閉じる
閉じる
閉じる
  1. ヘルシオはオーブンレンジとして買ってはいけない?!勝間和代が語るその真…
  2. iPhoneケース/カバー 最新Amazon/楽天 人気おすすめ商品ラ…
  3. HTC U11 をカッコよく飾るおすすめスマホケース・スマホカバー8選…
  4. Galaxy Feel SC-04J docomoスマホカバー/ケース…
  5. 卓上扇風機おしゃれで便利!!おすすめランキング2017年版
  6. かわいい癒やしグッズなら、うさまるで決まり!人気が高いおすすめグッズ特…
  7. VAIO Phone A スマホケース/カバー Amazon/楽天 人…
  8. True Keyは使えるのか?覚えきれない大量のパスワードの管理は「ス…
  9. うさまる大好きなアナタにオススメ!お店で買えるかわいい癒しグッズ特集!…
  10. Galaxy S8+ SC-03J docomoスマホケース/カバー …
閉じる

スマホクラブ

Chromebookユーザー必見!古いノートPCを復活させてくれるアプリ「CloudReady」のまとめ

見本

おはようございます。トレーズです。

古いノートPCを、Chromebookとして復活させてくれるアプリがあることをご存じですか?
このアプリがあれば、ChromeOSを試すためだけに、お金を払って新しいノートPCを買う必要がなくなります。

どんなアプリなのかを、検証してみました。
見本

古いノートPCをChromebookとして復活させてくれるアプリ「CloudReady」とは?

 

Chromebookとして復活させてくれるアプリ「CloudReady」は、ほぼどんなノートPCにも、Chrome OSをインストール出来るようになります。

正確に言うと、ChormeOSではなく、オープンソースとして公開されている「Chromium OS」というOSがインストール出来るようになるんです。
もちろん、Chromium OSは、Googleが開発したものなので、競合とかの問題も起きにくいです。

Neverware社のCloudReadyを使えば、ほぼどんなノートPCにも、簡単に「Chromium OS」を入れることが出来るんですね。
ドライバーをインストールし直したり、対応するハードウェアを探したりする手間はほとんど必要なく、インストールはクリックだけでOKなのもすごい所。

ただ、こちらのOSも完璧というわけではなく、使うにあたって、いくつかの注意事項があります。
それを箇条書きにしてみました。

その1:全てのPCで使えるわけではない。

確かに、ほぼ全てのノートPCに搭載は出来るのですが、全てのPCで使えるわけではありません。
「CloudReady」は、2007年以降に製造されたノートPCなら、ほぼWindowsパソコンでも、Macパソコンでも対応してはいるんですが、保障が絶対に大丈夫というわけではありません。

参照先:
テスト済みのハードウェア一覧と基本的なシステム要件

ただ、こちらの参照先は、英語なのでわかりにくいかも知れませんが…。
「Chromium OS」は、低スペックのPCでも動くようにデザインされていて、例え古くて遅いPCであっても、動くようになる可能性があります。

但しです!
何度も言いますように、全てのPCに使えるわけではありません。

その2:システムを全部消去してしまう?

CloudReadyでChromium OSをインストールする場合、他のOSが入っていたとしても、デュアルブートは不可能です。
なので、Chromium OSをインストールするPCは、全システムが消去されても構わないようなPCを使う必要があります。

まぁ、普通新しいOSをインストールする時には、ほぼシステムは消えますから、当たり前と言えば当たり前ですが、それでもシステムが全消去されることを知っていないと、Chromium OSを入れても、前データが消えたと苦情を言う人もいるかも知れませんね。

その3:Chrome OSと全く同じものではない!

「Chromium OS」は「Chrome OS」とほとんど変わりありませんが、あくまでも別のOSの扱いとなります。
例えば、MicrosoftのOfficeシリーズを見ればわかりますが、オープンソースで公開されているOpen Officeなどのオープンソース型のOfficeソフトは、ほぼ同じことが出来ますが、全く同じというわけではないですよね?

無料で手に入るという利点はあるものの、やはりオリジナルと比べると制約があることも覚えておくと良いかも知れません。

そして、「Chromium OS」と「Chrome OS」との一番の違いは、自動アップデートなどのサポートが受けられない点です。
公式サポートがないのと、Flashも搭載されていないので、初心者にはとっつきにくいOSであると言えるでしょう。

ただ、「Chromium OS」には、最初に起動したときに、Flashの手動インストール手順をCloudReadyが説明してくれるようになっているので、そこは初心者にも優しいかな?と思います。

 

hromium OSをインストールする際に必要な物とは?

OSをインストールするには、下記の3つの物が必要となります。
しっかり確認をして下さい。

●8GB、あるいは16GBのUSBメモリ

使えるのは、8GBと16GBのUSBメモリだけとなっています。
これより大きくても小さくてもエラーが出るそうです。
もしこれ以外の容量のメモリを使う場合には、自己責任で行って下さいね。

●CloudReadyの.binファイル

OSを入れるなら当然のことかも知れませんが、最初に「CloudReady」をダウンロードしてくる必要があります。
このアプリは無料で、こちらのページから、手に入れることが出来ます。

ページに飛んだら、左下の青い「DOWNLOAD CLOUDREADY NOW」ボタンをクリックし、自分のパソコンに保存しておくようにして下さい。

●Chromebookリカバリユーティリティ

「CloudReady」のインストール用USBメモリを作成するツールとなります。
こちらのサイトから、ダウンロードするのをお忘れなく!

