朗報!LINEの自作スタンプの審査時間が短くなった!焦らしタイムが短くなったぞ!

Line スタンプ おすすめ

おはこんばんにちは、七宝です

ヤッタぞ!

今までLINEスタンプを作って審査を受けたことのある方はたくさんいるのではないでしょうか?

そして、その審査がとんでもなく長い!結果はまだか!結果はよ!なんて焦らしプレイを受けていた方も多いのではないでしょうか?

かなり焦らしプレイを受けていた人達が多かったのがわかりますね。

今度はその焦らしプレイが、最短1日・平均5日で終わるとのこと!

ここまで焦らしプレイが続いていた理由は、クリエイターズスタンプサービス開始直後からの反響の大きさと
膨大なスタンプ申請数がきたことにありました。

3人で洋服の仕分けをしていて、いきなり段ボール20箱分の仕分けされていない洋服をどさどさ運び込まれたら、仕分けに時間がかかりますよね
それがスタンプ審査スタッフ側で起きていたと言うワケです。

そのアップアップ状態を解消するために、LINEは審査スタッフの数を7倍に増やし、
システム面などの改修を行うなどのカバー策も同時に行ったとのこと。

この成果が、今回の審査時間の大幅短縮となったわけです。

クリエイターズスタンプの審査時間大幅短縮が実現されたと言うことは、
当然、ショップ側も新商品が続々入荷されていきます。

そうすると、今度は数が多すぎて展示が見辛くなりますね
それを解消するために、LINEショップもリニューアル!

現在、LINEクリエイターズマーケットには1日500~1000セットのスタンプが販売されているとのこと。
そうすると、スタンプが埋もれて探しにくくなると言う懸念を払拭するためにメニューを変更したとのこと。

早速見てみましょう

IMG_3768 スタンプショップを開いてみると人気クリエイターズスタンプ項目が増えていますね

IMG_3769 上部にあるイベントメニューをタップしてみると、カテゴリーが増えています。

IMG_3770 カテゴリーをタップすると、クリエイターズメニューが追加されているのがわかりますね

IMG_3771 クリエイターズメニューを選択するとジャンル別に分かれていますね

IMG_3772 いろいろなジャンルに分かれているので、スタンプを探すのが楽しくなっちゃいますね。

新規スタンプを申請して数日中に審査中になった方のツイートが流れていますね

クリエイターズスタンプは2014年5月に販売スタート。
登録クリエイター数は累計43万人・販売中のスタンプは14万セットを突破。
SNSやサイトを見ていても、スタンプ販売開始告知が結構流れてきますね

クリエイターには、販売額からApp Store/Googleなどの手数料(30%)を引いたうち約50%が分配される。
自分のイラストをスタンプにして、おこずかいを稼ぐような感じですね。


ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。