閉じる
閉じる
閉じる
  1. ZenFone5 ZE620KLに対応したおすすめの手帳型スマホケース…
  2. Galaxy S9+におすすめのガラスフィルム 液晶保護フィルム特集!…
  3. Galaxy S9+におすすめのスマホケース特集!!S9+の気になるス…
  4. ASUS ZenFone5(ZE620KL)スマホ保護フィルムおすすめ…
  5. Galaxy S9におすすめのガラスフィルム 液晶保護フィルム特集!!…
  6. Galaxy S9に対応したスマホケースおすすめ7選!!気になるスペッ…
  7. 疲れた時に癒してくれる漫画達…独断と偏見で選んだ漫画3選!(よつばと!…
  8. ASUS ZenFone5(ZE620KL)スマホケース・カバーおすす…
  9. Nintendo Switchに対応したおすすめのモバイルバッテリーま…
  10. 春の香り!桜の花の塩漬けで美しい?レアチーズケーキ!混ぜて冷やすだけの…
閉じる

スマホクラブ

お洒落な無線タイプキーボード?タイプライター風Bluetoothキーボード『QWERKYWRITER』が販売開始!

001

 

こんにちは。トレーズです。

無線タイプのBluetoothキーボードで、アナログチックなタイプライター風のキーボードが本販売されましたね。

実は、私は、タイプライターを使ったことがあるんですが、というのも、亡くなった祖母が使っていた物を使わせてもらったんですが、その時には、日本語のボタンで、独特のカチャカチャっという音と、長い文章を打つのには、決して便利な道具ではないんですが、遊びながら使ったことがあります。

インクがしっかりとしていなかったので、文字がかすれて見えなかったり。
引越しの時に捨ててしまいましたが、タイプライターって、アナログなのに、何となく格好良い感じがしますね。

レトロブームにあやかり、値段がちょっとお高めではありますが、買いたいという方も多いのではないでしょうか?

5月31日に販売開始!ということで、どんなキーボードなのかを、簡単にまとめてみました。

タイプライター風Bluetoothキーボード『QWERKYWRITER』が販売開始!

001

フリーウェイは5月31日、QWERKYTOY社のタイプライター風Bluetoothキーボード『QWERKYWRITER』を発売しました。

全国のPC専門店で販売し、想定価格は5万9800円とのことです。
ちょっと調べてみたら、アマゾンで少し安い価格で売ってますね。

『QWERKYWRITER』は、レトロさを感じるタイプライター風外観の83英語配列のBluetoothキーボードです。本体はアルミ素材で高級感を表現し、キートップは円状のフォルム。タイプライターの質感に近いとするCHERRY MXメカニカルスイッチ青軸も採用しています。キーピッチは16mm、キーストロークは4mm。

002

では、どんなキーボードなのかを詳しく見てみると。

まず、本体の左側には、リターンバーが付いていて、PCでのエンターキーと同じように使えるみたいで、事前に登録した文字をショートカットキーとしても使えるみたいですね。

リターンボタン!
これは、私にはかなり懐かしい響きです。

学生時代、父の仕事を手伝っていた時に、ワープロを使っていたんですが、この時にリターンボタンなるものが付いてたように記憶しています。

わざと、レトロ感を残すあたり、なかなか心にくい演出ですね。w

003

他にも、10インチ、幅約12.7mmまでのタブレットのスタンドとして使えるスペースが付いていて、無線規格はBluetooth 3.0、HIDプロファイルに対応。本体の大きさは約328×185×58mm、
内蔵バッテリーで動き、フル充電の状態から約1~3カ月間動作するとのことです。

 

タイプライター繋がりですが、モノカキ向け作業没頭用タイプライターで、「Freewrite」なるものも以前に発売され、話題になっていました。

004

Freewrite の特徴は、電子ペーパーディスプレイを搭載し、クラウドストレージに対応するタイプライターだということ。SNSやメールといった機能は一切そぎ落とし、黙々と執筆に没頭できます。

と、こちらは、商品説明の引用です。

昭和ティストを感じる今回の『QWERKYWRITER』は、2016年5月31日から出荷するとのことで、すでに予約は殺到していたみたいですね。

私は、キーボードに余り拘りはありませんが、今回のキーボードは欲しい!と思いました。
確かに、普段使っているキーボードに比べれば、使い道に困るというか、使えるかどうかは疑問ですが、タイプライターで、キーボードのボタンを押すなんて、格好良いと思いませんか?

1000文字とか文字数を重視する仕事には向かないかも知れませんが、趣味で物書きをするなら、気分だけでも違うと思います。

あの心地よいカチャカチャという音。
もしかしたら、癒しのキーボードになるかも知れませんね。

 

ツイッターでも話題沸騰中!

レトロな感じが良いですよねー。

可愛いかな?(笑)

本物志向かどうかは、使ってみないことにはですが、確かに手は出しづらいですね。

本発売、待ち望んだ方も多かったでしょうね。

ちゃんとデジタル要素も残すのが、憎い演出ですね。

 

アマゾンでも買うことが出来ます。こちら、ちょい安め。

この価格を高いというか安いというかは、好みの差によりますね。

クラシックなタイプライターも売ってるみたいですね。

ヴィンテージタイプのも!

おなじ物でも、楽天では少々お高めの様子です。

Qwerkywriter レトロタイプライター Bluetoothキーボード Enterキーレバー搭載 US配列 QWERKEYWRITER1

価格:69,480円
(2016/5/31 13:34時点)
感想(0件)

それでは、お洒落な無線タイプキーボードでもある、タイプライター風Bluetoothキーボード『QWERKYWRITER』が販売開始となりましたので、簡単にまとめてみました。

販売期間は定かではないですが、予約が殺到していたとのことなので、買う予定の方は、早めに買った方が良いかも?!(*´ω`*)

SPONSORED LINK

関連記事

  1. rudder

    【被災を最小限に食い止めるために】熊本地震まとめ8

  2. H5100024307461

    ALL OUT!![雨瀬シオリ]12巻限定版の無料立ち読みとダウ…

  3. アイキャッチ

    食べログで有名な苫小牧の「弐七食堂」で「ホッキカレー」を食べて怪…

  4. 30677

    愛媛でペットと泊まれる宿、人気ホテルまとめ【四国編】

  5. SN176060

    ポーの一族[萩尾望都]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこち…

  6. アイキャッチ

    その薬の飲み合わせ大丈夫?知っておきたい正しい薬の飲み方とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る