閉じる
閉じる
閉じる
  1. 電池式モバイルバッテリーのおすすめはコレ!!【停電・災害対策】
  2. iPhone11(アイフォン11)を高速充電!おすすめ急速充電器10選…
  3. Suicaが使えるスマートウォッチは?iPhone/Androidで使…
  4. iphone11(アイフォン11)ケース・カバーおすすめ人気7選
  5. iPhone11(アイフォン11)カバーケースおすすめ最新人気10選[…
  6. iPhone11 Pro Max(アイフォン11プロマックス)カバーケ…
  7. iPhone11 Pro(アイフォン11プロ)カバーケースおすすめ最新…
  8. iPhone 11(アイフォン11)純正ケースレビュー:クリアケース/…
  9. iPhone 11(アイフォン11)カバーケース:Spigen製おすす…
  10. 毎日チェックしたいおすすめのアプリWEBサービス7選
閉じる

スマホクラブ

[iPhone/Android対応]おすすめスマホ充電器10選+【2019年版】

RAVPower Power Delivery

スマホ充電器選びの決定版!
iPhone、Androidスマホの充電器について、詳しく解説しながらオススメ充電器を紹介しています。

今やスマホを持っていない人のほうが珍しい時代。
スマホ普及率は50%以上、国民の半分以上がスマホを持っているという話です。
スマホやタブレットユーザーにとって、充電器(USB電源アダプタ・コネクタ)は生活必需品となり、一人一台以上持っていても、まったくおかしくありません。

充電器は見た目がどの商品も似たものが多く、違いを気にしたことのない方には、どれも一緒に見えるかも知れません。
せいぜい、一度に何台まで充電できるのか、USBポート(ケーブル差し口)の数で判断する程度なんじゃないかと思います。

この記事では、スマホクラブライターの僕が、自信を持っておすすめできる「スマホ充電器(USB電源アダプタ・コネクタ)」、さらにワイヤレス充電器(Qi充電器)」、そしてそれに合った「充電ケーブル(USB Type-Cケーブル、Lightningケーブル、microUSBケーブル)」を、それぞれご紹介します。

その前に、充電器選びの際に重要となるポイントとして、急速充電(高速充電)規格についても触れておきましょう。
難しいことは抜きにして、これを知っておけばオッケーって感じでざっくりと説明します。

◆今から覚えておくべきスマホ急速充電規格は2つだけ

「スマホ充電器と言っても、みんな似たようなモノだしどれも同じじゃないの?」そんな方も多いと思います。

ですが、これはスマホ機種や充電器、ケーブルの組み合わせによって、出来る充電方法がまったく変わります。
海外などのスマホでは独自の急速充電規格なども氾濫していて、とてもカオスなことになっていますが、日本で抑えておけば良いのは、これから挙げる2つだけでいいです。

◆スマホ急速充電規格「USB PD(Power Delivery)」

これからの世界標準規格になると思われるUSB PD(Power Delivery)です。
ユーエスビー・ピーディー、またはユーエスビー・パワーデリバリーと呼びます。

最新スペックのフラッグシップスマホなどで搭載されている急速充電規格で、iPhoneシリーズだとiPhone 8以降のiPhoneが全てUSB PDに対応しています。
Androidだと、Galaxy、Xperia、AQUOSシリーズのフラッグシップモデルなどもすべて対応しています。(充電ケーブルがUSB Type-Cケーブルのもの)
更にノートパソコンのMacBookなどもUSB PD対応です。

◆スマホ急速充電規格「Quick Charge」

クイックチャージと読みます。
Androidスマホで、QualcommのCPU(Snapdragon)を搭載しているスマホで使える急速充電規格。

現在、Quick Charge 1.0からQuick Charge 4.0+までのバージョンが存在しています。
Quick Chargeには下位互換性があり、QuickCharge4.0はあまり普及もしていないので、充電器ではQuick Charge 3.0対応のものを使えば問題ないです。

最新Androidスマホだと、USB PDとQuick Chargeの両方に対応している機種が多いです。
Quick Chargeは比較的古いスマホでも使える急速充電規格ですが、GoogleがUSBの規格を損なうものとして、Quick Chargeなどの独自急速充電規格を排除する流れになっていますので、今後は無くなっていくはずです。

