閉じる
閉じる
閉じる
  1. どらくま[戸土野正内郎]漫画6巻最終回の無料試し読み・ダウンロードはこ…
  2. ソニーのブルートゥース無線イヤホンマイクおすすめランキング10選
  3. ギフト±[ナガテユカ]最新8巻の無料立ち読みとダウンロードはコチラから…
  4. 完全独立型ブルートゥースイヤホン最新人気ランキング
  5. あなたは決して一人ぼっちじゃない!!
  6. PSYCHO-PASS サイコパス2[橋野サル]漫画5巻最終回の無料試…
  7. DRAGON SEEKERS[米原秀幸]漫画6巻最終回の無料試し読み・…
  8. おとぼけ課長[植田まさし]漫画29巻最終回の無料試し読み・ダウンロード…
  9. 泊まりにおいでよ[師走冬子]漫画5巻最終回の無料試し読み・ダウンロード…
  10. ブルートゥースイヤホンマイク人気おすすめランキング(両耳・片耳・完全ワ…
閉じる

スマホクラブ

Xperia XとXperia Z5性能の違いを比較。バッテリー容量が少なくなった訳とお勧めのバッテリーは??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sketch-1467110536105

こんにちわ。スマクラのtottotoです。

2016年6月24日にXperia X Performance SO-04Hがドコモから発売されました。テレビCMなどを見て欲しいなと思った方も多いのでは無いでしょうか?

前作のXperia Z5と比較して性能を見て行きましょう。

こちらを見ていくとバッテリーの容量を思わず比較してしまうと思います。Xperia XはXperia Z5と比較してバッテリー容量が少なくなっています。また、国際版のXperia X5と国内版では記載されている容量が違います

ここは非常に気になる所ではありますが、バッテリーについては比較後、説明していきます。

Xperia XとXperia Z5性能の違いを比較してみた

Xperia XとXperia Z5の性能の違いを比較して行きます。

Xperia X :Xperia Z5
OS
Android 6.0.1:Android 5.0

CPU
Qualcomm Snapdragon 820 MSM8996 2.2GHz + 1.6GHz(クアッドコア): Qualcomm Snapdragon 810 MSM8994 2.0GHz + 1.5GHz(オクタコア)

音声通信方式 : 音声通信方式

形状 ストレート: 形状 ストレート

サイズ
144 × 71 × 8.6 mm: 146 × 72 × 7.3 mm

質量
165 g: 154 g

バッテリー
2570mAh(取り外し不可): 2900mAh

内部メモリ
RAM:3GB: RAM:3GB

Storage:32GB: Storage:32GB

外部メモリ
MicroSDXC (200GBまで拡張可能):
MicroSDXC (200GBまで拡張可能)

日本語入力 POBox Plus:記載無し

赤外線通信機能: 赤外線通信機能

Bluetooth 4.1: Bluetooth 4.1

メインディスプレイ
方式
IPS方式 TFT: IPS方式 TFT

解像度
FHD1920×1080: 1920×1080

サイズ
5インチ: 5.2インチ

表示色数
サブディスプレイ
なし(Z5も同仕様)
メインカメラ
画素数・方式
約2300万画素裏面照射積層型CMOS: 約2300万画素裏面照射積層型CMOS

Exmor RS for mobile
機能 先読みオートフォーカス
4K UHD撮影機能: 機能 4Kビデオ撮影

手ブレ補正:記載無し
プレミアムおまかせオート:記載無し
サブカメラ
画素数・方式 約1320万画素裏面照射積層型CMOS: 方式 510万画素

Exmor RS for mobile:記載無し
機能 顔検出AF: 記載無し
4K UHD撮影機能: 記載無し
手ブレ補正: 記載無し
タイムシフトビデオ: 記載無し
ARマスク: 記載無し
カラーバリエーション
White
Graphite Black
Lime Gold
Rose Gold
Xperia Z5カラーバリエーション無し
※Wikipediaより参照

と、専門用語も沢山出てきましたが、サイズやカメラ、解像度等メインとなる所は殆ど変わらない数値でした。

カラーバリエーションが増えたのは嬉しい仕様変更ではありますが、正直な所買い換えた方が絶対に良いと言えるバージョンアップでは無さそうです。

Xperia Z5が故障してしまったのなら、こちらに買い換えても良いかもしれませんが、急いで変える事は全く無いでしょう。

前述しましたが、ここで一番気になる所はバッテリーの容量がダウンしているという事です。

Xperia Z5で2900あったバッテリーが2570まで下がってしまっています。

これは一体どうした事なのでしょうか?

