閉じる
閉じる
閉じる
  1. スポーツに最適なBluetoothイヤホン おすすめ人気ランキング10…
  2. 運動は体に良いと言うのは幻想だった?!実は体に悪い?運動のまとめ
  3. 【ごめん、愛してる韓国版】見どころと、休日に安全に一気に無料視聴して号…
  4. USキーボードは恰好良いだけじゃない!7つのメリットとデメリットのまと…
  5. Nintendo Switch Amazon/楽天 人気おすすめゲーム…
  6. ソーラーモバイルバッテリーが便利で人気!!スマホライターもおすすめの5…
  7. 自撮りライトおすすめ人気ランキングベスト5と選び方まとめ!これでインス…
  8. 「AirPods」だけじゃない!1万円台でワイヤレスイヤフォンを選ぶな…
  9. Amazonで人気 iPhone7ケース・カバー 耐衝撃タイプ おしゃ…
  10. ナイトプールがインスタ映えすると話題のスポットに!人気のフォトジェニッ…
閉じる

スマホクラブ

ケーブル選びに失敗しないための「USB Type-C」の選び方!基礎のまとめ

000

 

こんにちは。
スマクラのトレーズです。

ケーブル選びって
大変ですよね。

基礎知識がないと
間違ったケーブルを買ってしまい
返品に行かないといけなかったり。

スマホやPCに限らず
ケーブル選びって
意外と大変!

間違いやすい名前が
付いていたり
似た物が結構あるので
間違って買うことってありませんか?

今回は、ケーブル選びの
基礎知識ということで
簡単にまとめてみました。

ケーブル選びに失敗しないための「USB Type-C」選び方!

最近、リバーシブル仕様のコネクタを採用した
USBの新規格「USB Type-C」を採用した
デバイスが増えて来ましたね。

スマホやタブレットはもちろん!

ノートPCなどでも
USB Type-Cを備えた製品は多くなってきています。

他にも
何と!Nintendo Switchにも採用されてるみたいで
ケーブル選びは大変になってきてます。

100均でも
「USB Type-C」のケーブルや
変換アダプタがあるので
より身近になっては来てるんですが

100均だと
間違って買っても
返品が効かないのが困りますよね?

100円だしと
諦めるくらいでないと
もしくは、ちゃんと基礎知識を持っていないなら
100均は止めた方が無難ですね。

ケーブル選びは、本当に大変です。

USB Type-Cケーブル1つを取っても
最大転送速度も違えば
PC本体に給電出来る物や
出来ない物もあります

映像信号の伝送に対応する物や
対応しない物

価格も様々で
1つのメーカーが仕様の異なる
数種類もの
USB Type-Cケーブルをラインナップしてることも。

最初から全部入ったタイプを
買えば良いんじゃない?と
思われるかも知れませんが

あらゆる規格に対応していて
USB-IFの正式認証も取得した製品となると
価格が高額になる可能性も。

単にスマホを充電するだけで
数千円もかかってしまう
「全部セット」を買うのも
馬鹿らしいですよね?

とはいえ
規格への適合が不明瞭な
安価なケーブルを選ぶと

これまた失敗の可能性が
高くなったりするんですよね。

酷い時には
ケーブルが発火して
火事になることもあるので
安価なケーブルは気を付けないといけません。

利用目的をある程度明確にしてから
信頼性とコストパフォーマンスを
兼ね備えた製品を選ぶのが
一番良いのですが…

ある程度の知識がないと
製品のパッケージに記されたアイコンや
文言の意味すらわからない!

そんな悩みをお持ちの方も
いらっしゃると思います。

ということで、以下に
USB Type-Cケーブルを選ぶにあたっての
基礎知識みたいなのを
まとめてみました。

●USB Type-CとUSB 3.1は別物であることを理解しよう!

「USB Type-C」と「USB 3.1」は
似ているように見えて
違う物であることは
意外と見落とされがちです。

コネクタ形状が
USB Type-Cであれば
USB 3.1と同じ物と
誤解されてるケースが多いんです。

「USB Type-C」は
そもそもがコネクタの規格の一つなので
USB3.1とは似て非なる物なんですね。

両端がUSB Type-Cコネクタの
USB 2.0ケーブルは
例えば、以下の二種類があります。

c PD対応 USB規格認証品 5A出力 0.5m ブラック

楽天でもチェックする?