ということで、基本的には今後はUSB PD対応の充電器とケーブルを選ぶと良いです。

◆スマホが対応している急速充電規格をチェック

自分が使っているスマホが、どの急速充電に対応しているのか知っておくことが大事です。
中にはそもそも急速充電に非対応のものもあったりしますが、ここ最近で国内流通しているスマホなら、まず間違いなく対応しているとは思います。

iPhoneユーザーなら、iPhone8以降はすべてUSB PDに対応しています。
Androidスマホなら、ほとんどのスマホはQuick Chargeに対応していますし、さらにフラッグシップモデルならUSB PDにも対応しています。
メーカーのスマホ製品の公式サイトなどで、自分のスマホのスペック(性能)を調べたりするのが確実ですが、USB Type-Cケーブルで充電するスマホなら、USB PDに対応していると考えていいです。
Quick ChargeとUSB PD両方対応している場合は、USB PDを優先することをオススメします。

◆スマホ充電器は複数台を充電できるものがオススメ

pc_smartphone_battery_juuden

最近はUSBで充電するデバイスが本当に増えました。
スマホ、タブレットだけでなく、モバイルバッテリー、ワイヤレスイヤホン・ヘッドライト、マウス、キーボード、スマートウォッチなどウェアラブルデバイスなどなど……
本当に充電ポートがいくつあっても足りない状況が多いです。

家族と共有したりする場合だってあるでしょうし、今は足りていても、あとから充電器が足りなくなるという可能性も非常に高いです。
なので、最初からたくさん充電できる複数ポートの充電器を用意してしまったほうが絶対に良いです。
一度にたくさん充電できる充電できるがあれば、電源コンセントの節約にもなります。
そもそもコンセントが足りないって家庭も多いと思いますし。

充電器を選ぶときにはその辺りの、スマホ以外の充電環境も考えておきましょう。

◆無線で便利なQiワイヤレス充電もあるよ

smartphone_juuden_wireless

iPhone、Galaxy、Xperiaなどの最新スマホは、Qi(チー)というワイヤレス充電規格にも対応しています。
ドコモでは「置くだけ充電」という名前で呼んでいることがありますが、Qiワイヤレス充電器のことです。

Qiワイヤレス充電の魅力は、なんといっても充電ケーブルが必要ないこと。
邪魔なケーブルが無く、置くだけで充電できるというのは、それだけでケーブルのストレスから開放された気分です。

非常に便利なQiワイヤレス充電ですが、充電速度に関しては、残念ながらケーブルを使った急速充電に比べると遅くなりますので、「これから1時間後に出かけるのにスマホのバッテリーが無い!すぐスマホ充電しないと!」といった、スマホを少しでも速く充電したい場合には不向きです。
また、Qiワイヤレス充電だと、充電器に置いておく必要があるので、充電しながら手元で操作が出来ません。

ですが、寝る前など、充電速度はそこまで必要ない場合であれば、Qiワイヤレス充電はとても便利です。
環境によって使い分けるのがオススメです。

◆スマホクラブがオススメするスマホ充電器10選+

前置きが長くなりましたが、ここからスマホクラブライターの僕が、自信を持ってオススメできるスマホ充電器を紹介していきます。

スマホ充電器を選ぶときは、値段も大事ですが、それよりも第一に安全性・信頼性を最重要視しています。
なぜなら、粗悪な製品は充電速度が遅いだけならマシなほうで、場合によってはすぐ故障して充電ができなくなったり、スマホのバッテリーにダメージを与えてしまったり、最悪の場合、火災などの災害を引き起こす原因にもなるからです。
海外ではスマホの発火や火災の事故をよく聞きますが、そういった粗悪な製品が多く存在しているからです。

なので、安全、安心で、高性能で、価格も納得の、コスパの良いスマホ充電器を厳選しました。
是非、参考にしてください。

◆おすすめスマホ充電器1【小型】

【2個セット】Anker PowerPort mini(12W 2ポート USB急速充電器)【PSE認証済/折り畳み式プラグ/PowerIQ/超コンパクトサイズ 】iPhone&Android対応

※オススメのポイント※

  • Anker製
  • USB-A×2ポート(12W×2ポート 最大24W)
  • 小型でプラグが折り畳める
  • PowerIQで端末に最適な電流を給電
  • 電圧(AC 100-240V)に対応で、世界各国で使用可能
  • サポートが18ヶ月で故障時は無償交換可能

