閉じる
閉じる
閉じる
  1. 漫画テラフォーマーズ[貴家悠]最新刊をスマホで無料立ち読み!映画アニメ…
  2. おしゃれなジュエリーボックスブランド「Amazon」ランキング※5選
  3. 僕たちがやりました[原作:金城宗幸 漫画:荒木光]最新刊7巻は電子書籍…
  4. 人気のレディース福袋が予約受付開始!楽天市場でおすすめのブランドはこれ…
  5. 成宮寛貴が芸能界引退を発表!twitterでは怒りと悲しみと引退を惜し…
  6. マギ[大高忍]最新31巻は電子書籍で無料立ち読みできるのか?
  7. au URBANO(アルバーノ)V03用スマホカバーケースおすすめ10…
  8. 最新刊登場!漫画 応天の門[灰原薬]をスマホで無料立ち読みする方法
  9. 本格的なテニス漫画ベイビーステップ[勝木光]は無料立ち読みできるのか?…
  10. 映画アニメ化で話題!漫画3月のライオン[羽海野チカ]最新刊をスマホで無…
閉じる

スマホクラブ

3月1日はスーパーチューズデー!トランプ氏vsクリントン氏のアメリカ大統領選挙の構図は本当に成り立つのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
trump-clinton-split

こんばんは、ゆこです。

いよいよアメリカスーパーチューズデーへと突入しますね!

 

まだtwitterではトレンド入りは見受けられませんが

少しずつ盛り上がりを見せているようですよ?

ドナルド・トランプ共和党指名はありえるのか?今晩から突入するスーパーチューズデーに目が離せない!?

 

立候補当初は泡沫候補と見られていたドナルド・トランプは3つの州で圧勝しました。

正直、ドナルド・トランプが立候補を表明した時点では考えられなかったことです。

もしかしたら、アメリカ大統領選挙に詳しい方ほど驚かれているのかもしれません。

 

アメリカ大統領選挙に関しては、過去に記事にさせていただきましたが……

過去記事:アメリカ大統領選挙に出馬した泡沫候補の公約がすごすぎる!不動産王トランプ氏もびっくりの内容とは?

 

ドナルド・トランプの立ち位置って、どちらかといえば過去に記事にしたヴァーミン・ラブ・サプリームに近い気がしていました。

811-1-Q1VvYTNJS1VFQUFCeXRqLnBuZw

でも、共和党から立候補するんだな~と不思議には思っていたのです。

そして、ここまで勝ち進むことができるのかと。

 

とはいえ、共和党候補者のなかで、今ひとつ飛びぬけた強い候補者を感じませんでしたので、この結果は当然なのかとも思えます。

 

これは本当にヒラリー・クリントンとの対決が見られるのかも?

それを危惧したり、心待ちにしているらしい声が、ツイッターでは現れ始めています。

イオン系列のスーパー開催される火曜市にひっかけて

「スーパーチューズデー」ツイートされる方も多いようです。

 

なるほど、ちょっとウケました^^
民主党の公認候補として、もっとも指名が高いと思われたヒラリー・クリントン

若年層に強い支持を持つバーニー・サンダースに若干押されている感が報道などで見受けられましたが、サンダースの勢いがさほど強くないところを見ると、民主党ヒラリー・クリントンを指名ほぼ決まりではないか…という感じもありますね。

 

一方のドナルド・トランプは共和党候補者を蹴散らすほどの勢いでばく進している様子。

 

ジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事は今年2月20日には候補者から降りてしまいましたし、残る共和党候補者の勢いがイマイチパッとしないところを見ると、勢いで押し切られてしまうのは想像に難くないですよね。

 

ですが、ドナルド・トランプvsヒラリー・クリントンの対決をおもしろがるのもいいですが……

実はトランプクリントンの両名とも、どちらが大統領になったとしても、日本にとっては不利になるという話も出ています。

 

ひとつはドナルド・トランプの強硬姿勢です。

財界の成功者であり、利益団体からの選挙資金を受け取らないドナルド・トランプは、自身の豊富な資金にプラス、有名な大富豪からのバックアップなどで大統領選を続けています。