「できることなら、CloudReadyとChromebookリカバリユーティリティは、Chromium OSをインストールする予定のものとは別のコンピューターにダウンロードしましょう。そうすれば、インストールに失敗した場合でも使えるコンピューターがあって安心です。とはいえ技術的には、Chromium OSをインストールしたいコンピューターに直接、必要なものをダウンロードしても問題はありません。インストールの段階で、ダウンロードしたデータは上書きされます。ただし、インストール過程で元のオペレーティングシステムが消えてしまうことをお忘れなく。」

こちら引用です。

必要なソフトやツールなどが揃ったら、インストールを始めましょう!
まずは、「CloudReady」のインストール用のUSBメモリを作成します。

手順は以下の通りです。(以下引用)

1:Chromebookリカバリユーティリティを開く。
2:右上にある設定用の歯車アイコンをクリックする。
3:ローカルイメージを使用」を選ぶ。
4:NeverwareサイトからダウンロードしたCloudReadyの.binファイルを選択する。
5:USBメモリを挿入する。
6:Chromeリカバリユーティリティの画面左側から、挿入したUSBを選ぶ。
7:「続行」と「今すぐ作成」をクリックして、インストール用USBを作成する。

このプロセスが終了してしまえば、好きなだけデバイスにインストールが可能となります。
USBメモリは、「CloudReady」のインストーラを起動させるものでもありますが、「Chromium OS」を試してみたいという時にも使えます。

コンピュータに残っているデータなどを消去せずに、「Chromium OS」を使ってみたい場合というのもありますよね?
そんな時には、以下の手順を試してみて下さい。

1:コンピューターのBIOS設定でUSB起動が有効になっているかどうか確認してください。はっきりわからない場合は、PCメーカーの公式情報で確認を取りましょう。

2:CloudReadyインストール用USBメモリを挿入します。

3:起動メニューが開いた場合は、挿入したUSBを選んでください。コンピューターによっては、F12など決められた起動キーを押さなければならない場合もあります。

インストールすると決めたら、データが全消去されることをしっかりと思いだし、下記の作業をしましょう。
「CloudReady」のインストール方法は、以下の通りです。

1:開いているCloudReadyインターフェースの右下にある時刻表示部分をクリックします。

2:メニューが開くので、「Install CloudReady」をクリックします。

3:次に、インストールの意思を確認するウィンドウが開きます。ここから先に進むとハードドライブの中身がすべて消えてしまいます。インストールしても大丈夫な状態なら、「Erase Hard Drive & Install CloudReady」をクリックしましょう。

4:別のウィンドウが開き、最終確認を行ないます。しつこいようですが、ハードドライブが完全に消去されると困るなら、先に進まないでください。絶対に大丈夫だと思えるなら、「Erase & Install」をクリックします。

5:インストールが完了するまで待ちます。

インストールの作業が全部終わったら、通常のPC(Chromebook)と同じように、各種設定を行います。
これで、古いノートPCが、「Chromebook」に生まれ変わりました!
ちょっと手順が面倒ではありますが、古いノートPCであっても諦めず、まだ使えるかもしれないという可能性が残っていることを思い出して下さい。

 

ツイッターでも、Chromebookは人気のようです!

同じアプリの紹介ですね。

時代はサブPCの時代ですね!w

IT系のマストアイテムですね!

やっぱりサブPCとして人気が高いのでしょうか?

 

新しくノートPCを買うなら、日本の正規品なら、安心ですね!

私はサブPCを持っていないのですが、メインのPCは、普通にWindows7です。
毎日のように、10への更新メッセージが届きますが、使えなくなるソフトが出るかもしれないしと、インストールは控えています。

今現在で使えないことがはっきりしているのが「クローバー」というソフトのみですが、余りWindow10は評判が良くないみたいですし…。
Chrome OSも、今度視野に入れてみようかと思ってます。

でも、きっと上級者向けなんだろうな。と思ったりもしますが。(; ・`д・´)

古いノートPCを復活させてくれるアプリ「CloudReady」があれば、ノートPCを捨てないで取っておいた方が勝ち組になるかも知れませんね。
もちろん全部のPCには使えないみたいですが、でも、中古のノートPCがある方は、ぜひお試しを。

立ちあげるのに便利な、こんな無料アプリもありますよー。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. RR290660

    甘い生活[弓月光]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこちら!…

  2. RR103460 (1)

    DEATH NOTE[大場つぐみ]漫画全巻の無料試し読み・ダウン…

  3. KAJI0160

    加治隆介の議[弘兼憲史]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこ…

  4. ホバーボード19

    バックトゥザフューチャーのホバーボードに乗っている姿をレクサスが…

  5. shrine-801609_1280

    意外と知られていない参拝のルール!神社・お寺にお参りするときのル…

  6. gmail

    Gmailに新機能・ブロック機能追加!twitter上では歓迎さ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る