閉じる
閉じる
閉じる
  1. ダイエットするなら?減肥茶の種類に拘ろう!確実なのは七美茶?!
  2. ZenFone 5Z ZS620KL おすすめの全面保護フィルム5選!…
  3. ZenFone 5Z ZS620KLにおすすめのスマホケース特集!!気…
  4. HUAWEI P20 SIMフリーにおすすめのガラスフィルム 液晶保護…
  5. HUAWEI P20 SIMフリーにおすすめのスマホケース5選!!気に…
  6. HUAWEI P20Pro HW-01Kにおすすめの全面保護ガラスフィ…
  7. HUAWEI P20 Pro HW-01Kにおすすめのスマホケース特集…
  8. HUAWEI P20 liteにおすすめのスマホケース7選!!気になる…
  9. HUAWEI P20 liteのおすすめのガラスフィルム 液晶保護フィ…
  10. 1万円以内で買えるbluetoothヘッドホンおすすめ8選!!選び方の…
閉じる

スマホクラブ

今日はボジョレー・ヌーボーの解禁日!今年の評判はどうなの?!

wine-855166_1920

おはこんばんにちは、七宝です

ボジョレー・ヌーボー解禁です!

今年もボージョレー・ヌーヴォー解禁の時期がきたんですねぇ

日本は時差の影響で、世界で一番最初に解禁されるのですが
筆者はワイン飲んだことないんですよねー…

筆者が好きなお酒漫画のセリフで
『伝統を飲む』というセリフがありました

このコミックスを読んだ当時はワインどころか、本当に美味しいお酒をたしなむほど
成長していなかったので、実感も何もなかったのですが
年齢を重ねたこととボージョレー・ヌーヴォーを見ていると、
そうなのかなと思うことがあります
(上のセリフもロマネ・コンティというとてもお高いワインを客に勧めたソムリエが主人公に言った一言でした)

そういえば、ネットニュースを読んでいると
ボジョレー・ヌーボーの味についての『評価』があるのをご存じですか?

これがその一覧なのですが

1983年「これまでで一番強くかつ攻撃的な味」
1985年「近年にない上物」
1992年「過去2年のものよりフルーティーで、軽い」
1995年「ここ数年で一番出来が良い」
1996年「10年に1度の逸品」
1997年「まろやかで濃厚。近年まれにみるワインの出来で過去10年間でトップクラス」
1998年「例年のようにおいしく、フレッシュな口当たり」
1999年「1000年代最後の新酒ワインは近年にない出来」
2000年「今世紀最後の新酒ワインは色鮮やか、甘みがある味」
2001年「ここ10年で最もいい出来栄え」
2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄えで1995年以来の出来」
2003年「110年ぶりの当たり年」
2004年「香りが強く中々の出来栄え」
2005年「タフな03年とはまた違い、本来の軽さを備え、これぞ『ザ・ヌーボー』」
2006年「今も語り継がれる76年や05年に近い出来」
2007年「柔らかく果実味豊かで上質な味わい」
2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
2009年「過去最高と言われた05年に匹敵する50年に一度の出来」
2010年「2009年と同等の出来」
2011年「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」
2012年「偉大な繊細さと複雑な香りを持ち合わせ、心地よく、よく熟すことができて健全」
2013年「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」
2014年「太陽に恵まれ、グラスに注ぐとラズベリーのような香りがあふれる、果実味豊かな味わい」
2015年「過去にグレートヴィンテージと言われた2009年を思い起こさせます」

これを読むのも毎年の楽しみのひとつになっています

この評価は、販売者が大げさに書いているだけで
日本のボジョレーヌーボーの窓口となっている
フランス食品振興会が発表したプレリリースをもとに作っている『キャッチコピー』なんですって

こうしてみているだけでも、その年の傾向が理解できて
面白いですよ

ボジョレーヌーボーの解禁日はわかったけど、どのボジョレーヌーボーを飲めばいいの?
という声が聞こえてきますね
筆者もいろいろ種類があるのは知っていますが、どれから飲むのがいいかは知りませんでした

なので、ちょろりと調べてみました

ボジョレー地区の新酒には、等級が3段階あります。

この等級とは、ボジョレー地方独自の格付けで
国立原産地名称機構という、どこで作ったワインです(今回の例では、ボジョレーが地名にあたります)という生産地を名乗るための
明確なルールを制定したれっきとしたフランスの国立機構が決めた格付けなんです

等級の内容は、
・ブドウの種類が決まっている、ベーシックな「ボジョレー」
・ベーシックなボジョレーよりアルコール度数やブドウ生産量が厳しく、ボジョレーよりも
限定された地域で造られる「ボジョレー・ヴィラージュ」
・一番優れた生産地で作れられるワインで、
ボジョレーと区別するため、ボジョレーとラベリングされない「ボジョレー・クリュ」(クリュとは『単一の』という意味)

飲み方としては、ボジョレーとボジョレー・ヴィラージュを買って飲み比べるのが
色々なワインの味を楽しめるそうです

というのも、ボジョレー・ヴィラージュのほうが
フルーティーな味わいで、味の違いを実感できるからだそうです

えーそんなに飲めなーいという方もいると思います
最近では、フルボトルではなく、ハーフボトルも販売されているので
ハーフボトルで飲んでみてはいかがでしょうか?

ハーフボトルでも残る?残ったときは果物のワイン漬け『サングリア』にしちゃうという手もありますが
ここでは割愛します

でもレシピは載せちゃう→レシピまとめ

ボジョレーと言われると、大半が赤ワインと言うと思いますが、
一応白ワインもあるんですよ?
ボジョレーワインで白ワインの生産が1%しかないため、認知度が低いのが理由みたいですね
筆者も調べてみるまで知りませんでした

ま、ボジョレー解禁と言ってもお酒のお祭りなので
楽しむのが一番なんですけどね

ボジョレーワインを探してみました
全てハーフボトルで探したので、お試しで飲んでみませんか?

まずは王道の赤ボトルです
ボジョレー・ヴィラージュのハーフボトル2本セットを見つけてきました
imgrc0063248598

次にロゼです
ロゼもあるのは驚きですね
411224

最後に噂の白です!
413250

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 002

    クレソンはサラダだけじゃない!簡単で美味しい!「クレソン」を使っ…

  2. n4100001330961

    映画化に期待!漫画ザ・ファブル[南勝久]最新刊をスマホで無料立ち…

  3. O9100019845161

    東京タラレバ娘[東村アキコ]最新刊をスマホで無料立ち読みする方法…

  4. 2

    今話題の「一平ちゃん 夜店の焼きそば チョコソース」を実際に食べ…

  5. Y389069355

    静岡でペットと泊まれる宿、人気ホテルまとめ【東海編】

  6. image

    民王が4月に再び復活!高橋一生演じる貝原秘書のスピンオフ本も!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る