アメリカ大統領選挙は日本円にして何千億円という大金がかかるため、誰もが資金援助で成り立たせるのですが、トランプは一切援助を受け取らない。

財界人としての輝かしい経歴、豊富な資金力と強硬な姿勢をメディア戦略を通じて見せることで、誰にも屈しない「強いアメリカ人リーダー」を演じているようにも見受けられます。

 

さすがにフランシスコ第266代ローマ教皇にガツンと言われたときは少しおとなしくなったかに見えましたが、その後のトランプの発言はさして変化がありませんでした。

 

そんなメディア戦略に長け、強いアメリカの理想のリーダー像を演じることで支持を集めているドナルド・トランプが、大統領になったとたんに元の「メディアの扱いがうまい不動産王」に戻るはずがないのです。

 

支持を集めたときのままの姿勢で日本に対して強硬な物言いをすることは容易に想像できます。

その発言を世界中のマスメディアを利用して告げられたら、日本政府はどう出られるのでしょうか?

おそらく、なす術もないのではないかと思われます。

 

そして、また日本人が弱い日本にガッカリするだけです。

 

また一方のヒラリー・クリントン

実はクリントンは現在、同党のバーニー・サンダースそっちのけで対トランプ攻略を行っていると言われているそうです。

つまり、すでに指名をもらえるという強い確信を持って最終的な大統領選挙に向けて行動しているということになります。

ヒラリー・クリントンは、圧倒的なドナルド・トランプの財源に対抗するためにファンドレイジングに力を注いでいるそうです。

 

ファンドレイジングとは主に民間非営利組織の資金集めのことを指します。

要は寄付集めなわけですが、民間企業や投資家、政治家などの資金集めもこれに入ることがあります。

このヒラリー・クリントンファンドレイジング強化に協力しているのが、なんと中国であると言われているのです。

 

なるほど、中国株が落ちただの、もう中国経済はダメだとか言われつつも、中国はまだ資金力に力を持っているわけですね。

 

そんなヒラリー・クリントンが大統領になったらどうなるのでしょうか……?

 

 

 

……なんだか、そっちのほうが空恐ろしい気もしますが^^;

そして、また日本人は……以下略(笑)

 

ドナルド・トランプが勝てば勝つほど、アメリカ人が求めているリーダー像が見えてくる気もします。

それは、ここ数年のアメリカという大国の立場の変動から考えてみれば、当然のことかもしれません。

その強さを演じようとするドナルド・トランプ

 

そんなトランプに対し、ヒラリー・クリントンは負けてなるかと肩ひじ張ってがんばっているようにも思えます。

それにしても、両候補者ともにタフですね!

 

共和党代表者は誰となるのか?

そして民主党候補者として指名されるのは誰なのか?

 

戦闘機のごとく迫ってきたドナルド・トランプ、そして、政治家の意地として決してくじけないヒラリー・クリントンの強さに注目してゆきたいですね。

 

そろそろ、スーパーチューズデーの幕が切って下ろされます!

※「スーパーチューズデー」とは、アメリカ大統領となる候補者を絞るために、党員集会・予備選挙を多くの州で一斉に行う特定の火曜日のこと。現在のアメリカ合衆国は民主・共和両党の2大政党から成り立ってもいるため、両党の候補者としての指名争いの最大のヤマ場として注目されています。

 

↓世界のニュースをいち早くスマホで見よう!↓


ロイター


あなたに金持ちになってほしい

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. k5100019407061

    刃牙道[板垣恵介]は無料立ち読みできるのか

  2. do-re-mon-8

    9月3日はドラえもんの誕生日!twitterでも「ドラえもんおめ…

  3. sx301560

    新刊登場中!7SEEDS[田村由美]スマホで無料立ち読みする方法…

  4. ペルセウス座流星群AS20160806002354_comm

    お盆休みはペルセウス座流星群に願いを叶えてもらおう!

  5. 201206151721018d7

    金融危機のギリシャでスマホ・携帯料金が無料に!ギリシャ破綻の真の…

  6. 2012y12m31d_201243585

    明日からコミケ!初めて行く人のための注意事項をまとめてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る