WindowsPhone「madosma Q501」マウスコンピュータからシンプルで使いやすいスマートフォン登場

スマホ裏技など

ヒロユキです。

国内では約4年ぶりにWindowsPhoneが登場しました。

4年前はauからIS12Tが発売されましたが、その後は後続が続かず、国内ではもう発売されないのかと思っておりましたが…




今回のWindowsPhone「madosma Q501」は、昨年もユニークなパソコン
スティック型PC 「m-Stickシリーズ MS-NH1」」を販売して話題になった、
マウスコンピューター社が手掛けた製品です。

WindowsPhone「madosma Q501」の特長は、パソコン(WindowsPC)とのOfficeソフトとのやり取りなどが、iPhoneやAndroidより相性が良い所でしょう。

マイクロソフトアカウントを使う事により、Windows製のパソコンやタブレットとの間でデータの共有ができるので、連絡先データなどもWindowsPhoneでも利用可能です。

マイクロソフトが手掛けるOneDriveDropboxなどもサクサク・スムーズに利用できるのがいいですね。

WindowsPhoneホーム画面もタイルを並べたような画面も新鮮です。

残念な点は、やはりアプリの数がiOSやAndroidと比べて少ない所ですが、LINEとかFacebookなどの一般的なSNSアプリなどはしっかりあるので、まあこれは今後に期待ですね。

あとiPhone6のような高級感は有りませんが、シンプルで使いやすい端末かと思います。
これは価格がiPhone6の約1/3の約3万円なので、仕方がないところではありますが、
でも質感は十分あります。

このWindowsPhone「madosma Q501」はSIMフリー端末なので、格安SIMを利用すれば格安でスマートフォンが利用できます。

 

NTT回線を使ったMVNO (仮想移動体通信事業者)会社の格安SIMと契約できます。
(ほとんどの格安SIMサービスを提供している会社はNTT回線を利用しています)

Twitter上でも話題です!

タイル状のアイコン新鮮です。

W-ZEROそう言えば以前ありましたね。

初回は「即完売」でした。


今年はパソコン用OS「WIndows 10」も発売を控えており、WindowsPhone注目ですね。

詳しくスペックはこちらからどうぞ↓↓
icon
icon
WindowsPhone「madosma Q501」マウスコンピューターから発売
icon

 

格安SIMの利用法に関する記事は↓↓をご参照ください。

iPhone6をMVNOを使って格安で利用できる方法

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。