小型の充電器をお探しなら、これがオススメ。
メーカーも充電器で信頼のあるAnker(アンカー)製です。

持ち運びに便利で、2個セットなのも経済的。(1個の単体販売もありますが単価が上がる)
弱点があるとすれば、給電に2A以上が必要なタブレットなどを充電するときは、1台しか充電できません。
なのでタブレットを充電する場合は、他の端末は充電できなくなります。
実は、この製品(Anker)によく似た小型の製品で、別メーカー(AUKEY)の充電器があり、タブレット2台充電出来るものもあるのですが、故障や発火報告が出ていて、そちら僕はオススメできません。
AUKEY(オーキー)は規格違反の常習メーカーなので、よく似た名前ですがAnker(アンカー)と間違えないようにしましょう。

USB PD、Quick Chargeの急速充電規格には対応していませんが、通常の充電速度で問題ない方なら十分使えます。

◆おすすめスマホ充電器2【4ポート】

RAVPower USB 充電器 [4ポート/40W/折り畳み式プラグ/急速充電] AC アダプター iPhone/iPad/Android その他のUSB機器対応 RP-PC026 ホワイト

※オススメのポイント※

  • RAVPower製
  • USB-A×4ポート(各ポート最大2.4Aで最大8A出力)
  • 折りたたみプラグ式
  • iSmartで端末に最適な電流を給電
  • 電圧(AC 100-240V)に対応で、世界各国で使用可能
  • 18か月+12か月の無償サポート(+12ヶ月はWebで製品登録が必要)

僕がいつもオススメしているRAVPowerというメーカーブランドの充電器です。
RAVPowerは、Ankerに負けず劣らずの品質、性能、価格、サポート体制を備えていて、やはり安心して使えます。
この充電器もUSB PD、Quick Chargeの急速充電規格には対応していませんが、出力が大きいので十分に充電は速いです。
スマホ1台、タブレット2台、モバイルバッテリー1台といっぺんに充電しても問題ありません。
4ポートながらコンパクト設計で、プラグも折り畳めます。
4ポート充電器としては価格も安く性能も高く、とても頼りになります。

◆おすすめスマホ充電器3【USB PD対応&5ポート】

【Power Delivery】RAVPower USB-C充電器 60W 5ポート iPhone/MacBook/iPad Pro/Galaxy/Huawei/Matebook/Mi Notebook Airなど各種対応 RP-PC059 ブラック

※オススメのポイント※

  • RAVPower製品
  • USB PDに対応したUSB Type-Cポート×1(45w)
  • USB-A×4ポート(各ポート最大2.4A)
  • iSmartで端末に最適な電流を給電
  • 電圧(AC 100-240V)に対応で、世界各国で使用可能
  • サポートが18ヶ月で故障時は無償交換可能

USB PDに対応(USB-Cポート)しているだけでなく、通常のUSB-Aポートも4つ、合計で最大5台の充電が可能です。
対応スマホ以外に、MacBook Pro、MacBook 、Huawei P10、MateBook、Nintendo SwitchなどへのUSB PDでの急速充電も可能です。
また、こちらはコンセント直挿しではなく、卓上の据え置き型です。
環境次第ですが、電源タップなどの邪魔になりにくいのも利点の一つだと思います。

USB PD対応の充電器は、たった1ポートだけの充電器でも、価格が2000~3000円くらいと比較的高いものが多いですが、この製品なら合計5ポートもあるのに3,500円程度で買えます。
スマホ以外にも、充電する端末が増える将来を想定して、このくらいの充電器を一つ以上持っていると何かと便利だと思いますよ。
信頼のRAVPower製でもあり、コレはとってもオススメ。

◆おすすめスマホ充電器4【Quick Charge・USB PD両対応】

RAVPower USB-C充電器 【2ポート/18W/PD対応/ QC3.0対応/折畳式/PSE認証】iPhone/iPad Pro/Galaxy/Huaweiなど各種対応RP-PC108

※オススメのポイント※

  • RAVPower製
  • USB PDに対応したUSB Type-Cポート×1
  • Quick Charge 3.0に対応したUSB-Aポート×1
  • 性能の割に小型で安価
  • 電圧(AC 100-240V)に対応で、世界各国で使用可能
  • 18か月+12か月の無償サポート(+12ヶ月はWebで製品登録が必要)

