閉じる
閉じる
閉じる
  1. ASUS ZenFone5(ZE620KL)スマホ保護フィルムおすすめ…
  2. Galaxy S9におすすめのガラスフィルム 液晶保護フィルム特集!!…
  3. Galaxy S9に対応したスマホケースおすすめ7選!!気になるスペッ…
  4. 疲れた時に癒してくれる漫画達…独断と偏見で選んだ漫画3選!(よつばと!…
  5. ASUS ZenFone5(ZE620KL)スマホケース・カバーおすす…
  6. Nintendo Switchに対応したおすすめのモバイルバッテリーま…
  7. 春の香り!桜の花の塩漬けで美しい?レアチーズケーキ!混ぜて冷やすだけの…
  8. 新型ipadにおすすめの液晶保護フィルム7選!!保護フィルムは必要なの…
  9. 2018年モデル新型iPadにおすすめのキーボード7選!!持ち運びにと…
  10. 不味いと有名なアサヒのクリアラテを飲んでみたら…酷評の理由がわかった気…
閉じる

スマホクラブ

ついに任天堂がスマホアプリを発表「Miitomo」ほか新会員サービス「マイニンテンドー」も

任天堂スマートフォンに参戦

これは、なかなかゲームファンにとっては大きな発表になるかもしれません。
任天堂が、ついにスマートフォンのアプリ市場に正式に参入を発表しました。

mario

任天堂代表・国民的キャラクターにもなっているマリオさん(本名:マリオ・マリオ)

概要をまとめてみましたので、ご覧ください。

任天堂 経営方針説明会のまとめ

本日10月29日、あの家庭用ゲームメーカーの超老舗”任天堂”が、昼頃に経営方針説明会を開き、任天堂として初の、スマートフォン向けアプリ「Miitomo(ミートモ)」を、来年の3月にリリースすること発表しました。

当初は2015年内に、第1弾のアプリをリリースする予定だったそうです、「アプリの一層の品質向上とスマートデバイス事業全体の最適化を考慮」(君島達己社長)し、来年までにズレ込むようです。

ほかにも今年に従来の会員サービスだった”クラブニンテンドー“が終了したことにより、新会員サービス「My Nintendo」(マイニンテンドー)も、アプリと同時に新サービスとしてスタートとのことです。

新アプリは基本無料の「Free to Start」型という。
ユーザーは、自分の分身(アバター)となる「Mii(ミー)」を作成して、友人などの仲間のMiiとコミュニケーションができるというゲーム+SNS的なアプリ。

自分のMiiが、ユーザー(自分)へ質問をしそのユーザー(自分)の答えをもとに、今度は自分のMiiが、友人のMiiとコミュニケーションするという仕組みらしい。
「Miiからきかれたことを、Miiが勝手に発信するという『ネタふりコミュニケーション』がMiitomoの特徴」ということです。
能動的な人も、消極的な人も、両方のタイプのユーザーが参加しやすいということです。

僕は、かつてSONYのプレイステーションで発売されたコミュニケーションゲーム「どこでもいっしょ」を思い出しました。
あれはオフラインでしたが、ポケステをもって友達と名刺交換し、覚えさせた言葉を使って相手のポケピたちと勝手に面白い会話をしてきたりするんですよね。
「どこでもいっしょ」が、そっち方面で進化してたら、今回の「Miitomo」ぐらいの感じになるのかな、と。
当のトロたちはニュースキャスターや、パーティーゲームなど、色々な仕事をしてましたが。

main

「どこでもいっしょ」の「井上トロ」さん(※アホの子・かわいい)

交流方法は、フレンド登録した友人間のみ可能で、不特定多数の人間とは簡単に繋がらないように「安心・安全に配慮したコミュニケーションアプリ」とアピール。

新会員サービスの「マイニンテンドー」では、新アカウント「Nintendo Account」(ニンテンドーアカウント)をベースに利用。
同アカウントには、ユーザーのFacebookアカウント、Googleアカウント、Twitterアカウントでもログインが可能だそうです。
もちろん既存のニンテンドーネットワークIDはそのまま利用できるとのこと。

新サービスは、任天堂公式サイトからダウンロードソフトが購入可能で、ユーザーのプロフィールや購入状況、プレイ状況に応じてプレゼントやソフトがお得に購入できるお知らせなどが届く仕組み。

スマートフォンも含む新ポイントプログラムもスタート。
「ゲーム専用機のソフトで遊んでも、スマートデバイスのアプリで遊んでも、ポイントが付与され、そのポイントはゲーム専用機でも、スマートデバイスでも使える」ということで、ポイントはソフトの購入などにも使える。
ゲームを一緒に楽しむ「フレンド関係」を作ることもでき、将来は色々なキャラクターデータや、ゲームのセーブデータをクラウド上に保存することも可能になるという。

以上、まとめでした

任天堂といえば、家庭用ゲーム機およびゲームソフトメーカーの大御所で、携帯型ゲーム機のシェアもトップを走り続けている、ゲーム好きにとって切っても切れない存在です。
高いクオリティの自社ソフトもヒット作多数、海外でも人気の老舗メーカーです。

自社でオリジナルのゲームハードを販売しているので、そのために制作しているゲームソフトはクオリティが高く良く出来ており、根強いファンを持っています。
他社へのゲームソフト供給はしておらず、スマホ市場へは参戦しないのかという問い合わせにも、これまでも頑なにその姿勢を貫いて来ていましたが、ここ最近はその考えを改める発言もありました。
それが本日、ついに正式にスマホ市場へ乗り出すことを発表したわけです。

もともと、ソフトメーカーとしても高い評価を得ている任天堂。
最近では、家庭用ゲーム機「WiiU(ウィーユー)」用のゲームソフト「Splatoon(スプラトゥーン)」や、「マリオメーカー」がこれまた大ヒットして好調です。

今回の発表では、任天堂の看板キャラクターであるマリオやカービィ、ポケモンなどの発表などありませんが、任天堂の参入により、今回発表のアプリ以外にも、いろんなゲームアプリが出てくることが否が応でも期待されます。

今後共、ゲーム業界を引っ張る企業でいて欲しいですね。
応援してます!

あと、またMOTHERとか新作出してください!

それでは!

 


Wii U スプラトゥーン セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナル「イカす ステッカー」セット(B6型抜き×4枚) 付


Wii U スーパーマリオメーカー セット

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 2016-02-25 (6)

    艦これの加賀(声優:井口裕香)ボーカル曲「加賀岬」CD発売決定!…

  2. image

    白猫プロジェクトが1周年なのでやってみた!2回目(爆死)

  3. hayami

    早見沙織出演スマホアプリゲーム!胸キュンキュンの美少女ボイス早見…

  4. バンドリ!ガールズバンドパーティ!

    愛美さん出演アプリゲームまとめ バンドリ!ガールズバンドパーティ…

  5. unnamed

    今話題の『夢王国と眠れる100人の王子様』をプレイしてみた・その…

  6. バンドリ!ガールズバンドパーティ!

    三澤 紗千香さん出演アプリゲームまとめ バンドリ!ガールズバンド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る