閉じる
閉じる
閉じる
  1. リーフチケット不要?!どうぶつの森 ポケットキャンプで無課金で遊ぶ10…
  2. 田村ゆかり出演スマホアプリゲームまとめ!基本無料で田村ゆかりさんと出会…
  3. 直接コンセントから充電できる!!コンセント付きオススメのモバイルバッテ…
  4. AQUOS sense SH-01K docomo スマホケース/カバ…
  5. Xperia XZ1 Compact衝撃吸収・耐衝撃・衝撃に強い人気で…
  6. プロジェクターを使えば、子供の身支度が早くなる?意外な使い方のまとめ
  7. 便利で人気のケーブル内蔵モバイルバッテリー特集!!失敗しない選び方
  8. 高くても売れるゲーミングPCが、小中学生にも人気の理由は?※まとめ
  9. Xperia XZ1 Compactにオススメ!!貼り直しできる人気の…
  10. Xperia XZ1 Compact対応!! 薄くてシンプルでおしゃれ…
閉じる

スマホクラブ

ゲーマーも知っておきたい!「Google Home」や「Amazon Echo」などのスマートスピーカー※まとめ

000

 

おはようございます。
スマクラのトレーズです。

最近話題になってると
思われるのが
スマートスピーカーなるもの。

2017年10月5日には
Googleが「Google Home」を
LINEが「Clova WAVE」という

スマートスピーカーの
プラットフォーム展開を
国内向けに発表したことで
テック系以外のメディアの注目度も
高まっていると言います。

この中でも
まだ日本では発売されていないですが

本命と見られているのが
AmazonのEchoシリーズと
Echoのバックグラウンドで動く
音声アシスタントサービス「Alexa」です。

とはいっても
ゲーマーには直接関係ないとのことで
ゲーマーの間では

「話題なのは聞いているけど、ゲームに関係ないから、特に情報を追いかけてはいないよ」という方も多いんだとか。

でもちょっと待って下さい!

実はゲーマーの方にも
関係があるかも知れないんです。

ということで
スマートスピーカーと
音声アシスタントについて
簡単にご紹介してみます。

ゲーマーも知っておきたい!「Google Home」や「Amazon Echo」などのスマートスピーカー

ソニー SONY スマートスピーカー LF-S50G : Bluetooth/Wi-Fi/防滴対応 Googleアシスタント搭載 2017年モデル ブラック

スマートスピーカーの基本を
おさらいしていきますと

実は、スマートスピーカーで
やっていることは
スマートフォンでは当たり前になった
技術の応用でしかないということです。

というのも
今のスマホでは
音声入力技術が広く使われているから。

音声入力を介して
人間の言葉をテキストデータに変換してしまえば
コンピュータが命令を読み取って
実行に移すことは
そう難しいことでもないんですよね。

「音声で命令を入力し,それに沿って動く」機能を
「音声アシスタント」とか
「音声エージェント」などと呼びますが

Appleなら
iPhoneで使える「Siri」が有名
Googleなら「Google アシスタント」
Microsoftは「Cortana」を使っています。

スマートスピーカーは
スマートフォンやPCで使われている
音声アシスタントを

インターネットに直接つながる機能を
持ったスピーカーに組み込んだものと
言いきってしまって良いと思います。

とは言っても
ディスプレイがないデバイスで使えるように
応答の方法を工夫しているだけなので
スマートフォンでの応答と全くく同じ
というわけには行きませんが…

スマートスピーカーは
基本的な仕組みは
「画面がなく、声だけで操作するスマートフォン」
という認識になります。

Amazonによる
Echoのプロモーションムービーがありますので
そちらもご紹介しますと。

現在の所で
国内外でサービスを展開している
主なスマートスピーカーと
音声アシスタントをまとめた表を
引用させていただくと。

001

AmazonのEchoや
Alexa以外にも
色々と種類があることがわかりますね。

TencentやBaiduといった
中国系企業のサービスや
それ以外の国や地域オリジナルの
サービスも含めると

全体での数は把握が難しいほど多く
すでに競争の厳しい市場に
なっているみたいですね。

 

スマホの機能をどこでも使うためのデバイスがスマートスピーカー?

JBL Pebbles バスパワードスピーカー USB/DAC内蔵 ブラック

楽天でもチェックする?

ではなぜ
スマートスピーカーが
IT大手企業が続々と参入するほど
注目されているのでしょうか?

実際の所では
スマートスピーカーで出来ることの
ほとんどはスマートフォンでも
使えるようになっています。

なのに
何故スマートスピーカーが
それだけ注目されるかには
ある理由があります。

スマートスピーカーは
音声で操作できる機器ですが
ご存知の方も多いように
現在の音声認識技術は完璧ではありません。

「音声で使うリモコン」といった機械なので
「声では正確に反応できないのなら、タッチやマウスで操作したほうが早い」

と思う人も多いと言います。

声からテキストへの認識精度は
上がってはいるものの
認識した内容から
「適切な命令を読み取って反応する」機能

すなわち
知能にあたる部分は
まだまだ発展途上なのが現状なんです。

スマートスピーカーは
音声アシスタントとの対話によって
操作する機器なので

機械に対して話すため
「AIスピーカー」となどと
呼ばれることもあります。

スマホが発達して
色々なことが出来るのに
今更スマートスピーカー?
なんて方もいるかも。

ですが
スマートフォンは
基本的に手指で操作するデバイスで
手を放せなかったり
手では触れなかったりする状況では
使いにくいんです。

リビングでテレビを見ている時など
スマートフォンを取りに行くのは面倒ですし

ゲーム中に何か調べたいことがあっても
いちいちゲームパッドやマウスから
手を放したくないと言う方もいるかも。

実際にゲーム中に
攻略情報を知りたい時などには
スマホでは不便なこともありますよね?

