閉じる
閉じる
閉じる
  1. ナイトプールがインスタ映えすると話題のスポットに!人気のフォトジェニッ…
  2. 2017テニプリバレンタインチョコ獲得ランキング発表!キャラクター缶バ…
  3. Bluetoothスピーカー Amazon/楽天 人気おすすめランキン…
  4. 別の使い方で高評価連発!Amazonで人気の「山善(YAMAZEN) …
  5. 映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」が大人気!ミニオンのおすすめ手帳型ス…
  6. スマートウォッチはダサい!そんなあなたにルイヴィトン(Louis Vu…
  7. 旅行に最適 ミラーレス一眼デジタルカメラ人気おすすめランキング10選
  8. Android One X1スマホケース/カバー Amazon/楽天人…
  9. ダンジョン飯[九井諒子]最新5巻の無料立ち読みとダウンロードはコチラか…
  10. ケーブル選びに失敗しないための「USB Type-C」の選び方!基礎の…
閉じる

スマホクラブ

有名なコラム記事の「天声人語」が、萌えキャラでアプリ化?クイズや着せ替えもあったり、もうすでに新聞とは呼べないかも知れない…!

天声人語1

 

おはようございます。トレーズです。

天声人語と言えば、朝日新聞の有名なコラムの記事ですが、iOSアプリとして、萌え化したらしいとのニュースです。
萌えキャラが、音声で記事を読みあげてくれたり、コラムの内容に合わせた時事ネタのクイズもあったり、クイズの正解数に応じて、着せ替え用の服も増えていくという、新聞から派生したとは思えないネタですね。

画面の写真は、こちら。

天声人語1

朝日新聞のコラム記事「天声人語」が、iOSアプリになって、萌えキャラ化?

天声人語と言えば、学生時代に、良くこの新聞のコラムネタがテストに出るので覚えるように!何て言われたことはありませんか?
と言っても、私の学生時代は、昭和の時代。
平成の学生では、こんなことを言われないかもしれないですが…(; ・`д・´)

で、このiOSアプリですが、ダウンロードは無料みたいです。
そして、メインストーリー15話は、こちらも無料
但し、アプリ内で課金もあり、2話で250円のこともあるみたいです。

萌えキャラの声と出演キャラの詳細は、出雲姫子(CV:端沢渓)と伊勢ひなた(CV:柚原有里)と伏見由遊香(CV:やなせなつみ)となっており、この三人の女子高生が放送部で、朗読コンテストの優勝と、放送部の存続をかけて、天声人語の読みあげに挑戦するというのが元のストーリーらしいですね。

どっかで聞いたようなストーリーですが、天声人語の文字が読みにくくなったお年寄りには良いかな?と思いがちですが、萌えキャラの時点で、お年寄りはターゲットじゃなさそうなので、もしかしたら子供向けアプリかなとも思ったりします。

合計600問の問題の中から、ランダムで現れるクイズに答え、クイズに全問正解すると、ご褒美ボイスがもらえたりもするそうです。
しかも!一度聞いた天声人語は、図鑑機能が搭載されており、そこにしまわれます。
受験や就活をしたい学生や社会人をターゲットにしている模様。
子供向けではなかったんですね…。

では、どんな画面が表示されるのかを、何枚かの画像でまとめてみました。

写真1 写真5 写真4 写真3 写真2

天声人語の歴史は古く、1904年に大阪朝日新聞からスタートして、終戦後、東京の紙面でも活動を開始した、有名で歴史のあるコラムです。
そもそも天声人語とは、「天に声あり人をして語らしむ」という意味で、「天声人語子」と呼ばれるベテラン記者が、記事を書いているそうです。

我が家でも、一時期朝日新聞を取っていたので、このコラムは毎回楽しみでしたが。
というよりは、このコラムと4コマ漫画ばかり見て、三面記事やテレビ欄はたまにみる物の、社会欄とかは全然読まない子供でしたけども。(; ・`д・´)

聞かせて天声人語と呼ばれるこのアプリサービスは、朝日新聞社のメディアラボが企画と製作をしているようで、メディアラボは、既存の物に捕らわれない新商品や新ビジネスの開発を目指しているようで、組織されたのが2013年のこと。
それから現在まで、色々な実験的サービスやアプリの開発と提供の他に、ベンチャー企業の支援をしたりもしているようです。

そう言えば、話は変わりますが、以前「あきたこまち」という名前のお米を売る際に、萌え米として、萌えイラストを付けただけで、米の売り上げが一気に伸び、二カ月で何年間分もの米の出荷が出来たと言う話も聞いたことがあります。
もちろん、私もそれに便乗しましたが…(笑)

この萌えというシステムは、ある意味、滑稽というかまたか…みたいなイメージもありますが、萌えキャラにするだけで売上が上がったりもするのは、否めない事実。
別に萌えキャラが悪いわけではないんですが、若年層をターゲットにする為に、こういうアニメキャラを使うのは、個人的にはどうかな?と思ったりもします。

でも、これで、天声人語を読む人が増えれば、新聞の将来も明るいかも知れませんね。
ちょっとやってみたいと言うのも、正直な所です。

他にも、このニュースを記事にしてらっしゃる方のリンクを貼っておきますね。

声で読みあげられると困るシチュエーションもありそうですね。(電車の中とかw)

もう、クイズアプリってことで、良いんじゃないでしょうか…。

萌えキャラにふさわしい声なのかな?

今は朝日新聞から、毎日新聞に移った我が家ですが、毎日でもこのサービスやってくれたら、ちょっとやってみたいですね。
一応iOSアプリなので、使える人は、一度試してみてはいかがでしょうか?

萌えアプリではないですが、朝日新聞を無料で読めるアプリもありますよー。
朝日新聞デジタル for Smartphone

SPONSORED LINK

関連記事

  1. NARUTO3

    NARUTO-ナルト-の作者「岸本斉史」は双子の弟も漫画家!スマ…

  2. image

    お盆休みの暇つぶしにはコレ!8月6日に22周年を迎えた聖剣伝説2…

  3. カカオトークvol.2

    LINEより便利!?カカオトーク使い方まとめ 其の2

  4. アイキャッチ

    話題のアプリ「水素水メーカー」スマホで水素水が作れる時代キタ!1…

  5. スクリーンショット 2017-02-19 22.15.09

    新作注目アプリ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドレコーズ』が事…

  6. スクリーンショット 2016-09-07 22.29.38

    水素水を作れるアプリ「水素水メーカー」がツイッターで話題!レビュ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る