閉じる
閉じる
閉じる
  1. 郵便の転送手続きはネットで簡単にできる!!スマホからでも登録できるe転…
  2. 楽天レシピとクックパッドのメリットとデメリットのまとめ※レシピ投稿する…
  3. SIMフリースマホおすすめ機種ランキング2018年最新版!!SIMフリ…
  4. 2018年バレンタインおすすめチョコギフト!アマゾン&楽天ランキングト…
  5. スマホ 車載ホルダー2018年最新版 人気でおすすめをまとめてみました…
  6. 家の中をホームシアターに?!プロジェクターのおすすめ10選!アニメも実…
  7. androidに対応した大容量モバイルバッテリー特集!!おすすめ201…
  8. スマホの紛失防止するおすすめグッズまとめ!!紛失した時にすぐやる対処法…
  9. ぶたたnanacoカード付きPOCHIが人気!ロフトネットストアで限定…
  10. スマホ用おすすめの三脚めをまとめみた!!使ってみるととても便利!!
閉じる

スマホクラブ

iPhoneユーザーは注意!iOS9の「Wi-Fiアシスト」機能でパケ死するかも!

0910

こんにちは、スマホクラブのまさとです。

iPhone6Sが販売されて一か月以上経ちましたが、
使い心地はいかがですか?

iPhoneの使い心地は最高なのですが、
しかしiPhoneユーザーには大変なニュースが舞い込んできました!

■Wi-Fiアシスト機能で集団控訴!

iOS9より搭載されているWi-Fiアシストについて、
アップルが説明を怠っていたとして、
同社に対し、500万ドル(約6億円)の集団訴訟が発生しています。

Wi-Fiアシストは、Wi-Fi接続が不安定な際、モバイルデータ通信で回線を安定させる機能です。
しかし、初期設定ではオンになっているうえ、どのような条件でどの程度モバイルデータ通信が用いられるのかということについて、アップルは当初明らかにしていませんでした。

これについて、原告代表のWilliam Scott Phillips氏とSuzanne Schmidt Phillips氏は、
「常識的で平均的な消費者は、
iPhoneを音楽ストリーミングやビデオ、様々なアプリに使う。
それらの全てが顕著にデータを消費し得る」とし、想定以上のモバイルデータ通信が発生したことで、計500万ドル(約6億円)の損害が発生したとしています。

またAppleは慌てて特撮ページを公開しましたが、
「Wi-Fiアシストは、大容量のデータ通信を行う、音楽やビデオストリーミングなどのサードパーティーアプリ、電子メールアプリなどにおける添付ファイルダウンロードなどには適用されません」
としたうえで、大半のユーザーにおいては、データ通信量は「数パーセント多くなる」程度であることを明らかにしましたが、今回の原告にとっては、すでに時遅しだったようです。
iPhone Maniaより引用

私もiPhoneユーザーなのですが
まだiOS9にアップデートしておらず
難を逃れていました。

なお、「Wi-Fiアシスト」は、
「設定」>「モバイルデータ通信」
でオン・オフの設定が可能です。

Wi-Fiアシスト

Wi-Fiアシストを知らなかった
日本のiPhoneユーザーの様子は?

動画とかは適用されないみたいですが怖いですね。

知らない人がほとんどだったんではないでしょうか?

もうすぐ7ギガ規制とか困りますね。

名前がちょっと紛らわしいのもありますね(゚Д゚;)

iPhoneユーザーの方で
iOS9にアップデートしている方、
Wi-Fiアシストを使用しないようなら
すぐにOFFにしちゃいましょうね。

まさと

データはもちろんですが外側も守ってあげましょう!

SPONSORED LINK

関連記事

  1. iPhoneを探す

    iPhone5をなくしたら…そんなもしもの時のために事前準備

  2. iPhoneSE

    iPhoneSEが販売開始新料金プランが割高で旧プランの方が安い…

  3. sketch-1462040999726

    iPhone SEのケースは5sと同じ?調べてみた。

  4. iphone5 ホームボタン

    iPhone5のホームボタンの反応を良くする裏技!方法と手順

  5. iPhoneⅩ3

    iPhoneⅩがAppleから発表!!気になる発売日は?

  6. 0910

    iPhone6S発売一部のショップで6Sローズゴールドの在庫あり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る