意外と簡単!ソースかつ丼に目玉焼きを乗せて「ロコモコ丼」風レシピ!クックパッドのレシピも!

まとめ画像

 

こんばんは。トレーズです。

ソースかつ丼って、お好きですか?
ちなみに、私はカツ丼全般が大好きです。
卵でとじるカツ丼も好きですし、ソースかつ丼、味噌カツ丼…
どれも美味しいですよね。
それを、自宅で作れたら、幸せになると思いませんか?

豚肉がお高い時には、鶏胸肉で大丈夫です!
実際、我が家では、鶏胸肉のチキンカツ丼が圧倒的に多いんです。
でも、1枚の鶏肉から二枚のチキンカツが出来るのは、とってもお得感がありますよね。

ということで、今回はちょっとだけロコモコ丼風のソースかつ丼のレシピを、ご紹介しようと思います。

完成

意外と簡単に作れて、しかもお安い!ロコモコ丼風のソースかつ丼のレシピは目玉焼きが乗る?

ちなみに、分量は4人分で、所要時間は15~20分くらいです。

では、材料を見て行きましょう。

鶏胸肉…2枚
レタス…2~3枚
卵…4個
ご飯…丼4杯分
とんかつソース…適量
薄力粉…適量
溶き卵…1.5個
パン粉…適量
揚げ油…適量

見てわかる通り、ほぼ目分量です。
なので、とっても簡単に作れます。

では、作り方を見ていきましょう!

001

鶏肉を厚み半分(観音開き)に開いて、4枚の切り身を作ります。

今回鶏胸肉を使っているので、二枚に開いていますが、鶏モモ肉や豚肉を使う場合は、一枚を使って下さい。

002

薄力粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけます。

鶏肉には、塩コショウ程度なら問題ありませんが、醤油やみりんなどに漬けこんでしまうと、衣が揚げた後にはがれる可能性があります。
また、衣はつけたすぐ後よりも、少し時間を置いた方が、肉と馴染みます。
時間がない時は、仕方がありませんが、衣を付けてから、最低でも5分は置いた方が良いと思います。

003

170度くらいの温度(中温)の油で、キツネ色になるまで揚げ、キッチンタオルなどで、しっかりと油切りをします。

油が残っていると、余分なカロリーを摂ってしまうので、またサクッと揚げる為にも、油はしっかりと切って下さい。

004

丼を用意し、その中にご飯を人数分盛り付けていきます。

カツなどが乗るので、出来るだけ、平らに盛り付けて下さい。

005

レタスを水洗いし、水気を切ったら、千切りにして、ご飯の上に等分になるように乗せます。

レタスは、虫がいたりすることがあるので、しっかりと流水で洗うようにして下さい。
千切りにすると、シャキシャキとした食感を楽しめます。

006

しっかりと油切りをしたカツを、食べやすい大きさに切り、カツの上に乗せます。

ちょっと大きめに切るのがポイントです。
小さいカツより、大きいカツの方が食べ応えがありますので。

007

人数分の目玉焼きを作り、丼の上に乗せ、お好みでトンカツソースなどをかけていただきます。

それでは、完成です!

細かい味付けとか、一切ないです。
とっても、簡単に作れますね。

レタスと目玉焼きを乗せて、ちょっとロコモコ風にアレンジしたカツ丼になります。
もちろん、カツであれば、トンカツでもチキンカツでも、何でもOKです。
トンカツソースがなければ、醤油も意外といけますよー。

 

ツイッターでも、カツ丼は人気みたいですね。

オーソドックスなカツ丼も、捨てがたいですね。

ソースかつ丼は、美味しいですよね。w

味噌カツ丼も大好きです!

 

クックパッドさんのレシピも、独断と偏見で選んで載せてみます。

ドライブイン風~ねぎかつ丼(ó㉨ò♥)

クックパッド1

ネギカツ丼なんて、素敵ですね!とっても美味しそう!

鶏ムネ肉の味噌カツ丼☆美味しすぎ~♪
胸肉だって、馬鹿にはできませんね。とっても美味しそう!

クックパッド2

 

こちらで公開されていないレシピも、多数あります。
興味のある方は、こちらもクリックしてみて下さい。
→ Torezuのわくわくレシピ

 

カツ丼と言えば、天ぷら鍋が必要ですよね。
お薦めの天ぷら鍋は、こちら!

温度計が付いてれば、ガスでも安心ですよね。

シンプルなのも良いですね。

さて、ロコモコ丼が食べたいなという時に、ひき肉がなかったら、ハンバーグ代わりにカツで代用してみたら?というコンセプトで生まれた、今回のレシピですが…。

とっても美味しいので、ぜひ作ってみて下さい。

それでは、意外と簡単なソースかつ丼に目玉焼きを乗せて「ロコモコ丼」風レシピ!をクックパッドのレシピとあわせて、ご紹介しました。

 

起業の参考になるメルマガをご紹介!

スマクラのトレーズです。
現在は、ビジネスで稼げるように切磋琢磨中!
御手洗さんは、起業独立を目指す方にブログやメルマガを活用したビジネスをお届けしてくれています。
一日中家族と一緒にいる生活を満喫してみませんか?
好きな事や得意な事をデジタルコンテンツとして無料公開されているので、起業に興味がある方は参考にされて下さい。
無料でメルマガ読んでみる?

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。