閉じる
閉じる
閉じる
  1. 首掛け扇風機(ポータブルファン)人気おすすめランキング5選[熱中症対策…
  2. Xperia 1(エクスペリア1)SO-03L SOV40おすすめカバ…
  3. スマホ冷却グッズおすすめ10選![ペルチェ素子スマホクーラー/冷却ファ…
  4. HUAWEIスマートウォッチ新型の「HUAWEI WATCH GT」は…
  5. 夏に痩せるための最短フィットネスダイエットアプリ特集。気軽なダイエット…
  6. Amazon Prime Day(アマゾンプライムデー)2019はいつ…
  7. Huawei P30 lite(ファーウェイP30ライト)はSpige…
  8. Xperia 1(エクスペリア1)最新スマホケースのclings(クリ…
  9. OPPO Reno 10x Zoom(リノ10倍ズーム)画面保護フィル…
  10. OPPO Reno 10x Zoom(オッポ リノ10倍ズーム)スマホ…
閉じる

スマホクラブ

【被災を最小限に食い止めるために】熊本地震まとめ8

rudder

こんにちわ、katadsuketaiです。

続きを書きます。

さらに、関東の地震の発生確率を上昇させたのは、
相模湾の海底を走る相模トラフ沿いの
地震について得られた新しい知見です。

有名なのは1923(大正12)年の関東大震災。
相模トラフの地震に関しては、

記録も豊富なこの関東大震災を基準に
考えられることが多かったのです。

ところが東日本大震災をきっかけに、
さらに古い地震についても詳細に
見直すべきではないかということに。

そこであらためて調査が進んだのが、
関東大震災のふたつ前、
1703年の元禄地震です。

これが、調べれば調べるほど、
関東大震災より大きな地震だったとわかってきました。

たとえば、元禄地震では、鎌倉の鶴岡八幡宮まで
津波が到達したという記録があります。

ここは海岸から内陸に2㎞も入ったところで、
関東大震災ではそこまで津波は来ていません。

他には小田原にも津波が来たという
記録があるけれども、関東大震災では来てません。

さらに、当時の交通の大動脈、東海道は
大船近辺から箱根までズタズタになっています。
で、翌年富士山が大噴火しています(宝永大噴火)

つまり、大正の地震よりもさらにひと回り大きな地震が、
関東では起こっていた可能性があるのです。

ならば、次に来る地震を、関東大震災程度と
考えていては甘いのではないか、ということです。

数字が跳ね上がっただけでも驚いてしまう、
この地震の発生確率ですが、

その数字の意味をもう一歩、突き詰めて考えてみれば、
背筋が凍るような感覚がこみあげて来ますね。

 

たとえば、横浜の78%という数字。
これを、あなたはどう感じますか???
想像してみて下さいませ。

もしこれが天気予報の降水確率だったら、どうです??

『今日の午後、雨が降る確率は78%です』

と言われたら、ほとんどの人は
”今日の午後は雨だな”と判断し、傘を持って外出。
それはごく常識的な行動とだと考えます。

ならば、『今後30年間のどこかの時点で、
震度6弱以上の大地震が起こる確率は78%です』

と言われた地域の人々は、
それなら、我々はこれから30年以内に
大地震に遭遇するんだな、と判断しますよね。

仮に平均寿命まで生きるとしても、
現在50歳から下の世代は、ほぼ確実に
巨大地震を経験することになる確率ですよ。

横浜は78%危ないらしいけど、
東京は50%弱だから、関係ない

などと、地域を切離して勝手に考えるのは良くないです。

当然ながら、横浜で震度6弱以上の地震が
発生したときには、東京も相応の揺れに襲われ、
それなりの被害が発生すると考えないと。

端的に言えば、首都圏全体で
巨大地震発生の危険が高まっているのですよ。
脅しではありません。

では首都圏を巨大な直下型地震が襲ったら、
何が起こるのか。

首都直下地震が発生して、多くの人が
都心から自宅を目指せばどうなるのか??

皆が一斉に帰宅を始めると、人命に関わります。

地震発生から10分後には、人が折り重なって倒れる
”群集なだれ”の危険がある場所が現れてしまいます。
”群集なだれ”とは??

一時間に400m以下しか進めない。
1㎡あたり四人未満の密度の場所でも、
一時間に2km程度しか進めない場所があり

しびれを切らせて車道を歩く人たちが出てきて
渋滞に拍車がかかるようになります。

火災や落下物の影響で通行止めも起きて交通が混乱中。
重傷者があちこちにいても、救急車や消防車など
緊急車両が現場にたどり着けずに立ち往生する状況になります。

むやみに帰宅しようとすると、
自分が危険にさらされるだけでなく、

救急や消防の活動を妨げ、
人命を奪う原因になる恐れがあるのです。

3.11時も当然ながら混乱しましたが、
歩道はおおむね1㎡あたり1.5人以下に収まり、
前の人を追い越すことも可能な程度でした。

首都直下地震では1㎡に6人を超える場所も想定されるようです。
3.11時の体験を過信するのは危険なのです。

続きます。

 

【被災を最小限に食い止めるために】熊本地震まとめ7
【被災を最小限に食い止めるために】熊本地震まとめ9

SPONSORED LINK

関連記事

  1. B5100015905161

    さよなら私のクラマー[新川直司]漫画最新刊の無料試し読み・ダウン…

  2. sketch-1478681116963

    お買い物パンダの楽天カード申込み方法や期間はいつまで?

  3. 53188

    大洗でペットと泊まれる宿、人気ホテルまとめ【関東編】

  4. movecustam06

    自動車保険の1等級ダウン事故&ノーカウント事故のまとめ

  5. FBS66260

    ぼくは麻理のなか[押見修造]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロード…

  6. I5100003553161

    姉のおなかをふくらませるのは僕[恩田チロ]漫画最新刊の無料試し読…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る