閉じる
閉じる
閉じる
  1. iPhone XR(アイフォンXR)画面保護フィルムおすすめ最新人気1…
  2. iPhone XR(アイフォンXR)スマホカバーケースおすすめ最新人気…
  3. Galaxy A30(ギャラクシーA30)SCV43ケース・カバーおす…
  4. arrows U(アローズU)画面保護フィルムおすすめ最新人気10選[…
  5. arrows U(アローズU)スマホカバーケースおすすめ最新人気10選…
  6. Google Pixel 3a(グーグルピクセル3a)ケース・カバーお…
  7. arrows Be3 F-02L(アローズBe3)画面保護フィルムおす…
  8. arrows Be3 F-02L(アローズBe3)スマホカバーケースお…
  9. Huawei P30(ファーウェイP30)画面保護フィルムおすすめ最新…
  10. Xperia Ace(エクスペリアエース)SO-02Lケース・カバーお…
閉じる

スマホクラブ

Androidにオススメの急速充電器とケーブルはどれ?【2019最新版まとめ】

android_charger

AndroidスマホやAndroidタブレットの必須アイテム。
Android充電器&ケーブルのオススメまとめを書きました。

こんにちは、ふじたせいぎです。
スマホに必要不可欠なアイテムといえば、
それはケースでもフィルムでもなく、
まずは充電器と充電ケーブルです。

だいたい新しくスマホを買うと、
付属の充電器やケーブルが入っていますが、
実はそれだと十分な性能を発揮できない物も多いです。

例えばiPhone Xが発売されたときには、
iPhone XはUSB PD対応して高速な充電が可能なんですが、
その付属の純正充電器ではパワーが足りずに
最大スペックでの高速充電ができない、
といったようなボトルネックがあったりしました。

なのでその充電性能をフルに発揮したかった場合、
自分で別の充電器を買う必要がありました。
これはAndroidスマホでも同様なパターンがあります。

また他にも、
長年使ってきた充電器がヘタってきた・・・
今使っている充電器だと充電が遅い・・・
ケーブルが切れて充電できなくなった・・・
最新の高性能充電器に買い替えたい・・・
それぞれいろんな悩みもあると思います。

今から4年くらい前に書いた、
Androidの充電器とケーブルのおすすめ記事があるんですが、
おかげさまで今でもいろんな方に読んで頂けているようです。

Androidにもオススメの充電器とケーブルってどれなの?

最新情報に合わせて内容の追記修正・更新はしていましたが、
そろそろ全部別に書き直そうかと思いまして・・・
というわけで改めまして再作成しました。

Androidスマホ利用者はもちろんですが、
iPhoneユーザーでも役に立つ充電器まわりの情報を、
まとめてご案内させていただきます。

◆充電モードの種類について

大きく分けるとAC充電(急速充電)モードと、USB給電モードの2つ。
そして更に急速充電の規格・種類が乱立して分類されます。
もっとも多くてややこしいのがQualcomm Quick Charge(クアルコム・クイックチャージ)

Wikipedia引用
Quick Charge (クイックチャージ)とは、米国 Qualcomm 社が策定した急速充電規格であり、通常のUSB充電に比べ高速に充電ができる。

競合する急速充電規格としては、台湾 MediaTMediaTek 社の Pump Express や中国 OnePlus 社の Dash Charge、またはモトローラ社の TurboPower などが挙げられる。

米 Google は、業界標準となっている USB Power Delivery の互換性を損なうものとして Quick Charge などの急速充電技術の排除に乗り出している。

2016年11月17日、Qualcomm は、5分の充電で5時間以上スマートフォンを使用できるという急速充電技術、Quick Charge 4 を発表した。Quick Charge 4 では、USB Type-C と USB Power Delivery に対応することにより、USB Power Delivery のスーパーセットと位置づけることができるようになる。

USB Power DeliveryのスーパーセットとなったQuick Charge 4の充電器は下位互換性が無く、 Quick Charge 1.0から3.0までに対応した端末に対しては通常のUSB充電となる。Quick Charge 4+では従来のQuick Charge 3.0までの端末にも対応するが、USBの規格に反する。

と、調べてみても非常にややこしいです。
単純に数字が大きいほうが高速で高性能なんですが、
対応機種の互換性が複雑で覚えにくいです。
環境が対応していないと、逆に充電が遅くなる可能性もあります。