自動車を運転中の時など
「手が他のことにとられている」
「目線もそらすのが難しい」シーンは
結構あるものです。

そういう場合でも
スマートフォンの能力を使えるようにしたい!

そこで各社が
期待を抱いているのが
音声アシスタントなんですね。

ネットサービスの利用を
音声でアシストし
ユーザーに対して
音声で反応することで

画面に触らず
注視する必要もなくなるので
ニーズにはぴったりと
合致するわけです。

音声アシスタントは
スマートフォンの機能として
すでに実現済みです。

特にAndroidのGoogle アシスタントと
iOSのSiriはよく知られている所。

PCでも
Windows 10では
Cortanaが標準機能されていますよね?

ですが
PCやスマートフォンに入っているだけだと
音声アシスタントの広がりには
限界があると言います。

PCやスマートフォン以外の機器に
組み込んでいくことが必要になり
そのもっともシンプルな例が
スマートスピーカーなんですね。

音声対応の機能は
据え置き型ゲーム機では
過去から取り組まれていた機能。

例えば
Xbox 360は「Kinect」で
音声コマンドに対応してますし

Xbox Oneでは
ウインドウコントロールなどの
多様な操作に利用出来ていますよね。

PlayStation 4でも
ゲームの起動などが
音声で行えるようになったりと

ゲーマーにも
関係のない話ではないんです。

 

スマートスピーカーの起爆剤は、音楽だった?!

JBL FLIP3 Bluetoothスピーカー IPX5防水機能 ポータブル/ワイヤレス対応

楽天でもチェックする?

スマートスピーカーの
音声アシスタントの機能は
まだそれほど高くはないです。

ですが
過去の音楽は「物理メディア」を介して
提供されるのが基本でしたが
いまの主軸は「ストリーミングミュージック」に
移っています。

「Spotify」や「Apple Music」
「Google Play Music」と言うような
月額料金制による聴き放題サービスに
移行しているわけですね。

こうした変化にともない
行き場をなくしたのが
ホームオーディオ系の機器。

ストリーミングミュージックは
スマートフォンやPCで聞くのが中心で
古典的なホームオーディオ機器とは
ちょっと相性が悪いんですね。

だからこそ
Bluetooth接続の無線スピーカーが
ヒットしたというわけです。

関係者の多くは
スマートスピーカーが
日本における
ストリーミングミュージックの起爆剤に
なるのでは?と期待しているそう。

例えば
Googleでは
Google Playの無料体験チケットを
Google Homeに入れています

LINEは「2018年1月末までのキャンペーン価格」として
税込価格は1万4000円の
Clova WAVE本体に

LINEのストリーミングミュージックサービスである
「LINE MUSIC」の12か月分にあたる
利用権(980円/月×12)をセットにして
1万2000円で販売中です。

こうなると
音楽サービスが1年無料で使えて
しかも正価より安いという状況に。

海外のスマートスピーカー市場では
現在はAmazonが
ほぼ寡占している状況だそうです。

何故寡占状態になっているかと
言えば、それには
2つの大きな理由があると言います。

一つ目の理由は
Amazonがスマートスピーカー市場で
他社に先行して製品を出したこと。

もう一つの理由は
低価格市場で先行したことです。

2016年秋に
Amazonが低価格な「Echo Dot」の
第2世代モデルを発売してからは

第2世代モデルは
価格が49.99ドルと
通常版Echo(約130ドル)の
半分以下だったそう。

そのため
スマートスピーカーを手がける各社の競争軸は
Echo Dotと同じような
小型で低価格帯の製品へと移っているとのこと。

例えば、Googleでも
新製品として
49ドルの「Google Home Mini」
(※国内価格は6480円)を
2017年10月するなど
移行しているのは明らか。

今のところでは
音声アシスタントと
スマートスピーカーの市場は

ゲームにはあまり目線を
向けていないように思えますが
これから先
どう変わっていくのかが見過ごせませんね!w

それでは

ゲーマーも知っておきたい!「Google Home」や「Amazon Echo」などのスマートスピーカー※まとめ

ということで
簡単にまとめてみました。

スマートスピーカーって何?と言う方の
ご参考になりましたら、幸いです。(*´ω`*)

SPONSORED LINK

関連記事

  1. おそ松さん18

    おそ松さんの24話が感動で泣けるという感想がツイッターに溢れてい…

  2. fkm02760

    銀と金[福本伸行]の名言まとめ。2017年1月から放送の実写ドラ…

  3. F6100024111761

    アトム ザ・ビギニング[原案:手塚治虫 コンセプトワークス:ゆう…

  4. 見本

    PCで遊べるように?!「ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会…

  5. CSn3OmRWsAACu9l

    凄すぎる!内村航平・体操世界選手権6連覇達成!その影にブラックサ…

  6. 2015

    google検索で振り返る2015年の出来事!あなたはいくつ覚え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る