3月14日サー…
閉じる

スマホクラブ

耳を塞がない!新感覚の「ながら聴き」のイヤホンambie(アンビー)が登場?!ソニー音響技術のイヤカフ型まとめ

000

 

おはようございます。
スマクラのトレーズです。

私はイヤホンよりも
ヘッドフォン派ではありますが
外を歩く時に
音楽を聴きながら
歩きたいと思った時に
やっぱりヘッドフォンよりも
イヤホンを使うことが多いです。

でも、私の耳は
イヤホン向きではなく
長時間つけていると
耳が痛くなることもしばしば。

耳が痛くならないイヤホンというのも
すでに出ているんですが
それでも、やはり
耳をふさぐタイプは
耳が痛くなることももちろん
周囲の音が聞こえなくなるという欠点が。

そんな方に朗報!

ソニーから2月9日に出た
ambie(アンビー)というイヤホンは
耳を塞がないんですね!

どんな商品なのか
簡単にまとめてみました。

耳を塞がない!新感覚の「ながら聴き」のイヤホンambie(アンビー)が登場?!

001

ソニービデオ&サウンドプロダクツ(ソニーV&S)と
ベンチャーキャピタルのWiLが
共同出資して出来た
ambie(アンビー)は
耳を塞ぐことなく
周囲の音や声を聞きながら
音楽も聴けるイヤカフです。

正式名称は、
オーディオデバイス「ambie sound earcuffs(アンビー サウンド イヤカフ)」
というらしいですね。

耳の様々な部位に
挟んで付けることが出来るアンビーは
イヤカフと呼ばれる
アクセサリーのような
イヤホンになります。

有線のイヤフォン型デバイスで
耳を塞がないことで
周りの音とかも聴きながら
音楽も聴けるという
素敵なイヤホンになります。

スマホもそうですが
イヤホンをつけていると
周りの音が聞こえないせいで
歩く人とぶつかったり
事故が起きたりする可能性もあります。

そんな時に
このイヤホンがあれば
友人と会話しながら利用することも可能で
なかなかにすごいイヤホンなんです!

ただ、楽天やアマゾンでは
まだ扱っていないみたいなので
新情報が入り次第
追記していこうと思います。

公式ネットショップでは
送料無料で買えるみたいですね。w

002

アンビー公式ネットショップ

外を歩いている時に
車が接近した時に
従来のイヤホンだと
なかなか気づくのが遅れるとか

駅のアナウンスが聞こえないとか

デスクワーク中での同僚からの
呼びかけなど。

聞き逃せない音や声が聞こえないのを防ぐなら
アンビーがおすすめです。

まぁ、イヤホンを使わない方からしたら
仕事中くらい
イヤホンを外せ!などと
言われるかも知れませんが

外で運動をする時とか
外での待ち時間などに
好きな歌を聴いたり出来ると
良い時間つぶしにもなりますよね?

ただ、自転車での装着や
防水・防滴仕様ではないので
そこにはご注意!

 

ツイッターでも話題沸騰中です!

ながら聴きが出来るのは、嬉しいですよね。w

音響なら、ソニーですね!

耳のクッションみたいで可愛いですよね。

衝突事故とか減るかも。

会話が出来るのも嬉しいかも。

 

ちなみに
「ambie sound earcuffs(アンビー サウンド イヤカフ)」
お値段は、5,500円

カラーは
Asphalt Black
My Heart White
Pop Sky
Stamp Orange
Toypu Brown
Cuctas Green

の6色があるそうな。

音響面では
ソニーが持つ高感度ドライバユニットが
使用されているので
音質もそこそこ良さそうですね。

耳の外側の筐体に
収めたドライバからの音を
音導管で耳穴の近くまで伝えることで
聴こえる仕組みとなっているそうです。

詳細は、こちら。

耳に挟む部分は、先端が着脱できる機構となっており、不意な引っ張りがあった時にもイヤーピースが外れることで、本体の破損を防ぐという。交換用のイヤーピースは2個付属する。接続は4極端子のステレオミニケーブルで、マイクリモコンも備え、iPhone/Androidの両方に対応する。ケーブルの長さは1.2mでY型。ケーブルを除く重量は約5.2g。

iPhone 6sで音楽を再生すると
普段よりボリュームを少し上げる必要は
あるみたいですが
音がスカスカになることはなくて
ボーカルの温度感なども
逃さずに伝わるという
レビューもありました。

