閉じる
閉じる
閉じる
  1. クラシックミニスーパーファミコン発売!予約はいつから?話題まとめ
  2. カップ付きのシャツはストレスフリーでおすすめ!Tシャツ・タンクトップ・…
  3. 強殖装甲ガイバー[高屋良樹]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこち…
  4. 静かなるドン[新田たつお]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこちら…
  5. ドメスティックな彼女[流石景]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこ…
  6. 明治メランコリア[リカチ]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこちら…
  7. クロコーチ[リチャード・ウー]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこ…
  8. 帝一の國[古屋兎丸]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこちら!ネタ…
  9. 菜の花の彼-ナノカノカレ-[桃森ミヨシ・鉄骨サロ]漫画全巻の無料試し読…
  10. 剣客商売[大島やすいち]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこちら!…
閉じる

スマホクラブ

「なぜ読書をしなければいけないのか?」Twitterで話題に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本を読む

こんにちは、スマホクラブのまさとです。

みなさん読書は好きですか?
本に触れる時間はありますか?
私は昔から漫画やラノベなどが好きでよく読んでいました。

「なぜ読書をしなければいけないのか?」Twitterで話題に

読書という言葉を聞いてどんな風に思いますか?
堅苦しい本を想像しますか?
それともライトノベルなどの読みやすそうな小説を想像しますか?
あるいは漫画を想像する人もいるかもしれませんね。
一口に読書と言っても人それぞれの形があると思います。

読書の歴史などについて知っていますか?

読書の意味は「書を読む事」とされるが、活字の登場以前では、これらは主に裕福層やインテリ層にのみ許された行為であった。活版印刷技術の登場以降、書籍が大量生産されるようになって、大衆の識字率は格段に向上し、読書は大衆娯楽(趣味)としても広く受け容れられるようになっていった。
日本では、江戸時代までは、主に四書五経など漢籍の音読(おんどく)が行われていたが、明治時代以降になると黙読(もくどく)が主となった。当初黙読がそれほど広まっていない頃には、黙読する人は「何を読んでいるのか分からない」ため気味悪がられ、また、黙読が広まっても、なかなか音読の習慣を止められない人もいたとされる。黙読している間も声を出さずに音読しているのと同じように読む人もいる。また、江戸時代には四書五経のような教養書の他に戯作本(『東海道中膝栗毛』等)が登場して出版業が成立、生活に余裕のある都市住民を中心に娯楽としての読書が広がっていた。当時、日本語の崩した文字に対応するために、木版印刷が広く用いられた。
20世紀になると大衆の教育の広がりと向上により、かつてより書を読む人間が増えて、また出版技術の向上により大量出版の時代となった。日本においては、大正時代から昭和前期における円本の流行が「廉価な本を大量に発行する」という出版形態の発端とされる。しかし、20世紀後半になってテレビやインターネット等他メディアの爆発的な発達により、知識情報獲得手段としての読書の地位が相対的に低下していったため、若者が本を読まなくなったと嘆く人間の間で「活字離れ」「読書離れ」が語られることがある。

Wikipediaより引用

Wikipediaにも書かれているように活字離れが言われていますが、電子書籍を活用している方も多そうですね。

他の読み方としては、要所をピックアップして行くなどして読書速度を上げる速読(そくどく)や、内容をよく理解して更にはその思想までもを汲み取ろうとする精読(せいどく)などがある。本を読まずに大量に積み上げることを、皮肉的に「積ん読」(つんどく)ともいう。(この「積ん読」という言葉を発案したのは田尻稲次郎である。)また、書籍に限らないがその原稿を関係者や第三者が読んで問題点を指摘することを査読(さどく)といい、更に問題点を修正したりすることを校正(こうせい)という。
読書にのめり込んで、終始活字を目で追わなければ気がすまないようになった人間は、「活字中毒」とされる。その一方でビブリオマニア(書痴・愛書狂)のように、書籍それ自体をこよなく愛好する向きもあり、書店のみならず古書専門店も根強い人気を得ている。
20世紀末より、インターネットの普及などにより、プレーンテキストデータのみならず、様々な図表も入った書籍データをパソコンや携帯情報端末 (PDA) 等にダウンロードして、専用ビューワーを利用して読書するなど、その方法は多様化している(→電子書籍)。
本来、内向的な行為とされる読書だが書評や読書日記などを通して自己表現として評価されることもある。読書のWebサイトでは、書評ページの「松岡正剛の千夜千冊」に見られるような、様々な書評サイトがある。
Wikipediaより引用

という記事がtwitterであげられ、話題になっています。
この記事についての反応はこちらの通りです。

みなさん色々な反応ですが、話題になっている所をみると
みなさん注目されているようですね。

まさと

本1
コンテンツ・マーケティング64の法則

本2
ザ・ローンチ

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. h1_comic02

    年末年始(正月休み)の暇つぶしにオススメのハーレクインコミックス…

  2. H7100024323661

    プリンセスメゾン[池辺葵]最新4巻の無料立ち読みとダウンロードは…

  3. %e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

    山下達郎の「クリスマス・イブ」が今年も街中に響きわたるのは定番!…

  4. images

    2015年上半期話題に上がったキーワード発表!ランキングには○○…

  5. index

    2015流行語大賞決定!大賞の2語が発表!今回は芸能ネタは入らず…

  6. 完成写真

    手順も材料も3つだけ!めっちゃ美味しい「マヨ玉トースト」のレシピ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る