私も気になったので少し情報を集めてみました。

Xperia Xのバッテリーがダウンした訳は?国際版と容量が違う?

Xperia Xのバッテリーですが、Xperia Z5と比較してて2900と2570ではかなり差があると言えます。

なぜ、こんなに少なくなってしまったのでしょうか?

Xperia Xのバッテリーには今まで使われていなかった技術、バッテリーの長寿化があるそうです。

今までのバッテリーは電池の消耗が激しく大抵の物は2年すると駄目になり取り替えなければなりまけんでした。

そこをクリアするのに新しく搭載されたのが、長寿化を目指したバッテリーのようです。

こちらは消耗率を抑えているのでバッテリーの容量は少ないですが、長く使えるようになっています。

また、容量が少ない分充電時間も短縮出来るようです。

しかし、バッテリーの容量が少なくなったというのは事実なので、心細いと思う方は予備バッテリーを持つと良いでしょう。

今では結構可愛い仕様の物や安くて良品も増えてきているので、持っていても損は無いですよ。


↑↑ 【2015年楽天市場年間ランキング入賞】

国際版で発表されているXperia Xのバッテリー容量ですが、こちらは2700になっています。

日本版と国際版では表記が違うんです。

このような差は日本での解釈にあるようで、日本では2700の容量はあるが実際に使える容量は2570が妥当であり、こちらを表記しているようです。

なので、記載の違いはあるようですが、バッテリー容量は国際版も、日本版も違いは無いようです。
参照: https://smhn.info/201605-xperia-x-performance-battery

しかし、ちょっと勘違いをしてしまう所ではあるので出来れば統一して表記して欲しいです。

まとめ

・Xperia XとXperia Z5は性能的にそこまでの差は無い
・バッテリー容量はXperia Z5と比べて少ないが長寿化バッテリー仕様のため、長く使える
・国際版と比較してバッテリーの表記が違うが、容量は同じ
・Xperia Xを買ったのなら予備充電バッテリーは持った方が良い

と、なります。

予備充電バッテリーは何を選んで良いか基準が分かりづらいですが、充電の回数が多い物を選ぶと重くなり、軽い物を探すと充電の回数は少なくなります。

大抵160~180グラムくらいから重たいという印象を持つようなので、デザインなどを気にしないのであれば、出来るだけ軽くて2回くらい充電出来る物が良いでしょう。

楽天市場で手頃な商品を見つけました。


↑↑ こちらから

2回充電出来て120グラムと軽いです。

こちらから楽天市場でスマホのバッテリーを検索出来ます。

こちらから↓↓
スマホ大容量バッテリーを検索する。

また、もし学生であれば学生割引が使える楽天学割がかなりお得です。
6ヶ月間有効で有料会員に自分から移行しない限り、絶対に料金もかかりません。買い物に使えるポイントも貰えるので殆どの学生さんは使っています。かなりお得ですよ。

楽天学割はこちらから↓↓

参考になれば幸いです。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 00285

    意外に知らない?スマホのバッテリーを長持ちさせる正しい使い方

  2. スクリーンショット 2017-02-23 0.28.47

    コスメ系モバイルバッテリー iPhone/Android対応の女…

  3. スクリーンショット 2017-02-06 20.20.50

    コンパクトで薄型の持ち運びに便利な大容量モバイルバッテリーおすす…

  4. anker

    ポケモンGOおすすめアイテム・充電器(モバイルバッテリー)人気ラ…

  5. %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-01-16-38

    USB-C(USB Type-C)対応モバイルバッテリー(充電器…

  6. %e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc

    iphone7対応モバイルバッテリーおすすめベスト5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る