ただ、重低音に関しては
少しロスがあるみたいで
EDMのビート感などは少し薄れるみたい。

耳穴から外して聴いたような
軽い音ではなく
適度な厚みがありつつ
耳を圧迫しない感覚なので
カナル型(耳栓型)イヤフォンが苦手という方に
にもお勧めのイヤホンとなります。

まだアマゾンや楽天では買えないみたいですが
早く買えるようにして欲しいですねー。

もし音質を重視されないのでしたら
もっと言えば
デザインで、イヤホンを選びたいのでしたら
スカルキャンディというメーカーが
おすすめです。

 

例えば、こんなイヤホンとか。

【国内正規品】 Skullcandy スカルキャンディー カナル型イヤホン STRUM ストラム STRUM BLACK ブラック

楽天でチェックする

色々なイヤホンを探したいなら
e☆イヤホンというお店がおすすめです。

002

私は、イヤホンとかヘッドフォンは、こちらで買ってます。

ビーツとかも有名ですね。

【限定品】国内正規品 beats by dr.dre Powerbeats2 ワイヤレスインイヤーヘッドフォン

楽天でチェックする

耳が痛くならないイヤホンなら、こんなのも。

自分の耳にフィットする専用イヤホンが作れるカスタムDECIBULLZ (ライトブルー)

楽天でチェックする

003

女優として
映画やドラマなどに出演している
高橋メアリージュンさんと
高橋ユウさん姉妹が
ゲストとして登場したことでも
話題沸騰となったみたいですね。

実際に
「ambie sound earcuffs」を体験されて
「耳の後ろにスピーカーがついてる感じ。
音漏れもしていない」
驚かれたんだとか。

普段でも
音が漏れるのを気にする時もあれば
周りの音が聞こえない状態になったりと
片耳だけ外すという方も
少なくないと思いますが

今回の「ambie sound earcuffs」は
それらの問題を
払拭してくれそうですね。

本当に早く
アマゾンや楽天で買えるようになって欲しい!と
切に望みます。w

それでは

耳を塞がない!
新感覚の「ながら聴き」のイヤホン
ambie(アンビー)が登場?!
ソニー音響技術のイヤカフ型まとめ

ということで
簡単にまとめてみました。

イヤホンを選ぶ参考になりましたら、幸いです。

 

起業の参考になるメルマガをご紹介!

スマクラのトレーズです。
現在は、ビジネスで稼げるように切磋琢磨中!
御手洗さんは、起業独立を目指す方にブログやメルマガを活用したビジネスをお届けしてくれています。
一日中家族と一緒にいる生活を満喫してみませんか?
好きな事や得意な事をデジタルコンテンツとして無料公開されているので、起業に興味がある方は参考にされて下さい。
無料でメルマガ読んでみる?

 

おすすめ記事は、こちらから。

士郎正宗デザインのアニソン特化型ハイレゾイヤホンがやばい?!クリスマスプレゼントにも!
ハイレゾ対応高音質ヘッドホン・ヘッドセット・イヤホン人気おすすめ7選(bluetooth・有線タイプ)
若い女性へのプレゼントに最適なヘッドホンベスト5!「スカルキャンディ(Skullcandy)」が「マツコの知らない世界」で紹介!
音よりもデザイン派なら「Skullcandy(スカルキャンディー)」のヘッドホンがお薦め!ランキングで発表!※画像まとめ

SPONSORED LINK

関連記事

  1. ラグビー7

    W杯イングランド大会「日本VSスコットランド」マフィ魂のプレーに…

  2. AutoDraw

    Googleが発表した「Auto Draw(オートドロー)」がツ…

  3. Z8100023535461

    アリスと蔵六[今井哲也]最新8巻の無料立ち読みとダウンロードはコ…

  4. 201603090116537e8s

    おそ松さん×ファミマコラボ第2弾クリアファイルをGETできるのか…

  5. コンビニ

    コンビニの忘れ物が謎すぎて笑える…Twitterで話…

  6. SX127360

    シャカリキ[曽田正人]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこち…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る