閉じる
閉じる
閉じる
  1. ナイトプールがインスタ映えすると話題のスポットに!人気のフォトジェニッ…
  2. 2017テニプリバレンタインチョコ獲得ランキング発表!キャラクター缶バ…
  3. Bluetoothスピーカー Amazon/楽天 人気おすすめランキン…
  4. 別の使い方で高評価連発!Amazonで人気の「山善(YAMAZEN) …
  5. 映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」が大人気!ミニオンのおすすめ手帳型ス…
  6. スマートウォッチはダサい!そんなあなたにルイヴィトン(Louis Vu…
  7. 旅行に最適 ミラーレス一眼デジタルカメラ人気おすすめランキング10選
  8. Android One X1スマホケース/カバー Amazon/楽天人…
  9. ダンジョン飯[九井諒子]最新5巻の無料立ち読みとダウンロードはコチラか…
  10. ケーブル選びに失敗しないための「USB Type-C」の選び方!基礎の…
閉じる

スマホクラブ

7年の時を経て「ゼルダの伝説」コミックシリーズが復活!

Bwh8vvsCcAE_eIo

おはこんばんにちは、七宝です

今日はビッグニュースを持ってきました!

待っていたよ、時の勇者

ビッグニュースとは、なんと!

「ゼルダの伝説」コミックシリーズが復活7年ぶりに復活すると言うのです!
著者はもちろん姫川明先生とのこと!

ゼルダの伝説シリーズは、みなさん必ず1作品はプレイしていたのではないでしょうか?

ここだけのお話ですが、私はゼルダシリーズ未プレイです(白目

今では、ニコニコ動画ではTAS動画の定番となっていますね。
注釈:TASとは、TVゲーム等においてエミュレータの機能を用いたタイムアタックを行う事、およびその競技名。
Tool-Assisted Speedrun(ツール・アシステッド・スピードラン)

Tool-Assisted Superplay(ツール・アシステッド・スーパープレイ)の略称である。(ニコニコ大百科より引用)

よく言われているTASさん動画ですね。
投稿者さんの解説もTAS動画の楽しみの一つなので、よかったら見てくださいね。

と、動画の話はこれくらいにしておいて
ゼルダの伝説のおらさいをしておきましょう。

ゼルダの伝説シリーズは、「スーパーマリオシリーズ」、「ドンキーコングシリーズ」の生みの親でもある宮本茂によって生み出されたアクションアドベンチャーゲームで
初作は1986年2月21日に発売された、ゼルダの伝説(ハードはファミリーコンピュータ ディスクシステム)
最新作は2014年8月14日に発売された、ゼルダ無双(ハードはWii U)
(引用元:wikipedia)

そして、姫川明氏がコミック化していたのがゼルダの伝説 時のオカリナでした。
時のオカリナ連載が2000年の小学館の学年誌5年生6年生でした。
その後、2009年のゼルダの伝説 夢幻の砂時計まで
計10冊のゼルダコミックを出版しました。
10年以上経った今でも、ゼルダコミックはアメリカやヨーロッパでも人気があります。

余談ですが、姫川明氏の連載漫画はÖYSTER氏(オイスターと読みます)の連載漫画と並んで、任天堂の公式漫画に指定されています。

少し調べてみたら、ゼルダの伝説シリーズは石ノ森章太郎氏や横山光輝氏・和田慎二氏のアシスタントをしていた蘭丸氏も書いていたんですね。
私は全く知らなかったです。

石ノ森章太郎氏は知ってる方は多いかと思います。
横山光輝氏・和田慎二氏はあまりピンと来ないかもしれませんね。

横山光輝氏・和田慎二氏のお二方の名前でピンときた方は・・・
私と同年代かそれ以上がほぼ確定ですね(ニヤリ)

姫川明氏のオフィシャルサイトではありますが、ゼルダの伝説シリーズの告知などの記載がありますので
見に行ってみてはいかがでしょうか?

姫川明氏のオフィシャルサイト

 

4902370518962

SPONSORED LINK

関連記事

  1. KD406360

    涼風[瀬尾公治]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこちら!ネ…

  2. ICH12360

    あまつき[高山しのぶ]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこち…

  3. D9100010945861

    出会って5秒でバトル[はらわたさいぞう・みやこかしわ]漫画最新刊…

  4. sx171360

    11年ぶりの新作33巻発売!漫画ギャラリーフェイク[細野不二彦]…

  5. J1100014062161

    ワンパンマン[村田雄介]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードはこ…

  6. F2100024072561

    不滅のあなたへ[大今良時]最新3巻の無料立ち読みとダウンロードは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る