今の最新スマホ事情的には、
GoogleがQuick Charge排除の動きをしていて、
充電規格はUSB-PDに移行しているようです。

iPhoneやMacBookなどもUSB-PD対応なので、
このまま整理、規格統一されて行きそうです。

※急速充電の主な種類

・Quick Charge 1.0(クイックチャージ)
・Quick Charge 2.0(クイックチャージ2)
・Quick Charge 3.0(クイックチャージ3)
・Quick Charge 4(クイックチャージ4)
・USB PowerDelivery(USB PD)

他にも海外メーカーの独自規格があったりするんですが、
海外のマイナーな独自規格などですから除外しました。

ちなみにクイックチャージでは、
充電専用ケーブルでは高速充電ができません。
データ転送対応の充電ケーブルが必要になります。

また、スマホ側でも対応している必要があって、
非対応の端末に使っても逆に充電が遅くなってしまいます。

これらの高速充電は、
スマホ本体、充電器、充電ケーブルの3つが、
すべてその規格に対応して始めて使うことができるんです。

高速充電ができない場合の充電では、
USB給電モードになってしまいます。

USB給電モードは、主にパソコンに接続しているときなどの充電モードです。
AC充電モード(急速充電モード)に比べて
USB給電モードは充電速度がかなり遅くなります。

自宅のコンセントに差している場合は、
このAC充電モード(高速充電)になっていないと意味がありません。

確認方法はAndroid OSのバージョンによっては、
設定画面からバッテリーの状態を見れば確認できると思います。
(電源管理などの項目)

機種やAndroidのバージョンによっては
通常の「バッテリー」や「電源管理」画面では
状態を確認できない場合もありますが、
その場合はシステム管理アプリや
バッテリー管理アプリをインストールすると確認することができます。

バッテリーHD – Battery

USB-PDの場合は両端がUSB Type-Cのケーブルか、または、
MFi認証のあるUSB-C to Lightningケーブル※が必要です。

※USB-C to Lightningケーブルとは、
片方がUSB Type-Cでもう片方がLightningになっているケーブルです。
対応している正式な製品はApple純正かAnker製くらいしか今の所ありません。

今後はUSB-PD準拠の充電規格が世界標準になっていくと思われます。

◆Androidスマホの充電ケーブルについて

Androidスマホの充電ケーブルの形状に使われている規格は、
現在ではUSB Type-C(タイプC)ケーブルが主流になっていますが、
Micro USB(マイクロUSB)ケーブルも、
旧来品や安価なエントリーモデルでまだまだ現役で使われています。

最近ではAppleのiPadProがUSB Type-Cに切り替わりましたので、
今後の最新iPhoneもUSB Type-Cに切り替わることが予測されます。
(iPhone XSはまだLightningでしたが・・・)

Androidスマホの購入時に付属している充電器とケーブルでは、
十分な性能ではないものが入っているものも多いです。
そもそも充電ケーブルが入っていないスマホもあります。
ですから、端末購入時に一緒にケーブルを買っておかないと、
家に帰ってから満足に充電できないような可能性もあります。

特にこれからAndroidスマホを買おうと思っている方は、
付属ケーブルがあるか、なども事前にチェックしておきましょう。

ですがたとえ付属品ケーブルがあったとしても、
やっぱり自分で充電器やケーブルは用意しておいたほうがおすすめです。

◆充電ケーブルは消耗品です!

物持ちが良いのは良いことなんですが、
それでもケーブルは繰り返し使うことで劣化していくものです。
耐久性の高いものではありますが、壊れるときはアッサリ壊れます。
壊れたケーブルはすぐに取り替えましょう。
断線、接触不良、コネクタ部分や差込口などに違和感を感じたら、
火災などの最悪な事故の元にもなります。
今ならそんなに高くない金額で、
セットで買える高品質な充電ケーブルはたくさんあります。
ケチった結果に、大事故にならないように・・・!