エレコム USBケーブル USB2.0 TypeC C-Cタイプ スタンダード 0.5m ブラック

楽天でもチェックする?

9月に正式リリースが予定されている
USB 3.1の2倍の最大転送速度を
持つというUSB 3.2も
USB Type-Cを利用することが前提となってます。

両端がUSB Type-Cコネクタのケーブルであっても
必ずしもUSB 3.1とは限りません。

USB 2.0の場合もありますので
注意して下さい。

●USB Type-Cケーブルの最大速度は同じではない!

USB Type-C=USB 3.1ではないことを
理解しておいた上で

コネクタ形状がUSB Type-Cでも
最大転送速度は一定ではないことも
理解しておいて下さい。

例えば
USB 3.1の場合は
USB 3.1 Gen 1とGen 2という2種類の規格があり

前者は最大5Gbps
後者は最大10Gbps
転送速度が異なります。

エレコムの
0.5mのUSB Type-Cケーブルを
例に取ると

エレコム USB Type Cケーブル タイプC (C-C) USB3.1正規認証品(Gen1) 0.5m ブラック

こちらは
USB 3.1 Gen 1のタイプで

エレコム USBケーブル USB3.1 C-Cタイプ PD対応 USB規格認証品 5A出力 0.5m ブラック

一方こちらは
USB 3.1 Gen 2に対応しているなど
ケーブル選びは
なかなかに大変なんですね。

格および最大転送速度は
どの製品でも
パッケージにアイコンや注意書きで
書いてあるので、しっかりと読みましょう。

●USB Type-CケーブルでPCの充電が出来るとは限らない?!

最新のMacbookなどには
USB Type-Cケーブルを使った
本体の充電がサポートされていますが

この機能は
USBを使って最大100W(20V/5A)での
電力供給を行なうUSB PD(USB Power Delivery)
という規格に対応しているから。

ACアダプタ不要で
ケーブルが1本あれば
PC本体を充電できる便利さが
USB Type-Cのメリットとも言えます。

ただ
あらゆるUSB Type-Cケーブルが
USB PDに対応しているかと言うと
そう言うわけでもないようです。

ケーブルを物理的に接続できても
USB PD非対応であれば
PCの充電は出来ないんですね。

例えば
こちらの商品では

エレコム USBケーブル USB3.1 C-Cタイプ PD対応 USB規格認証品 5A出力 0.5m ブラック

パッケージにも
「パワーデリバリー対応」と
シールで表示されています。

でもこちらの商品では

エレコム USBケーブル USB2.0 C-Cタイプ PD対応 USB規格認証品 5A出力 0.5m ブラック

両端がType-Cコネクタとなっていても
USB PDには非対応なので
注意が必要です。

また、USB PDには
3Aと5Aの2種類があることにも
注意が必要です。

対応ケーブルひとつをとっても
3Aに対応している
こちらの商品や

エレコム USBケーブル USB3.1 C-Cタイプ USB規格認証品 PD対応 3A出力 0.5m ブラック

5Aに対応しているこちらの商品

エレコム USBケーブル USB3.1 C-Cタイプ PD対応 USB規格認証品 5A出力 0.5m ブラック

上記の2つの商品のように
同一メーカーでも
別型番に分かれているので

USB PD対応ケーブルを購入する時には
3Aか5Aかも
しっかりと確認するようにして下さい。

更には
USB PDによる充電を行なうためには
本体やケーブルに加えて
充電器の側もUSB PDに対応している
必要があります。

USB PD対応のUSB Type-C×1を備えた
Ankerの急速充電器がこちら。

Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery (60W 5ポート Power Delivery搭載 USB&USB-C 急速充電器)

くれぐれも
パッケージなどの注意書きは
しっかりと確認するようにして下さい。

●USB Type-Cの外部出力は全てに対応していない?!

USB Type-Cは
データ転送および充電以外にも
HDMIやDisplayPortなどの映像信号を
出力することが可能ですが

USB Type-Cに対応した
ディスプレイはというと
そんなに数が多くありません。

例えば、こちらの商品を使うと

Apple USB-C VGA Multiport アダプタ

USB Type-Cから
VGAディスプレイに
映像を流すことが出来ますし

こちらの商品を使うと

Apple USB-C Digital AV Multiport アダプタ

USB Type-Cを
HDMIディスプレイに
映像を流すことも出来るようになります。

USB以外の信号を流すための拡張規格は
「オルタネートモード(Alternate Mode)」
としてまとめられていますが

USB Type-Cを備えたPC全部が
オルタネートモードによる
映像の外部出力に対応しているわけではないので
ここも注意が必要です。

ケーブルについても
あらゆるUSB Type-Cケーブルが
対応しているかと言うと
そうでもないんですね。

いざ買ってから
後悔することのないように
似ている商品と間違わないようにして下さいね。

●Thunderbolt 3とUSB Type-Cは同じではない?!

