閉じる
閉じる
閉じる
  1. ASUS ZenFone5(ZE620KL)スマホ保護フィルムおすすめ…
  2. Galaxy S9におすすめのガラスフィルム 液晶保護フィルム特集!!…
  3. Galaxy S9に対応したスマホケースおすすめ7選!!気になるスペッ…
  4. 疲れた時に癒してくれる漫画達…独断と偏見で選んだ漫画3選!(よつばと!…
  5. ASUS ZenFone5(ZE620KL)スマホケース・カバーおすす…
  6. Nintendo Switchに対応したおすすめのモバイルバッテリーま…
  7. 春の香り!桜の花の塩漬けで美しい?レアチーズケーキ!混ぜて冷やすだけの…
  8. 新型ipadにおすすめの液晶保護フィルム7選!!保護フィルムは必要なの…
  9. 2018年モデル新型iPadにおすすめのキーボード7選!!持ち運びにと…
  10. 不味いと有名なアサヒのクリアラテを飲んでみたら…酷評の理由がわかった気…
閉じる

スマホクラブ

スマホで手軽に3Dスキャンが出来るデバイス「eora 3D」これは画期的かも!

Silver

これで美少女フィギュアのデータも安価に作り放題じゃないか!?

どうもこんばんは、ふじたせいぎです。
最近は3Dプリンターが急速に進化、浸透してきて、家庭でも手軽な価格帯から購入することが可能です。
そんな3Dプリンターですが、実際に3Dプリントするには、当然ながら元の3Dデータが必要になりますよね。
そのための、元のモデルを読み取って、カンタンに3Dデータを作成するものが3Dスキャナーです。

現在一般的なものだと、大体3Dスキャナー本体が50,000~100,000円程度の価格です。
家庭でも買えるとはいえ、結構高いですね。
しかも、あまり精度が高くなかったり、編集に融通が利かないなど、まだまだ発展途上の業界です。

既存の商品だと、こういうのや

3D Systems 3Dスキャナ Sense3D

こんな感じのもの

デスクトップ 3Dスキャナ Matter&Form3D

立体のものを撮影する3Dスキャナーという都合上、サイズも結構大きいですし、場所も取ります。
お値段もまだちょっと高い。

そんななかで、iPhoneやAndroid搭載スマートフォンを手軽に高精度の3Dスキャナーとして使えるデバイスが発表されています。
「eora 3D」という名前のデバイスで、スマートフォンに取り付けてスキャンするタイプのデバイスのようです。

公式動画のひとつはこちらです。

サイズもスマートフォンに取り付けるということもあり、そんなに大きくありませんね。
動画で確認する限りでは、スキャンの時間も早そうです。

緑色の光が左右に走ります。スキャンのレーザーですね。

eora 3D_00

出来上がったデータをスマートフォン画面から確認します。

eora 3D_01

ズームをしたり、グリグリと回転してスキャンした3Dデータを確認できます。

eora 3D_02
結構綺麗にスキャンできていますね。
左のフィギュアはプリントしたものでしょうか。

「eora 3D」本体のデザインはこんな感じです。

Photo 22-02-2015 3 11 03 pm

素材はアルミニウム製の円柱形デバイス、これの側面にスマートフォンを固定して使用するようです。
本体色はシルバーとダークグレーの2色が用意されています。

iSilver

本体のサイズは高さ150mm、直径60mm、重量は980gと、スマートフォンと比較しても非常に小さなデバイスですね。
これまでの一般的な3Dスキャナーと比較すればとても小さくコンパクトにまとまっており、軽いです。

反対側はこんな感じ。

eora

参考画像はiPhoneですが、もちろんAndroid各種、色々な形状のスマートフォンでも固定できるように設計されています。
「eora 3D」の開発チームは、物体の表面を計測するデバイスを市場で探していたところ、
2万ドル(日本円で約240万円)を超える高額なものしか販売されていないことや、
もっと精度の高い3Dスキャナは、数万ドル以上と、とても高価だったため、
安価で持ち運び可能なお手頃なスキャナーを自作することにしたそうです。
素晴らしいですね。(^ω^)