これはなんと、QuickCharge 3.0とUSB PDがひとつずつ使える充電器です。
Quick Chargeは下位互換性があり、Quick Charge 3.0に対応していないスマホでも、Quick Charge 1.0か2.0なら使えるスマホは数多く存在しています。
つまりAndroidスマホなら、ほとんどの端末でQuick Chargeが使えます。
USB PDも使えて、価格が1500円程度なのも、破格の値段です。

◆おすすめスマホ充電器5【USBカーチャージャー】

RAVPower カーチャージャー (2ポート 24W/4.8A 急速充電) iPhone/iPad/Android/IQOS 等対応 RP-VC006(赤)

※オススメのポイント※

  • RAVPower製
  • USB-Aが2ポート(各2.4A、合計4.8A出力)
  • コンパクトでめっちゃ小さい
  • iSmartで端末に最適な電流を給電
  • 2V・24V車どちらにも対応
  • サポートが18ヶ月で故障時は無償交換可能

マイカー通勤、ドライブなど、遠征などで自動車に乗る機会が多い人は、USBカーチャージャーも良いものを使いたいトコロです。
それならRAVPowerのこのUSBカーチャージャーがメチャクチャおすすめです。
急速充電規格は無いですが、iSmartで出力がバッチリあるので普通に充電も速いです。
iPadなどのタブレットだって充電できるので、タブレットをカーナビ代わりに使っている人にもオススメ。
コンパクト設計で、見た目もおしゃれで、価格も安いのでハイパーおすすめ。

◆おすすめスマホ充電器6【USB充電器+モバイルバッテリー】

RAVPower モバイルバッテリー 充電器 6700mAh 急速充電 【USB 2ポート 最大5V/3A 軽量 折畳式プラグ 菱&丸PSE認証済】 iPhone iPad Android等対応 RP-PB125 (ブラック)

※オススメのポイント※

  • RAVPower製
  • USB-Aが2ポート(各ポート最大2.4A、合計3A出力)
  • 6700mAhのモバイルバッテリーとして使える
  • この充電器本体の充電用microUSBが1ポート(ケーブル付属)
  • USB充電器アダプタ+モバイルバッテリーのハイブリッド
  • 18か月+12か月の無償サポート(+12ヶ月はWebで製品登録が必要)

これは最近注目の、モバイルバッテリーとUSB充電器が融合したハイブリッドな便利グッズ。
自宅などでは電源コンセントで使って、外出時はそのまま持ち出してモバイルバッテリーとしても利用ができるという画期的なアイテム。

基本的にコンセントに挿しておけば、スマホもこの充電器も充電されます。
なのでいざ使いたいときに、モバイルバッテリーが充電されていないという悩みも解決されます。
microUSBからも本体充電できますが、オマケと考えて差し支えないですね。
これにスマホ充電器を集約すれば、USB電源アダプタの充電器も、モバイルバッテリーも要らなくなります。
ありそうでなかった製品ですが、あまり充電器関連の物を持ちたくない人にはうってつけです。

◆おすすめスマホ充電器7【充電ステーション・スタンド】

Evfun USB充電ステーション 8ポート 充電スタンド 収納充電 8台同時充電 1A /2.1A/2.4A iPhone iPod iPad Androidスマホ/タブレット対応 (ブラック)

※オススメのポイント※

  • 8台同時収納と充電が可能
  • USB-Aが8ポート(1A×4、2.1A×2、2.4A×2で最大出力12Aまで)
  • 増えすぎた端末の整理にピッタリの充電ステーション(充電ドック)

スマホやタブレットをたくさん持っている人には、あると便利なのがこれ。
タブレットで4台+スマホ4台を同時充電可能。(8台スマホ充電ももちろんOK)
ケーブルも端末もスッキリするので、ごちゃごちゃしてしまっている人にオススメ。
デバイスの置き場所が定位置になれば、見た目も気分もスッキリ出来ると思います。

◆おすすめスマホ充電器8【Qiワイヤレス充電器・平置き】

RAVPower ワイヤレス充電器 Qi 急速 【Qi認証/iPhone 最大 7.5W,Android 最大 10W】 iPhone Xs/Xs Max/XR/Galaxy/Nexus 等対応 RP-PC066

※オススメのポイント※

  • RAVPower製
  • Qiワイヤレス充電規格対応
  • よくある5wのQiワイヤレス充電器より充電速度が速い
  • HyperAirでAndroidには10w、iPhoneには7.5wで給電できる
  • 18か月+12か月の無償サポート(+12ヶ月はWebで製品登録が必要)

