閉じる
閉じる
閉じる
  1. iPhoneでLINEに既読を付けずにメッセージを読む方法とは?
  2. おすすめイヤホン・ヘッドホンランキング最新版
  3. ながら運動が痩せる理由とは?おすすめのダイエット器具と減肥茶はこれだ!…
  4. アンカーモバイルバッテリーおすすめベスト5!徹底サポートが人気の秘密?…
  5. Anker Bluetoothスピーカー人気でおすすめをまとめてみた!…
  6. Anker bluetooth イヤホンの人気でおすすめを比較してみた…
  7. 最新モバイルバッテリー人気おすすめランキング10選
  8. Ankerのモバイルバッテリーの人気がすごいことに!どのタイプを選べば…
  9. Anker人気でおすすめのモバイルバッテリーまとめ2018最新版!!
  10. Anker(アンカー)おすすめモバイルバッテリーランキング最新版
閉じる

スマホクラブ

本当は灰色なのに苺(イチゴ)が赤く見えてしまう錯視画像がツイッターで話題沸騰中!

000

 

おはようございます。
スマクラのトレーズです。

ちょっと古い話題になりますが
灰色の苺が赤く見えてしまうという
錯覚画像が話題になってるみたいですね。

本当に灰色なの?と
目を疑ってしまいますが
水色の薄い画像のせいか
苺が赤く見えてしまいます。

どういう仕組みになっているのか
ちょっと調べてみました。

本当は灰色なのに苺(イチゴ)が赤く見えてしまう錯視画像

二年前の2015年に
「同じ服なのに人によって異なる色に見えるドレスの写真」
というのが話題になりましたが

こんなドレスの写真です!
001

目の錯覚を利用した
「錯視」という現象の一種ですが

錯視というのは
WIKIによりますと

錯視とは、視覚に関する錯覚のことである。俗に「目の錯覚」ともよばれる。生理的錯覚に属するもの、特に幾何学的錯視については多くの種類が知られている。

とのことで
目の錯覚というのは
時にとんでもない錯覚を生むんですね。

そんな錯視ですが
2017年2月に
「赤色を使用していないのにイチゴが赤く見える錯視画像」
がツイッターなどで話題になってます。

参考記事は、こちらから。
This Picture Has No Red Pixels—So Why Do The Strawberries Still Look Red? – Motherboard

話題になっているのは
下記のツイートに添付された写真です。

苺が赤く見えます!本当に灰色?!

画像を投稿したのは
カリフォルニア大学ロサンゼルス校の
神経科学者でもある
マシュー・リーバーマンさんと言う方。

マシューさんは、
「この写真は赤色ピクセルを使用していません。これは北岡明佳教授による色の恒常性の素晴らしいデモです」とおっしゃってます。

ツィートしたマシューさんも
言ってますが
画像自体は
立命館大学の北岡教授が作成したらしく。

2色法というのを使っていて
シアン系(青色)の色しか使っていないのに
苺が赤く見えるという
錯覚を利用されてます。

こちらの写真を見た方達は
本当に赤い色を使っていないのか?と
画像のピクセルを確認する方も
多いんだとか!

この実験で
特にわかりやすくしているのが
以下のツイッターの画像です。

本当に灰色だった…!

苺に使用されている色を
白色背景の上に置いてみた(画像右端)
というものなんですが
確かに!赤色は使ってないです!

苺に使っているのは灰色だけだった!
目の錯覚って、ある意味恐ろしい!

今回の苺の錯覚では
「色の恒常性」を利用しているらしく

色の恒常性というのは
またまたWIKIから失礼しますが

色の恒常性

人間の視覚には慣れや知識などによる補正があり、多少の光源の色度の違いは補正される。このため昼と夕方とでは日光の波長分布が違うにもかかわらず、物体は同じ色に見える。太陽光と異なる波長分布を持つ照明下でも「白色」のものは白色と感じられる。例えば、「白熱灯」の波長分布はその名に反してかなり赤に偏っているが、その照明下でも白い紙は白く見える。周囲の色々なものの見え方からそのときの照明条件を推定し、その推定に従って色の見え方を補正していると考えられる

とのことで
ある意味人間の目の資格情報って
あてにならないものなんですね。

例えば
青空のもとで赤いリンゴを見ると
リンゴの赤色と青空の青色の波長が
目に入って来ますが

白熱灯やLED、屋外など
どこで見ても
リンゴは赤く見えますよね?

これはどういうことかと言うと
光源の色は目に入ってくるものの
目で捉えた物体の色を
汚染してしまわないようにと

脳自体が物体の色に
補正をかけてくれるわけです。

つまり、人間の脳には
すでに「りんごは赤い物」という
情報が刷り込まれているわけです。

今回の苺の錯視では
脳が「苺を見ている場所の光源に青色成分が入っている」と
解釈することで

画像が脳内で補正されて
実際は赤くない苺が

もっと言えば
灰色の苺の画像が
赤く見せているということです。

ここで問題になるのは
苺を見たことがない人でも
苺が赤く見えるのか?ですが

こんなツィートがあります。

私には、赤く見えました!
つまり、やっぱり苺は赤く見えるのかも?!

 

ツイッターでも話題沸騰中です!

私も真っ赤に見えました!w

私も赤にしか見えませんでした。本当に不思議ですよね?

原因がすぐわかるのは、すごいです!

そうなんですよ!赤にしか見えないですよね?

色の恒常性なんて、初めて知りました!

 

錯視について、詳しく知りたい方には、こんな本もおすすめです!

錯視大解析 脳がだまされるサイエンス心理学の世界

楽天でチェックする

入門本まである?!w

錯視入門

楽天でチェックする

 

それでは

本当は灰色なのに苺(イチゴ)が赤く見えてしまう錯視画像
がツイッターで話題沸騰中!

ということで
簡単にまとめてみました。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. atn30560

    WORST[高橋ヒロシ]全巻は電子書籍で無料立ち読みできるのか?…

  2. SHI50260

    百姓貴族[荒川弘]漫画最新刊の無料試し読み・ダウンロードはこちら…

  3. アイキャッチ

    夏休みに!避暑なら道央がお薦め!家族連れがお盆にまだ間に合う行楽…

  4. KD372060

    キラキラ![安達哲]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこちら…

  5. NVch82qD_400x400

    ツイッターの面白いつぶやきをまとめてみた

  6. sapporo_kyujin_cap00

    札幌求人に特化したスマホから応募できる無料求人サイト「フリー求人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る