 

本体上部にカメラとレーザー照射口
ScannerCloseup

暗所でも物体をスキャンできるように波長520nmの緑色のレーザーライトを採用

「eora 3D」と連携して使用する専用アプリもiOS、Android、Windows、Mac向けに用意されていて、本体とBluetoothで接続して使用できます。
実際に物をスキャンするには、アプリの「SCAN」ボタンを押すだけと、シンプル操作。

eora 3D_04

スキャンを開始すると、レーザー照射口からスキャン対象物に向かって緑色のレーザー光線を照射

これで物体をスキャンすることが可能です。
360度の3Dモデルを作成するために必要な時間はたったの5分ほど。
スキャン可能距離は1m以内、1m四方。
スキャン精度も100ミクロン(0.1mm)未満と非常に高く、最大800万個のデータポイントを計測するとのことです。
簡単にまとめると、最新鋭でとってもとっても高性能です。

被写体をさまざまな方向に動かすことで、1000枚以上の写真が自動的に撮影され、
アプリで3Dモデルをリアルタイムに作成できるのですが、
オプション品であるターンテーブルを使うことで、小さい物体でも簡単に360度スキャンすることが可能になります。

eora 3D_05

ターンテーブルには幅125mm・高さ200mmまでの物体を載せられます。
作成した3Dモデルは、アプリ上で確認可能で、画像編集ツールも用意されています。
もちろん、このスキャンしたデータを使えば、3Dプリンターで全く同じものを出力することもできます。

「eora 3D」は現在、Kickstarterという資金調達のクラウドファンディングサイトで、量産に向けた資金を募集中です。
「eora 3D」本体を1個ゲットできるプランが229ドル(約2万8000円)
「eora 3D」本体+ターンテーブルが289ドル(約3万5000円)
早期発送のベータ版キットが419ドル(約5万円)となっています。
日本への発送には別途25ドル(約3000円)の送料が必要で、出資締め切りは日本時間の2015年11月19日(木)6時39分までのようです。

Kickstarter(キックスターター)とは2009年に設立されたアメリカ合衆国の民間営利企業で、自社のウェブサイトにおいてクリエイティブなプロジェクトに向けてクラウドファンディングによる資金調達を行う手段を提供している。

結構便利そうなアイテムですし、大きさも値段もこれまでのものと比べて、格段にお手軽といえますね。
もしこの商品に魅力を感じたのならば、Kickstarterで支援してみてもいいかもしれませんよ?

僕もちょっと興味がありますので、続報次第では支援してみようかとも思います。

公式サイト(英文)と、キックスターターのページは下記よりどうぞ。

eora 3D
http://www.eora3d.com/

eora 3D | High-Precision 3D Scanning on Your Smartphone by eora 3D – Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/259051227/eora-3d-high-precision-3d-scanning-on-your-smartph

 

では、この辺で!
☆。.:*:・’゜ヽ( ´ー`)ノ まったね~♪

 


ダヴィンチ 1.0 AiO


【楽天ブックスならいつでも送料無料】トコトンやさしい3Dプリンタの本 [ 佐野義幸 ]

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 41BQ5MEG2iL

    超カワイイ!『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』グッズ解禁!Sp…

  2. img1468226335

    ポケモンGOのライバルに負けないイヤホンジャック活用術と困った時…

  3. icon_ios

    ねこあつめのきせかえに新作登場!集めたねこたちにスマホを乗っ取ら…

  4. スクリーンショット 2017-01-23 19.21.29

    スマホで楽しめる!!VRゴーグル人気の最新おすすめ5選

  5. スクリーンショット 2017-11-16 20.51.46

    Galaxy Note8 耐衝撃・衝撃に強い人気でおすすめのスマ…

  6. スクリーンショット 2017-01-14 22.15.35

    docomo MONO MO-01J(ドコモ)用人気の手帳型スマ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る