閉じる
閉じる
閉じる
  1. USキーボードは恰好良いだけじゃない!7つのメリットとデメリットのまと…
  2. Nintendo Switch Amazon/楽天 人気おすすめゲーム…
  3. ソーラーモバイルバッテリーが便利で人気!!スマホライターもおすすめの5…
  4. 自撮りライトおすすめ人気ランキングベスト5と選び方まとめ!これでインス…
  5. 「AirPods」だけじゃない!1万円台でワイヤレスイヤフォンを選ぶな…
  6. Amazonで人気 iPhone7ケース・カバー 耐衝撃タイプ おしゃ…
  7. ナイトプールがインスタ映えすると話題のスポットに!人気のフォトジェニッ…
  8. 2017テニプリバレンタインチョコ獲得ランキング発表!キャラクター缶バ…
  9. Bluetoothスピーカー Amazon/楽天 人気おすすめランキン…
  10. 別の使い方で高評価連発!Amazonで人気の「山善(YAMAZEN) …
閉じる

スマホクラブ

ペプシストロング ゼロの桃太郎・小栗旬のCM第4弾がかっこいい!とツイッターで話題w

桃太郎1

小栗旬さん主演の「ペプシストロング ゼロ」のCMご存知ですか?

こんにちは、スマクラ☆さとうじゅんこです。

小栗旬さんが演じている「桃太郎」がとってもかっこいいんです。

「桃太郎」シリーズは2014年3月から放送が開始され、

017

「Episode.ZERO」編 
桃太郎が犬・猿・キジを仲間にして鬼ケ島に旅立つ。

「Episode.1」編   
桃太郎が一人で鬼に挑み敗れた過去。

「Episode.2」編   
仲間である「犬」の生い立ちから桃太郎と出会うまで。

017

が描かれていました。

ペプシストロング ゼロの桃太郎・小栗旬のCM第4弾がかっこいい!とツイッターで話題w

最新の第4弾「Episode.3」編では、キジが主人公。

017

キジと双子の兄「カラス」は、鳥の王国の戦士として誕生し、
キジは「愛」で民を守り、カラスは「力」で一族を支配していた。

ある日、さらなる「力」への欲望に負けたカラスは、
強大な力を求めて鬼の仲間となり、自らも鬼と化してしまう。

そして、鬼ケ島に上陸した桃太郎一行と対峙する。

017

というストーリーになっています。

CMは30秒60秒のバージョンがあり、
7月11日から全国でオンエアされます。

シリーズ最長の「4分バージョン」
7月13日から全国で放送されるそう。

30秒・60秒のCMで描ききれなかった
キジとカラスのエピソードや

キジの細かい心理描写も描かれていて、
CMにしておくにはもったいないレベル♪

しっかりとした物語になってます。

すでに公式サイトでは先行公開中!
【30秒バージョン】

【4分バージョン】

かっこよすぎ!

ツイッターにも同じようなつぶやきが...。

auはおもしろさ、ペプシはかっこよさを追求してるのかな?

ほんと映画にして欲しいレベル~♪

わたしも好き~(*゚▽゚*)

まだまだ続く~!?

映画化希望♪

まだまだ続編がありそうな「桃太郎」シリーズ!
今後も期待が高まりますね!

CMに見とれすぎて一瞬、何のCMか忘れちゃうw
ペプシストロング ゼロは、強炭酸で小栗旬さんも好きな味ですってヽ(´▽`)/

007

ペプシストロング ゼロ「桃太郎」公式サイト⇒ こちら

「Episode.ZERO」動画⇒ こちら

「Episode.1」動画⇒ こちら

「Episode.2」動画⇒ こちら

出演者:小栗旬
ナレーター:Peter Gomm
使用楽曲名:Same Ol’
作詞者:THE HEAVY
作曲者:THE HEAVY
歌手・演奏者:THE HEAVY

007

「上陸大陸」で2週に渡り放送された貴重なDVD。
24歳の小栗 旬さんもかっこいいですっ☆

“スマクラ☆さとうじゅんこ”

SPONSORED LINK

関連記事

  1. image

    内田篤人とコップのフチ子が再コラボ!!前回入手困難のコップのフチ…

  2. %e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%b3

    「3月のライオン」こんなにあるぞ心をギュッとつかむ感動名言

  3. T2100022872861

    マギ シンドバッドの冒険[原作:大高忍 漫画:大寺義史]最新13…

  4. jushimatsu

    野球日本代表・侍ジャパンがおそ松さんとのコラボを発表!

  5. おでん

    【悲報】コンビニのおでんは超危険!大量の添加物でガンや記憶低下の…

  6. 726

    【グレート】ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」TVア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る