Qiワイヤレス充電器もたくさん世に出ていますが、一般的な低価格のQiワイヤレス充電器は、5w出力のものがほとんどで、充電速度もかなり遅いです。
これは倍近い出力があるので、充電速度を向上しています。
USB充電器は別で用意する必要があります。(セット商品もあります)
QuickChargeの充電器と合わせれば、Galaxyに10wで急速充電できます。

◆おすすめスマホ充電器9【Qiワイヤレス充電器・縦置き】

Anker PowerWave 7.5 Stand (5W / 7.5W / 10W Qi ワイヤレス急速充電器) iPhone XS / XS Max / XR / X / 8 / 8 Plus、Galaxy S9 / S9+ / S8 / S8+、その他Qi対応機種 各種対応

※オススメのポイント※

  • Anker製
  • Qiワイヤレス充電規格対応
  • ナナメ置きスタンド式
  • 18ヶ月の無償サポート

ナナメ置きが出来るスタンド式のQiワイヤレス充電器。
平置き型だと、置いた場所がズレていると充電が出来ない可能性がありますが、スタンド式ならまずズレることもなく、ワイヤレス充電を失敗することも少ないです
また、FaceIDなどもそのまま使えますし、Qiワイヤレス充電のままスマホを操作するのも簡単です。
QuickChargeの充電器と合わせれば、Galaxyに10wで急速充電できます。

◆おすすめスマホ充電器10【Qiワイヤレス充電器・魔法陣】

ヒロ・コーポレーション 魔方陣充電器MAGIE CERCLE(マジーセルクル) HMCL-001

※オススメのポイント※

  • 中二心を刺激する見た目と演出がカッコいい
  • Qiワイヤレス充電規格対応

これはもう見た目だけでオススメしています。
魔法陣デザインのQiワイヤレス充電器で、スマホを置くと魔法陣が発動するかの如く、LEDがシュバババっと光で次々と魔法陣を描き始めます。
特にファンタジーが好きな方には、この充電器は心が騒ぐのではないでしょうか?(僕もです)
充電の性能自体はごく普通のQiワイヤレス充電器ですが、毎回演出が凝っているので、見た目で楽しみたい人にはいかがかな?

◆スマホ充電ケーブルのおすすめ

スマホ充電器にあわせて、必要な充電ケーブルもまとめておきます。

今使っている充電ケーブルがあって、問題なく使えているなら、無理に買い換える必要は無いんですが、もし断線していたり、使っている充電ケーブルでは性能が足りない、などの場合は、買い替えておきましょう。

また、ケーブルは消耗品なので、予備として買っておくのも悪くはありません。
ケーブルの規格ごとに、性能、耐久性などから考慮したオススメを紹介します。

◆おすすめのLightningケーブル【iPhone/iPad用】

Amazonベーシック ライトニングケーブル (アップルMfi認証済) 二重編組ナイロン製 シルバー 1m (3 feet)

※オススメのポイント※

  • USB-A to Lightning
  • Amazonベーシックなのでブランドへの信頼感
  • ナイロンケーブルで丈夫で安く、コスパが良い
  • 0.9cm/1.8cm/3m/10cmの4つから選べる
  • Mfi認証済

アマゾンベーシックブランドのLightningケーブルです。
コスパもよく、丈夫で使いやすい、とても良い商品です。
iPhoneを普通に充電するなら、純正ケーブルで十分ですが、断線したり、違う長さが欲しい場合には検討しましょう。
急速充電規格には使えませんが、普通に問題なく充電可能。

 

Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル【Apple MFi認証取得 / 超高耐久】 iPhone XS / XS Max / XR / X / 8 / 8 Plus(0.9m ホワイト)

※オススメのポイント※

  • USB-C to Lightning
  • Anker製
  • USB PD対応の充電器とスマホで、USB PD充電が出来る
  • MFi認証済
  • 18ヶ月保証

iPhoneをUSB PDで急速充電するのに必要な規格を備えたAnker製のLightningケーブル。
少し前までは、Apple純正ケーブル以外では、MFi認証取得したサードパーティ製のLightningケーブルがなかったのですが、晴れてAnkerからせいしMFi認証取得のLightningケーブルが発売されました。
このケーブルなら、USB PDでiPhone XSなどをフルスピードで急速充電できます。
当然ですが、スマホ充電器もUSB PD対応したものが無いと出来ませんので、先にオススメしていた充電器を検討してください。