両端にUSB Type-Cコネクタを備えたケーブルには
「Thuderbolt 3ケーブル」という
ケーブルがありますが

こちらは
通常のType-Cケーブルとして利用できる上に
前述のオルタネートモードを使って
最大40Gbpsのデータ転送が出来る便利なケーブルです。

ただしですが
最大40Gbpsに対応するためには
Thuderbolt 3専用に設計された
Type-Cケーブルが必要となります。

もし通常のType-Cケーブルを
Thuderbolt 3を使った場合は
最大20Gbpsになるので
注意して下さい。

●正規のロゴがあれば一安心!?

USB Type-Cケーブルの中には
パッケージなどで「正規認証品」とか「規格認証品」
なっている商品があります。

パッケージに書かれている内容は
業界団体である
USB-IF(USB Implementers Forum, Inc.)の認証テストを
パスした製品ということになりますので

テストをパスした証として
5Gbps対応では「Certified SuperSpeed USB」
10Gbps対応では「Certified SuperSpeed+ USB」
などと表示するのを許されています。

例えば、USB 3.1 Gen 1対応の証として
こんな商品では

エレコム USB Type Cケーブル タイプC (C-C) USB3.1正規認証品(Gen1) 0.5m ブラック

「SuperSpeed USB」のロゴが付いていたり。

他にもこちらの商品では

エレコム USBケーブル USB3.1 C-Cタイプ USB規格認証品 PD対応 3A出力 0.5m ブラック

USB 3.1 Gen 2対応であることから
「SuperSpeed+ USB」のロゴが付いています。

ロゴが表示されている
USB Type-Cケーブルは
一定の信頼性が認められているので
安心できる証となっています。

とはいっても
あらゆるUSB Type-Cケーブルが
テストを受けているわけではないので

ロゴがないからといって
必ずしも規格に適合していない
わけではないんですね。

また、正規認証品は
取得のコストが原価に上乗せされているので
他の商品よりも高額であることも多いです。

USB Type-Cは
データ転送以外にも、給電や映像信号の伝送など
さまざまな機能が盛り込まれた
優れた規格ではありますが

コネクタの形状をるだけで
挙動が判断できるとは限らないですし、

コストなどの面からも「全部セット」の
ケーブルに統一するのは
良くないこともわかると思います。

USB 1.1を
USB 2.0に置き換えた時とは
状況が違うことを念頭に置いて下さい。

使う側も色々と注意が必要なので
パッケージや製品情報をよく読み
ニーズにあった製品を選ぶことが
重要になります。

 

それでは

ケーブル選びに失敗しないための「USB Type-C」の選び方!基礎のまとめ
ということで
簡単にご紹介してみました。

ケーブル選びに迷った時の
ご参考になりましたら、幸いです!(*´ω`*)

 

関連記事はこちらから。
スマホ用USB充電・データ転送ケーブル Amazon/楽天 人気おすすめランキング10選
2017年最新のライトニングUSBケーブルおすすめ!断線予防のスマホのケーブルはどれ?
Androidにオススメの充電器とケーブルはどれなの?USB Type-C (タイプC)編

SPONSORED LINK

関連記事

  1. bookandbedtokyo

    池袋にある『宿泊できる本屋』さんが話題急騰!お値段も一泊たったの…

  2. コンパネ

    wordpressで一般設定のアドレスを間違った時の「さくらサー…

  3. btl-rdc7r-1

    スマホモバイルバッテリー最新のオススメ5選

  4. kd973960

    甘々と稲妻[雨隠ギド]漫画最新刊の無料試し読みはコチラ!アニメ化…

  5. 009

    楽天スーパーセール開催!9月11日まで!泊まれる宿を探すなら今が…

  6. 嵐

    嵐ファン歓喜!宮城のセブンイレブンにて嵐コンサート記念商品が販売…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る