◆充電器(電源アダプタ)を選ぶときは

一番大事な部分かもしれない充電器本体。
コンセントに挿して、充電ケーブルとスマホを繋いで充電する心臓部。

このアダプタの出力が最大2.4A(アンペア)以上あると、
iPadなどの大型タブレットの充電にも使えます。
基本的にアンペアが大きい方がたくさん充電できるし速いです。

また、モバイルバッテリー(持ち充電器)もだいたい同じですが、
そちらはバッテリー容量のmAh(ミリアンペアアワー)が多いほど、
たくさん充電できますがその分、重量も重くなります。

◆オススメの充電ケーブルと充電器を独断と偏見でセレクト

以上のことを考慮して
サクッと高品質な充電器とケーブルに買い換えることを推奨します。
安く済ませたいなら100均の充電器やケーブルも使えないことはないんですが、
やっぱり充電速度はかなり遅いですね。

なので性能、価格などから最適のおすすめ充電器とケーブルを、
僕が改めて選択しました。
ぜひ参考に、というかこれ使って幸せになってほしいです。

◆Androidのおすすめ充電ケーブル(USB Type-C)

現在の主流となったUSB Type-Cの充電ケーブル。
裏表の無い使いやすい形状で便利だし、
環境が揃えば非常に高速に充電できるのが魅力。

Anker PowerLine II USB-C & USB-A 3.1(Gen2) ケーブル(0.9m ブラック)【USB-IF認証取得/超高耐久】

丈夫、高品質なAnkerのケーブルです。
USB-IF認証取得済みの正式なUSB Type-C規格準拠の製品。
安い変なもの買わずにこれを買っておきましょう。

エレコム USB-Cケーブル C-C 1m USB3.1Gen2 認証品 PD対応 5A出力 ブラック USB3-CC5P10NBK

両端がUSB Type-Cの場合は、
このエレコム製のケーブルが最適です。
こちらも正式にUSB-PDに対応している数少ないケーブル。

◆Androidのおすすめ充電ケーブル(Micro USB)

こちらはMicroUSBの充電ケーブルです。
現在でもこの規格もまだまだ現役。

【3本セット】Anker PowerLine Micro USB ケーブル 【急速充電・高速データ転送対応】Galaxy Xperia Android各種 その他USB機器対応 (0.9m×3)

シンプルですが高品質。
AnkerのMicro USBケーブル。
セット販売品だと単価も安くて予備にもオススメ。

Anker PowerLine+ Micro USBケーブル【2重編込の高耐久ナイロン素材 / フェルト製ポーチ / 急速充電 / 高速データ通信対応】 Xperia、Nexus、Samsung、Android 各種、その他USB機器対応 (0.9m レッド)

こちらもAnkerのMicro USBケーブルですが、
丈夫なナイロン編み構造でケーブルを保護しています。
断線など高耐久性で強いです。

◆Androidのおすすめ充電器(電源アダプタ)

充電器はAnkerRAVPowerの製品買っとけばだいたい正解です。
高品質なうえにサポートも丁寧なので信頼しています。
そのなかで用途別にオススメを数点選びました。

Anker PowerPort mini(12W 2ポート USB急速充電器)【PSE認証済/折りたたみ式プラグ/PowerIQ/超コンパクトサイズ 】iPhone&Android対応

軽量小型・折りたたみプラグ式で、
非常にコンパクト高品質なAnkerの充電器。
12Wの2ポートタイプなので、
2A充電が必要なタブレットなどは少々パワー不足ですが、
スマホ充電ならバッチリです。
出張等の持ち運びにもかさ張らないので便利。

Anker 24W 2ポート USB急速充電器 【PSE認証済 / 急速充電 / 折たたみ式プラグ搭載】iPhone、iPad、Android各種対応 (ホワイト)

こちらは本体サイズが上のものより少し大きくなりますが、
その分、出力は24Wと2倍なので、
2A端末の2台同時充電でも問題ありません。
全体的にこちらのほうがパワーはあります。
より高速充電したければこちらを。

RAVPower USB 充電器 [4ポート/40W/折り畳み式プラグ/急速充電] AC アダプター iPhone/iPad/Android その他のUSB機器対応 RP-PC026 ホワイト

こちらはRAVPowerの4ポート充電器。
昔からおすすめしているお気に入りの製品のひとつ。
Anker並の高品質なメーカーなのでオススメ。
バランスの良い充電器です。

RAVPower USB充電器 (60W 6ポート) USB コンセント 急速 iPhone/iPad/Android 等対応 PSE認証 RP-PC028(ホワイト)

