閉じる
閉じる
閉じる
  1. ASUS ZenFone5(ZE620KL)スマホ保護フィルムおすすめ…
  2. Galaxy S9におすすめのガラスフィルム 液晶保護フィルム特集!!…
  3. Galaxy S9に対応したスマホケースおすすめ7選!!気になるスペッ…
  4. 疲れた時に癒してくれる漫画達…独断と偏見で選んだ漫画3選!(よつばと!…
  5. ASUS ZenFone5(ZE620KL)スマホケース・カバーおすす…
  6. Nintendo Switchに対応したおすすめのモバイルバッテリーま…
  7. 春の香り!桜の花の塩漬けで美しい?レアチーズケーキ!混ぜて冷やすだけの…
  8. 新型ipadにおすすめの液晶保護フィルム7選!!保護フィルムは必要なの…
  9. 2018年モデル新型iPadにおすすめのキーボード7選!!持ち運びにと…
  10. 不味いと有名なアサヒのクリアラテを飲んでみたら…酷評の理由がわかった気…
閉じる

スマホクラブ

1都3県で展開されている回転寿司店「銚子丸」が、韓国産のヒラメを偽装したせいで、食べたお客が腹痛を起こしていた!?

銚子丸

 

おはようございます。トレーズです。

地元にはない回転寿司店ではありますが、人ごととは思えないニュースが発生したみたいです。
千葉市にある「すし銚子丸」という店の全88店舗が、韓国産のヒラメを愛媛県産と表記していたという、いわゆる食品偽装問題ですね。

すし銚子丸で、食品偽装問題!韓国産のヒラメを愛媛県産と誤表記していた?!

誤表記をしていたのは、9月の27日から10月の5日の間。
そもそもが、寿司店のせいというよりは、納入業者が、韓国産を納入したにも関わらず、その旨を寿司店に伝えていなかったのが、主な原因らしいです。

東京都江戸川区にある「すし銚子丸」で、10月の5日に、お客が腹痛になったという苦情が出て初めて発覚した事件で、その後調べたら、「あれ?韓国産?」みたいな感じになったらしいです。

また食品偽装かと思いましたが、「ちょっと待って下さい!」
偽装は良いけれど、何で腹痛が起きたの?
韓国産のヒラメは、危ないの?

そう言えば、中国ほどではないですが、韓国産の輸入した食材って、結構問題が起きてますよね。
管理がしっかりとしていないのか、モラルが低いのかはわかりませんが…。
別に韓国に恨みがあるわけじゃないですが、韓国産の食材は、気を付けないと、食中毒になりそうですね。

韓国料理は大好きだけれど、日本でも問題が起きているなら、韓国でも絶対に食中毒の事件が起きているでしょうね。
それとも、運ぶ時間が長かったせいで、鮮度が落ちたのかな?

どちらにしても、納入業者は、これは駄目でしょう。
ちゃんと伝えないと。
でも、喧嘩両成敗じゃないですが、これは店も納入業者も悪いですね。
ちゃんと、確認しないから、こういう事件が起きたのかも知れません。

今回は腹痛で済んだみたいですが、食中毒で死亡する人とか出てきたら、笑って済ませられる問題じゃなくなりますよね。

しかも、1店舗の問題かと思いきや、88店舗もの店で、誤表記してたとか。
管理責任を問われても仕方のない事件ですね。

ミートホープもそうですが、食品の偽装をして、わずかのお金を得ても、結局は自分に跳ね返ってきて、信頼もお金も失うことになるのに…( ;∀;)
何だか、日本のクオリティーが下がってきてるような感じです。

匠の技とか紹介するのも良いですが、もっとモラルとかをしっかりと考えられるように、社員教育とかして欲しいですね。

他にも同一事件を扱ってる方がいらっしゃるので、リンクを貼っておきますね。

誤表記は、許せないですよね!

姑息な経営手段。

誤表記と書けば、許されるだろう?と思っているんでしょうかね。確かに偽装ですね。

今度地元に出来る「魚米」も大丈夫かなぁと、心配になるニュースでした。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. おすすめ本イメージ

    自己啓発書のバイブル的一冊!!ビジネスマンに最適の書籍、おすすめ…

  2. 刀剣乱舞アイキャッチ用

    審神者騒然!?刀剣乱舞(とうらぶ)がtwitterで新刀剣男子の…

  3. スクリーンショット 2016-04-07 01.18.39

    T.M.R西川貴教デビュー20周年で株式会社突風を設立!代表曲「…

  4. 見本

    スターウォーズとキリンメッツのタイアップで登場!ブルーとレッドの…

  5. SX704060

    らんま1/2[高橋留美子]漫画全巻の無料試し読み・ダウンロードは…

  6. T7100022926661

    ヤング ブラック・ジャック[原作:手塚治虫 漫画:大熊ゆうご 脚…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る