◆おすすめのUSB-Cケーブル【AndroidやMacBookなど】

Anker PowerLine USB-C & USB-A 3.0ケーブル (0.9m ホワイト) Galaxy S9 / S9+ / iPad Pro (2018, 11インチ) / MacBook/MacBook Air (2018) / Xperia XZ1 他対応

※オススメのポイント※

  • Anker製
  • USB-A to USB-C
  • 0.9m/1.8mから選べる
  • USB3.0で高速データ転送&充電
  • 18ヶ月の無償サポート

最新スマホを普通に充電するなら、これが安いしオススメ。
急速充電規格USB PDには対応しないが、Quick Charge急速充電には対応できるので、十分な充電速度で利用可能。
データの転送と同期もフルスピードで可能。

 

Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1(Gen2) ケーブル(0.9m ブラック)【Power Delivery対応/USB-IF認証取得/超高耐久】Galaxy S9 / S9+ / S8 / S8+、iPad Pro (2018, 11インチ) / MacBook/MacBook Air (2018)、MateBook対応

※オススメのポイント※

  • Anker製
  • USB-C to USB-C
  • USC PD対応
  • USB-IF認証取得
  • USB-C 3.1(Gen2)規格対応の超高速データ転送
  • 高耐久性
  • 18ヶ月の無償サポート

Androidスマホや、MacBookなどのUSB PD対応の端末を急速充電するのに最適な、超ハイスペックな充電ケーブル。
AndroidでUSB PD急速充電が使いたいなら、このケーブルがイチオシです。
データ転送も速く、とりあえずUSB-C to USB-Cケーブルでは、現時点で最上級の製品だと思います。

◆おすすめのmicroUSBケーブル【従来のAndroidスマホなど】

Amazonベーシック USB 2.0 A(オス) – マイクロBケーブル 0.9m ブラック

※オススメのポイント※

  • Amazonベーシックで安心
  • USB-A to MicroUSB
  • 0.9m/1.8m/3mから選べる
  • コスパがメチャクチャ良い。
  • 1年間限定保証対象商品

今はだんだんとハイスペックなフラッグシップスマホは、充電にはUSB-Cケーブルへとシフトしつつありますが、
ミドルエンド以下の低価格帯AndroidスマホはまだまだmicroUSBですし、
BluetoothイヤホンやAndroidタブレット、他にも無線マウスやポータブルオーディオプレーヤーなど、色んなデバイスで使われている規格。
なので、今でも使う機会が一番多そうなのがmicroUSBだと思いますし、まだまだ現役な充電ケーブルです。
今となっては規格もすっかり定着して価格も安くなりましたが、Amazonベーシックはそれでも特に安くオススメ。
足りていなかったり断線しているなら、サクッと買い替えておくのが賢明です。

まとめ:[iPhone/Android対応]スマホクラブがおすすめするスマホ充電器10選+【2019年版】

低性能なものや、スマホ付属のちっこい充電器とかを使い続けるよりは、
個人的には、こちらで紹介したような使い勝手の良いスマホに最適な充電器を選ぶことをおすすめします。

※この記事は新商品や新規格などが登場した場合には、さらに追記、更新していきます※

それではこのへんで!
☆。.:*:・’゜ヽ( ´ー`)ノ まったね~♪

 

無料プレゼント配布中!メルマガ登録

メルマガやっています。
スマホ課金のお小遣い稼ぎ、お金稼ぎのノウハウやウラ話を発信中!
無料プレゼントの受取はこちらをクリック
無料プレゼントのお知らせ

SPONSORED LINK

関連記事

  1. スクリーンショット 2016-07-27 03.03.28

    Androidでおすすめの持ち運び充電器まとめ

  2. 2-1

    大人気!おすすめのディズニーキャラクターのモバイルバッテリー

  3. iphone11 usb-pd charge

    iPhone11(アイフォン11)を高速充電!おすすめ急速充電器…

  4. アイキャプチャ

    スマートフォンの充電が遅い!!その原因を改善する確認方法やケーブ…

  5. ec330ebb

    iPhone4Sの純正ケーブル、電源コネクタを入手する方法を調べ…

  6. android_charger

    Androidにオススメの急速充電器とケーブルはどれ?【2019…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る