閉じる
閉じる
閉じる
  1. 直接コンセントから充電できる!!コンセント付きオススメのモバイルバッテ…
  2. AQUOS sense SH-01K docomo スマホケース/カバ…
  3. Xperia XZ1 Compact衝撃吸収・耐衝撃・衝撃に強い人気で…
  4. プロジェクターを使えば、子供の身支度が早くなる?意外な使い方のまとめ
  5. 便利で人気のケーブル内蔵モバイルバッテリー特集!!失敗しない選び方
  6. 高くても売れるゲーミングPCが、小中学生にも人気の理由は?※まとめ
  7. Xperia XZ1 Compactにオススメ!!貼り直しできる人気の…
  8. Xperia XZ1 Compact対応!! 薄くてシンプルでおしゃれ…
  9. ノイズキャンセリングイヤホン/ヘッドホン 人気おすすめランキング6選
  10. Amazonでおすすめの激安ヘッドフォン!質より値段にこだわる方に!こ…
閉じる

スマホクラブ

iphone xでイヤホンジャックがない時の音楽を聴く方法※まとめ

000

 

こんにちは。
スマクラのトレーズです。

iPhonexが発売されましたね。
待ち望んでいた方も
多分多かったと思います。

iPhonexの売りは
液晶が有機ELに変更されたことと
ホームボタンを撤廃したことですね。

更には、フロントパネルのほぼ全面が
ディスプレイになっているという
非常に先進的なデザインとなっています。

ただ、音楽を聴く時に
一つ問題があります。

それはイヤホンジャックがないこと!

これは他のiPhoneでも
イヤホンジャックがないタイプもあり
新しい悩みではないんですが

どうせなら
新しいスマホでも
音楽を聴きたいですよね?

ということで
iPhonexにイヤホンジャックがなくても
音楽を聴く方法をまとめてみました。

iphone xアプリでイヤホンジャックがない時の音楽を聴く方法

iPhone7で非搭載だったイヤホンジャックは
iPhonexでも非搭載となりました。

今まで使っていた
イヤホンが挿せないという状況に。

ではどうやったら
iPhonexでも
イヤホンを挿せるようになるかというと。

以下に詳しくまとめてみました。

 

●付属の変換アダプタを使ってみる!

Apple(アップル) Lightning 3.5mm ステレオ ヘッドフォンジャック 変換 アダプタ

楽天でもチェックする?

一番簡単な方法は
iPhone付属の変換アダプタを
使う方法です。

というのも
現行のイヤホンジャックが無いiPhoneには
「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」という
変換アダプタが付属しているんだそう。

これがあれば
一応ではありますが
Lightning端子経由で
イヤホンを接続することが可能です。

最初からiPhoneに付属している
アダプタなので
追加で購入する必要はなく
音楽を聴きたいと言う方におすすめです。

また、汎用的な3.5mmの
ヘッドフォンジャックなので
今まで使っていた
イヤホンやヘッドホンを
そのまま使えるのも嬉しいですね。

マイクリモコン付きのイヤホンにも
対応しているので
ハンズフリー通話をしていた方も
安心して使えます。

ただ、デメリットとして
1つしかないLightning端子が
埋まってしまうので

iPhoneを充電しながら
音楽を聴くことなどは出来ないのが
デメリットとも言えます。

ただ、今回発表されたiPhoneXは
無線充電規格『qi』に対応しているので
Lightning端子にイヤホンを
接続しながらの充電も一応可能です。

また大きなデメリットとしては
常に持ち運ぶ必要があることです。

小さいアダプタとは言え
いつもiPhoneと
一緒に持ち運ぶのは不便ですよね?

忘れてしまうと
イヤホンは挿せないですし
失くしてしまったら
900円くらいで際購入することになります。

単価が安いとはいえ
やはり持ち運ぶ時の
デメリットは大きいですね。

 

●付属のEarpodsを使ってみる!

Langsdom 高音質イヤホン EarPods型 重低音 ステレオ スマホ iphone/android マイク付き

iPhoneにはイヤホンが1つ
付属しています。

こちらはご存知の方も
多いと思います。

特徴的な楕円状の形をした
「Earpods」と呼ばれるもので
「iPhone付属のイヤホン」として
良く知られている物の一つです。

こちらも最初から
iPhoneに付属しているアダプタなので
追加購入などは
必要ありません。

とりあえず
音楽を聴きたい方にはおすすめですね。

イヤホンを直接iPhoneに挿せるので
アダプタを持ち歩く必要がありません。

持ち物もiPhoneとイヤホンだけでOK!

ただ、こちらにも
デメリットがあり
まずiPhone(ios端末)以外では
使えないという欠点があります。

iPhoneやiPadなど
Lightning端子が搭載されている
端末でしか使えないんですね。

普段は問題ないのですが
外出先でノートPCなどに
接続する必要がある時には
不便と言えます。

また、インナーイヤータイプと比べると
遮音性が低いという
デメリットもあります。

耳の奥にぐいっと挿し込む
「カナル型」と違い
「インナーイヤー型」は

着け心地は良いのですが
軽い装着感で着けられる反面
遮音性が低いため
周りの音が聞こえたりします。

大きな音量で
音楽を聴いていると
音が周りに漏れてしまうという
デメリットもあるんですね。

そして、最大のデメリットは
今まで使っていた
イヤホンが使えないということです。

付属のイヤホンを使うことになるので
今まで使っていたイヤホンや
ヘッドホンなどが使えなくなります。

お気に入りのイヤホンとか
あった場合には
少し寂しいことになるかも知れません。

 

●Lightning対応のイヤホンを購入してみる!

