閉じる
閉じる
閉じる
  1. ZenFone Max M2(ZB633KL)スマホ画面保護フィルムお…
  2. アメトーーク!家電芸人2019で紹介されたおすすめ家電21選まとめ
  3. ZenFone Max M2(ZB633KL)スマホカバーケースおすす…
  4. iPad AirとiPad miniが2019年3月30日発売!App…
  5. ZenFone Max Pro M2(ZB631KL)画面保護フィルム…
  6. ZenFone Max Pro M2(ZB631KL)スマホケースおす…
  7. “Anker PowerHouse 200″ア…
  8. 2019年駄菓子売れ筋ランキング 長年愛される魅力と歴史
  9. イヤースコープおすすめ5選 iphone対応あり(選び方・価格・評判ま…
  10. facebookとインスタグラムが落ちてる現象2019年3月14日サー…
閉じる

スマホクラブ

幅広い年齢層に愛される「TOKIO」♪鉄腕ダッシュが放送されるたびにツイッターが盛り上がるw

鉄腕ダッシュ

こんにちは、スマホクラブのまさとです。

毎週日曜日に日本テレビ系列で放送されている
「ザ!鉄腕!DASH!」

大人気アイドルグループ
「TOKIO」
が毎週物凄く楽しませてくれています(*´ω`*)

TOKIOはジャニーズ事務所に所属していて
年配の方に聞いても認知されている
幅広い年齢層に愛されているアイドルです。

ザ!鉄腕!DASH!の歴史

TOKIOが「人間の限界」に挑戦する
新しいタイプのバラエティとして、
1995年11月2日に木曜深夜枠で『鉄腕!DASH!!』
のタイトルでの放送開始。
当時は30分番組(放送時間23:25 – 23:55)

深夜時代には途中でオープニングの
ロゴ映像が1回変更されている。
その後『ZZZ』月曜日第1部枠(放送時間23:45 – 24:15)
に移行し
(この時より収録場所を後楽園ホールから日本テレビに変更)、
1998年3月30日で深夜枠での放送を終了。

1998年4月12日よりタイトルを
現在の『ザ!鉄腕!DASH!!』
に改め日曜夜のゴールデンタイムに進出し
放送時間も56分に拡大され、
さらに半年後の同年10月18日放送分より58分へと拡大された。

2000年6月4日放送より始まった
「DASH村」
が番組を代表するメイン企画となり、
『笑点』や『サザエさん』と並ぶ日曜日の名物となった。
この頃からスタジオ収録を終了し
全編ロケ形式に変更となり、
TOKIOのメンバーも
全員が同時に出演する機会が減るようになったが
視聴率は徐々に上がっていった。

2013年7月21日の放送で放送500回を達成。

2014年現在、
深夜時代を含めるとジャニーズ事務所所属タレントが
レギュラー出演している
バラエティ番組では最も放送期間の長い番組。

「TOKIO」のメンバー全員でリレーをして
列車と勝負する企画もありましたねw

最近ではアイドルが副業とまで言われるくらい
職人が板についてきていますw

そんなTOKIOがテレビでお茶の間を笑顔にしている間、
ツイッターでもたくさんの方が笑顔なのが分かるくらい
盛り上がっています。

リーダー詳しすぎますw

農家の方並に知識がありすぎですw

副業がアイドルは本当みたいですw

男らしくてカッコイイw

農薬を自作できるアイドルってTOKIOだけですw

まな板になるために切られたような元床w

もうTOKIOは自分たちで生きていけますw

鉄腕ダッシュは本当に涙が流れるくらい笑えますw

サービスカットです(困惑)w

DASH村、DASH村、DASH0円食堂、DASH海岸など
色々な企画で楽しませてくれる
「TOKIO」と「ザ!鉄腕!DASH!」。

この先も明るく楽しい企画を
続けていって欲しいですね。

TOKIO大好きなまさと

これが真の農家魂を持ったTOKIOだ!

SPONSORED LINK

関連記事

  1. テニプリ

    2016テニプリバレンタイン復活!ファンのみなさん今年はチョコ贈…

  2. I5100014005861

    フリンジマン[青木U平]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこ…

  3. Fotor_144181281422753

    【育児奮闘漫画】本人気付かず【第五話】

  4. W3100023183561

    当て屋の椿[川下寛次]最新14巻の無料立ち読みとダウンロードはコ…

  5. KA574160

    鬼斬り十蔵[せがわまさき]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードは…

  6. kd667160

    アニメ3期はいつ!?漫画ベイビーステップ[勝木光]最新刊をスマホ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る