母天体がハレーすい星のみずがめ座エータ流星群が極大!5月6日は夜空を眺めよう!

あると便利な無料アプリ

おはこんばんにちは、七宝です

ハレーすい星の置き土産!

ゴールデンウイーク真っ只中ですね。

みなさんはイベントや旅行を楽しんでいる頃でしょうか?

昼間のイベントも楽しいですが、夜のイベントも楽しいですよ!
今回は、夜のイベントをご紹介します。

夜のイベントと言えば、天体観測ですね。

明日、5月6日は天体イベントがあるんですよ。
ハレーすい星が母天体のみずがめ座エータ流星群が
観測できるようになるころなんです。

みずがめ座エータ流星群は、4月後半ごろから活動をはじめ
5月初旬ころまで活動をしている流星群です。

みずがめ座エータ流星群の最大活動日は5月6日ですが、
そのころに合わせて流星群も観測できるようになります。

流星群が飛び出してくるポイントを放射点・輻射点と表現しますが、
その輻射点がみずがめ座の方向にあるので、みずがめ座エータ流星群と名付けられています。
そして、みずがめ座エータ流星群の活動が最大になる極大を迎えるのが
明後日5月6日ということになるんです。

今年は、月齢が28.3・下弦の月で
新月に近い三日月なので、観測条件としてはとてもよい年です。
調べてみると、ここ数年で最高に良い観測条件と言われています。

極限時間は、夜が明けた5月6日の朝05時頃ですが
極限日の前後から観測が可能なので、観測のオススメ時間は
6日の0:00~夜明け・6日の前後1日になります。
時間帯を記載しておくと、どちらも日本時間ですが
第一候補が5月6日0:00~夜明けまで
第二候補が5月5日又は7日0:00~夜明けまでになります。

img2

みずがめ座エータ流星群は、どの方向で観測できるのかと言うと
基本的に『住宅地でない・暗い場所ならだいたい観測できます』
が、だいたい東の方角を見つければ、ほぼ確実に流星群も観測できるかと思います。
現在、みずがめ座は東南東よりに位置しているので
輻射点も東南東の方角になります。

1時間に20個のほどの流星群が観測できるので、
実物を肉眼で観測したいですね!

 

上の2つの動画は、2013年のみずがめ座エータ流星群を観測・撮影した動画です。
今年はこれよりも良い観測条件なので
だいたいこんな雰囲気なんだなというのがつかめれば幸いです。

夜中の観測なので、風邪をひかぬように服装をしっかりと着て
マナーを守って観測してくださいね。

 

スマホで天体観測してみませんか?

iPhoneユーザーはこちら
iPhoneアプリランキング上位のスカイ・ガイド – 星図

Androidユーザーはこちら
静かに座って太陽系について学びたい人向けにSolar Walk

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。