同じくRAVPowerのこちらは6ポート充電器。
これだけあれば複数台スマホを所有していても
いっぺんに充電できますよね。
また、卓上型なので手元においておけるのも便利。

Anker PowerPort ll PD – 1 PD and 1 PowerIQ 2.0 (48W 2ポートUSB-A & USB-C 急速充電器)【PSE認証済/PowerIQ 2.0搭載 / PD対応/折りたたみ式プラグ搭載 】iPhone XS/XS Max/XR / 8 / 8 Plus、Galaxy S9 / S9+、Xperia XZ1、MacBook他対応(ブラック)

こちらはUSB-PD対応の充電器。
USB-PDで充電したい場合は、
両側USB Type-Cのケーブルまたは
USB-C to Lightningケーブルが必要です。
スマホで無理に使う必要はないかもしれませんが、
対応環境で使えばとても高速な充電が可能。

◆Androidのおすすめ持ち充電器(モバイルバッテリー)

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) 【PSE認証済/PowerIQ搭載】iPhone&Android対応 *2019年3月時点(ブラック)

シンプル大容量な10000mAhのモバイルバッテリー。
通常用途なら十分過ぎる性能・容量です。
一般的なモバイルバッテリーならこれでいい。
いや、これがいい!

RAVPower モバイルバッテリー 充電器 6700mAh 急速充電 【USB 2ポート 最大5V/3A 軽量 折畳式プラグ 菱&丸PSE認証済】 iPhone iPad Android等対応 RP-PB125 (ホワイト)

こちらはRAVPowerのハイブリッド充電器。
何がハイブリッドなのかというと、
コンセント差しの充電器と、
持ち充電器(モバイルバッテリー)が合体しているんです。

本体そのものがモバイルバッテリーになっているので、
スマホを充電しながらモバイルバッテリーも同時に充電できて、
さらにそのまま一緒に持ち出して外出すれば、
いつでも満タンのモバイルバッテリーとして使えます。
モバイルバッテリー充電器がこれ一つで完結します。

◆Androidのおすすめワイヤレス充電器

今ではiPhoneもQiに対応したので
ワイヤレス充電も当たり前になりつつあります。
ワイヤレス充電器はケーブル充電器には速度は敵わないですが、
無線ならではの開放感が非常に便利です。
平らに置くタイプと、立て掛けるタイプが主流ですが、
個人的には立て掛けるタイプをオススメします。
置く場所がズレると充電出来ていない場合があるので、
立て掛けるタイプのほうが安定するんです。

Anker PowerWave 7.5 Stand (5W / 7.5W / 10W Qi ワイヤレス急速充電器) iPhone XS / XS Max / XR / X / 8 / 8 Plus、Galaxy S9 / S9+ / S8 / S8+、その他Qi対応機種 各種対応

というわけでコレが大安定です。

純粋に対応しているスマホだとまだ対応機種は限られますが、
非対応機種をワイヤレス充電に対応させるケースなどを組み合わせれば
擬似的にワイヤレス充電を利用できます。
iPhoneでは「iPhone X」「iPhone 8」以降は
正式にワイヤレス充電に対応しています。

ワイヤレス充電器については別記事もあります

スマホでQi(チー)ワイヤレス充電器おすすめランキング8選![アンドロイド/アイフォン対応]

◆Androidのおすすめカーチャージャー(シガーソケット充電器)

自動車のシガーソケットで使える充電器。
車に乗る人は一個あると移動中に何かと便利です。

RAVPower カーチャージャー USB 車載充電器 [2ポート/24W/12V・24V車/急速充電] iPhone/iPad/Android/IQOS 等対応 RP-VC006 (シルバー)

RAVPowerのカーチャージャーは小型でとっても使いやすいです。
ドライバーの方は一個車内においておくと便利。

◆Androidの充電器とケーブル・まとめ

てなわけで、Androidのおすすめ充電器&ケーブルから、
大安定のオススメ製品を紹介させて頂きました。
Androidにオススメとしていますが、
充電器はiPhoneでもバッチリ使えますのでご参考にどうぞ。

充電が遅いと感じていたり、
以前より遅くなったと感じていたり、
新しい充電器で良いのが無いかと迷っている方は、
サクッと買い換えてみてはいかがでしょう?

