【すごい動画】落雷で工場から漏れだしたウイスキーに引火。炎の竜巻が大発生し川が大惨事に

ネットで話題

こんにちは、酒が好きすぎて蒸留所まで見学に行ってしまう、ライターのゆさです。

皆さんはウイスキー、好きですか?
自分は特にジャックダニエルが好きです。
始めてウイスキーを飲む人にもオススメの、飲みやすいお酒ですのでお試しあれ。

と、お酒の話を続けたいところなのですが、本日はそんなウイスキー好きを奈落の底へ叩き落としてしまうような残念映像が届いてしまいました。

こちらです。

これ、燃えているのはウイスキーです。

アメリカ・ケンタッキー州のウイスキー工場に雷が落ち、漏れだした300万リットルのウイスキーに引火してしまったとのこと。

しかも、燃えているのは川の上。

川にいた魚は大量死してしまいました。

しかしウイスキーはよく燃えますね。

度数が高いお酒ですから燃えやすいのは当然なのですが、竜巻のように渦を巻いて燃え上がる炎はまるでゲーム画面のようです。

Twitter界隈でもお嘆きの声が。

 

ウイスキーを失っただけでなく、魚を全滅させた上に賠償金まで支払わなければならない工場関係者は頭を抱えていることでしょう。

事故の詳細はこちら

落雷で流出したウィスキーが炎の竜巻となって魚たちに襲いかかりました。詳細は以下から。

アメリカ合衆国ケンタッキー州にあるバーボンウイスキーのジム・ビームの工場。2003年のとある日にここを嵐が襲い、工場の貯蔵庫に雷が落ちるという事故が発生しました。

この落雷によってなんと300万リットルにも及ぶウイスキーが流出して貯水池に流れ込みましたが、落雷の影響で引火、強い風と雨などの条件が一致し、炎の竜巻が発生してしまいました。その高さは最大で30mにも及び、林を焼く火事も発生。

引用元:http://buzzap.jp/news/20150907-jim-beam-firenado/

それにしてももったいない。
お酒を燃やすのはフランベだけにして欲しいですね。

以上、「引火していない部分はまだ飲めるんじゃないかな」などと考えてしまう、ライターのゆさでした。

 

こういうミニボトルから試すと失敗がなくていいんですよ。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。