RADIUS(ラディウス) コントローラー搭載 Lightningコネクタイヤホン HP-NHL11R

楽天でもチェックする?

Lightning端子に
元から対応している
イヤホンを使う方法もあります。

iPhoneに付属する
Earpodsの他にも
Lightning端子を搭載している
イヤホンがあるんですね。

イヤホンを直接iPhoneに挿せるので
アダプタも要りません。

Lightning端子を搭載した
イヤホンの中には
高音質な規格「ハイレゾ」に対応している
モデルもあります。

音楽データを処理する
「DAC」というパーツが
ハイレゾに対応しているため

専用のプレイヤーアプリなどを
使用した際に
より高音質な音楽を聴くことが
可能となっているんですね。

ちょっとお値段は高いですが
高品質な音楽を
スマホで聴きたいなら
持っておきたいですね。

ただ、こちらにも
やはりデメリットは存在します。

たとえば
PhoneやiPadなど
Lightning端子が搭載されている端末でしか
使うことが出来ないんですね。

また、今まで使っていた
イヤホンやヘッドフォンは
使えなくなります

イヤホンを別に購入する必要があるので
機種代とは別に
費用がかかってしまいます。

Lightning対応イヤホンは
Appleのライセンスを取る必要があり
価格も比較的高価になります。

予算に余裕が無い場合だと
ちょっと辛いかも知れませんね。

 

●Lightning対応のポータブルアンプを購入してみる!

radius ヘッドホンアンプ・DAC Ne AL-LCH81K

楽天でもチェックする?

実は、Lightning端子に挿せるオーディオ機器は
イヤホンだけではないんですね。

ポータブルアンプと呼ばれる
音をより良く再生するための装置があり
そちらの中には
Lightning端子に対応しているモデルがあるんです。

これのメリットは
いままでのイヤホンが使えることが
大きなメリットです。

Lightning端子を搭載した
ポータブルアンプの中にも
高音質な規格「ハイレゾ」に対応している
モデルがあり

専用のプレイヤーアプリなどを使用した際
より高音質で
音楽を聴くことが可能となってるんですね。

ただ、性能が高い分
付属の小さなアダプタと比べると
サイズが大きくなってしまうのが
デメリットです。

また、1つしかないLightning端子が
埋まってしまうので
iPhoneを充電しながら
音楽を聴くことが出来ないんですね。

とはいえ、こちらも
iPhone8、iPhoneXは
無線充電規格『qi』に対応しているので

イヤホンに接続しながらの
充電も可能となってます。

こちらはデメリットと
呼べないかも知れません。

そして、iPhone以外では
使えない点と
追加で購入しないといけないのは
デメリットですね。

また、アダプタを
常に持ち歩かないと行けないのも
これまたデメリットと
呼べると思います。

 

●ワイヤレスイヤホンを購入してみる!

TaoTronics Bluetooth イヤホン 4.0 超小型ワイヤレスステレオヘッドセット

楽天でもチェックする?

ワイヤレスイヤホンの
メリットは
何と言っても
ケーブルがないことでしょう。

ヘッドフォンジャックアダプタを
持ち歩く必要もなく
音楽を聴きながらの
充電も可能となってます。

Lightning端子を使用しないので
Lightningケーブルを接続して
充電しながらの音楽再生が
可能なんですね。

また、Bluetoothは
汎用的な規格なので
iPhone以外のスマートフォンやPCなど
対応している機器であれば

そのまま使うことが出来るのも
メリットと言えると思います。

ただこちらにも
やはりというか
デメリットがあります。

それは有線接続と比べ
音質が劣化することと
使用するためには
充電が必要になることです。

そしてこちらも
追加で購入する必要があるため
お金が別途かかります。

とは言え
最近のBluetoothイヤホンは
かなり価格が安い物もあるため
そんなに負担にはならないと思います。

それでは

iphone xでイヤホンジャックがない時の音楽を聴く方法※まとめ

ということで
簡単にまとめてみました。

iPhonexなどで
音楽を聴く方法として
参考になりましたら幸いです。(*´ω`*)

 

関連記事はこちらから。
iPhone 8とiPhone Xどちらを買いますか? 違いや共通点を簡単に解説
iPhone Xの顔認証機能「Face ID」でスマホのロック解除は危険?!アニ文字とは?

SPONSORED LINK

関連記事

  1. ez2-lcd043b_2

    iPhone7ブルーライトカット保護フィルムおすすめ7選

  2. iphone6s_eyecatch

    iPhoneバッテリー問題!!いち早く対処するには?【保存版】

  3. bt-ephone2

    iPhone7用ウォーキングの時におすすめなワイヤレスイヤホン3…

  4. Apple iPhone 6s

    iPhone6s「実質0円」にドコモがMNPで3社の料金プラ…

  5. 0910

    iPhoneユーザーは注意!iOS9の「Wi-Fiアシスト」機能…

  6. AC-USB充電器

    iPhone6かっこいい人気急速充電器おすすめ8選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る