リリカルスクールのスマホ特化縦動画MV「RUN and RUN」が素晴らしいと話題!

ネットで話題

ありそうで無かったアプローチ、それがスマホの縦画面に向けて最適化したミュージックビデオ(MV)です。

どうもこんばんは、ふじたせいぎです。
いつから音楽の販促用の動画をミュージックビデオ(MV)って呼ぶのが一般的になったんでしょうね。
1990年代から2000年代前半くらいの頃は、どちらかと言うとプロモーションビデオ(PV)が一般的な名前だったような気がします。

まあそれは置いといて!今回は珍しい縦動画のミュージックビデオ(MV)が話題になっていたので紹介です。

言われてみれば、スマホで一般的な動画を見る時も、大抵の場合は横画面にして見ることが多いですよね。
実際に動画側も、横長の画面サイズで16:9などの画面比率で作成されていますし。
人間の目には、この形が最も適しているというような話は、どこかで聞きましたが(うろ覚え)、果たして縦画面ではどうなのでしょう?

最近はスマホのカメラで、自分で動画撮影した場合などは、縦で普通に撮影する場合も増えましたよね。
動画投稿サービスなんかも、縦動画にも対応を始めていますし。
そんな、スマホという現代のマストアイテムに合わせた縦画面のミュージックビデオ(MV)が話題となっています。

今回話題となった動画は、1990年代生まれの女性6人組、HIP-HOP(ヒップホップ)アイドルユニットの「リリカルスクール(通称リリスク)」の、2016年4月27日に発売予定の新曲「RUN and RUN(ランアンドラン)」のミュージックビデオ(MV)です。
とりあえず、説明するより、まずは見たほうが早いですよね。

というわけで、以下がその動画です。
できればぜひスマホから動画を開いて視聴することをオススメします。
なおiPhoneだとよりオススメです。

リリカルスクール/RUN and RUN ミュージックビデオ

RUN and RUN / lyrical school 【MV for Smartphone】 from RUNandRUN_lyrisch on Vimeo.

どうですか?
最初、びっくりしませんでした?

リリスク2

勝手にホーム画面が出たと思ったらメール開いたり、スワイプされて画面が切り替わったり・・・
スマホが乗っ取られたかと一瞬、錯覚してしまいます。
でも実は全て、作りこまれた縦動画というMVです。

確かに、こういった動画って、ありそうで無かったですよね。
なにより、ここまで違和感なくスマホにフィットしているのも凄いです。
ただならぬこだわりと、高いクオリティです。

なんとなく、このままiPhoneの公式CMでも始まりそうな雰囲気があります。
「そう、iPhoneならね。」

先行公開された、このMVですが、4月5日の公開から3日間ですでに80万回再生を突破しており、業界著名人のスガシカオさんや、HKT48の指原莉乃さんも絶賛したということです。
確かに、これは斬新で素晴らしい映像ですね。

このリリカルスクール/RUN and RUN MVについてネットの反応まとめ

指原莉乃さん絶賛コメント!

 

May’nさんも絶賛。

 

Androidからみても、十分凄いと僕は思いました!

 

iPhoneユーザーはジャストフィットする動画ですからね。

 

こういうのは先駆者こそが偉大なものですよね。

 

なるほど、確かにそれもいいかも。そういうのはどうアプローチしたらいいんだろう。

みんな大絶賛ですね。
動画サイトでも、海外の人からも賞賛のコメントがたくさん見られました。
素直に凄いものは国を簡単に超えるんですよね。

リリスクメンバー清水 裕美さんTwitterより

この動画で、一気に注目が集まったこともあり、今後の活躍がより一層期待されます。
近日中にLIVEも行われるようですし、興味を持った方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょう?

今回のMV曲「RUN and RUN」は4月27日に発売ですって。

それではこの辺で!
☆。.:*:・’゜ヽ( ´ー`)ノ まったね~♪

無料セミナー動画プレゼント中です!

メルマガやってます。
お金を稼ぐための新しい世界を知ることができるかも・・・?
気になる方はぜひ登録してみてください♪
無料プレゼントの受取はこちらをクリック
無料プレゼントのお知らせ

RUN and RUN(初回限定盤)


RUN and RUN(通常盤)

無料セミナー動画プレゼント中です!

メルマガやってます。
お金を稼ぐための新しい世界を知ることができるかも・・・?
気になる方はぜひ登録してみてください♪
無料プレゼントの受取はこちらをクリック
無料プレゼントのお知らせ

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。