しもやけの原因と対策を知って、冬のスマホ操作を快適に!

ネットで話題

こんにちは、スマホクラブのキヨです。

今週末は日本列島に寒気が居座って、冬らしい寒さが来ています。
この季節になると、毎年「しもやけ」に悩まされる方も多いと思います。
私も子供のころは、よく手足がしもやけになって指が赤く腫れ上がってました。
手の指がしもやけになると、スマホの操作も痛痒くて不快ですね。

しもやけの原因と対策を知って、冬のスマホ操作を快適に!

しもやけの症状は、主に痛痒い、温まるとかゆい。冷えると痛い、腫れて曲げ伸ばしができないなどがあります。
ひび・あかぎれと違って、かゆみがあるのが特徴で、皮膚に亀裂は起きません。

これはつらそうorz

しもやけの原因は、血行不良です。しもやけのできる場所は手足の指や耳たぶ、鼻、頬などで、血の巡りが悪くなるとその部分に栄養が行かず、炎症やうっ血(血がとどこおる)が起き、しもやけの症状が起こるのです。

治りを早くする方法は主に3つ。

1、しもやけの効能がある薬を薬局などで買って塗る。
2、温冷足湯(お湯と水に交互に足をつける足湯)血行を促進し、体の末端を冷えにくくすることができる。
3、ひどい場合は病院に行く。

でも、つらい症状が出る前に予防したいですよね?

それには、日頃から冷やさないようにするのが一番です!
耳当て、手袋、マスクなどで、体の露出した部分を守りましょう。

したままスマホが使えるあったか手袋は必需品ですね!

もう一つは、皮膚をぬれたままにしないことです。
水分が蒸発するときに、一緒に熱が奪われてしまうんです。
汗をかいた後放置するのもよくありません。

私は雪国育ちでしたが、子供のころ長靴に雪が入ると一発でしもやけになってました。
靴下、手袋は濡れたらすぐに取り替えましょう。

それから、血行不良対策
きつめの靴は血行不良を招くので、デザインより機能重視でいきましょう。

あと、筋肉が落ちると血行不良になりやすいので、運動不足の方は意識して体を動かしましょう。とはいえ、汗をかいたままでは逆効果なので、肌に残った水分を拭き取り、早めに着替えましょう。

血行を良くするビタミンEも摂っておいたほうがいいですね。豆製品、たらこ、植物油などに多く含まれています。

豆類のなかでも効率的にビタミンEが摂れるのはアーモンドです。
アーモンドは食品の中でもビタミンEが最も多く(100g中約30mg)含まれています。ビタミンEは活性酸素による細胞や血管の酸化を防ぐ抗酸化作用もあり、老化の予防に役立ちます。他にも悪玉コレステロールの酸化を抑制しして、心臓病や糖尿病の予防に役立つそうです。他に亜鉛、マグネシウム、カリウム、鉄、不溶性食物繊維を含み、腸の働きを活発にして整腸を促します。
ビタミンEの他にもカラダにいい成分がいっぱいですね。20粒程度で成人の1日のビタミンEの必要量が摂れるそうです。

また、たらこは、ビタミンEが100gあたり10.4gと多く、ビタミンB1やB2も多く含まれています。ただし、塩分やコレステロールも多いので、1日30〜50g(1/2腹)が適量だそうです。

色んなものを上手に使って、つらいしもやけからオサラバしましょう!

キヨでした。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。