僕もこれまでにいろいろと買い換えてきましたが、
特にAndroidの充電ケーブルはスマホとの相性が大切になります。
僕の愛用各種スマホ&タブレットを使い倒していくには、
これらがベストな選択だと今でも自信をもって言えます。

100均のケーブルは安くて手軽ですが、
使っても充電速度は遅いですし、
耐久性も低くすぐに断線したりと、
あくまでも間に合わせ品だと思っています。
ストレスなくスマホライフを過ごすなら、
やっぱり充電環境は徹底的にこだわりましょう!
この記事が新たにみんなの参考になったら嬉しいです。

それではこのへんで!
☆。.:*:・’゜ヽ( ´ー`)ノ まったね~♪

無料セミナー動画プレゼント中です!

メルマガやってます。
お金を稼ぐための新しい世界を知ることができるかも・・・?
気になる方はぜひ登録してみてください♪
無料プレゼントの受取はこちらをクリック
無料プレゼントのお知らせ

 

Anker PowerLine II USB-C & USB-A 3.1(Gen2) ケーブル(0.9m ブラック)【USB-IF認証取得/超高耐久】

エレコム USB-Cケーブル C-C 1m USB3.1Gen2 認証品 PD対応 5A出力 ブラック USB3-CC5P10NBK

Anker PowerLine Micro USB ケーブル

Anker PowerLine+ Micro USBケーブル

Anker PowerPort mini(12W 2ポート USB急速充電器)【PSE認証済/折りたたみ式プラグ/PowerIQ/超コンパクトサイズ 】iPhone&Android対応

Anker 24W 2ポート USB急速充電器 【PSE認証済 / 急速充電 / 折たたみ式プラグ搭載】iPhone、iPad、Android各種対応 (ホワイト)

RAVPower USB 充電器 [4ポート/40W/折り畳み式プラグ/急速充電] AC アダプター iPhone/iPad/Android その他のUSB機器対応 RP-PC026 ホワイト

RAVPower USB充電器 (60W 6ポート) USB コンセント 急速 iPhone/iPad/Android 等対応 PSE認証 RP-PC028(ホワイト)

Anker PowerPort ll PD – 1 PD and 1 PowerIQ 2.0 (48W 2ポートUSB-A & USB-C 急速充電器)【PSE認証済/PowerIQ 2.0搭載 / PD対応/折りたたみ式プラグ搭載 】iPhone XS/XS Max/XR / 8 / 8 Plus、Galaxy S9 / S9+、Xperia XZ1、MacBook他対応(ブラック)

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) 【PSE認証済/PowerIQ搭載】iPhone&Android対応 *2019年3月時点(ブラック)

RAVPower モバイルバッテリー 充電器 6700mAh 急速充電 【USB 2ポート 最大5V/3A 軽量 折畳式プラグ 菱&丸PSE認証済】 iPhone iPad Android等対応 RP-PB125 (ホワイト)

Anker PowerWave 7.5 Stand (5W / 7.5W / 10W Qi ワイヤレス急速充電器) iPhone XS / XS Max / XR / X / 8 / 8 Plus、Galaxy S9 / S9+ / S8 / S8+、その他Qi対応機種 各種対応

RAVPower カーチャージャー USB 車載充電器 [2ポート/24W/12V・24V車/急速充電] iPhone/iPad/Android/IQOS 等対応 RP-VC006 (シルバー)

無料セミナー動画プレゼント中です!

メルマガやってます。
お金を稼ぐための新しい世界を知ることができるかも・・・?
気になる方はぜひ登録してみてください♪
無料プレゼントの受取はこちらをクリック
無料プレゼントのお知らせ

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 000

    スマホと一緒に持てる!ビジネスや趣味で!持ち運びに便利なモバイル…

  2. IMG_1119

    スマートフォンでやってはいけない充電の仕方!バッテリーの寿命を縮…

  3. lifestyle002-1_img_mainvisual_01

    スマホ充電も可能な防災関連グッズ6選

  4. 71DkXRYmoxL._SL1500_

    iPhone/Androidを同時充電可能なおすすめ充電ケーブ…

  5. %e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bccapture

    Anker PowerCore 20100 スマホに絶対必要!今…

  6. usb type c

    USB Type Cの充電器+ケーブルのオススメ製品はどれなのか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る