閉じる
閉じる
閉じる
  1. iPad mini 第5世代(2019)ケースおすすめ7選[スマートカ…
  2. ZenFone Max M2(ZB633KL)スマホ画面保護フィルムお…
  3. アメトーーク!家電芸人2019で紹介されたおすすめ家電21選まとめ
  4. ZenFone Max M2(ZB633KL)スマホカバーケースおすす…
  5. iPad AirとiPad miniが2019年3月30日発売!App…
  6. ZenFone Max Pro M2(ZB631KL)画面保護フィルム…
  7. ZenFone Max Pro M2(ZB631KL)スマホケースおす…
  8. “Anker PowerHouse 200″ア…
  9. 2019年駄菓子売れ筋ランキング 長年愛される魅力と歴史
  10. イヤースコープおすすめ5選 iphone対応あり(選び方・価格・評判ま…
閉じる

スマホクラブ

アプリを作るための無料のAndroidアプリ「PineVentor」での作成方法のまとめ

見本

 

おはようございます。トレーズです。

スマートフォンを使う時に、欠かせないのがアプリなどですが、アプリを自分で作ってみたいという方もいらっしゃると思います。

例えば、既存のアプリで気にいらない点があったり、特殊なシステムで誰も専用アプリを作ってくれない場合とか、自分でゲームを作ってみたいとか、理由は色々考えられますね。

作ってみたいけど、大変そう…。とか、そもそもがパソコンを持っていないし…とかの理由で、作るのを諦めている方に朗報です!

「PineVentor」は、無料で使用できます。
Androidアプリを作るための無料アプリで、あなたも自分好みのアプリを作ってみませんか?

Androidアプリ「PineVentor」で、無料でアプリを作る方法のまとめ

「PineVentor」はアプリなので、PCが必要ありません。
「プログラム編集モード」「実行モード」があり、アプリの画面をデザインしたり、プログラムの編集もスマートフォン上から行えます。

なので、作成には全くPCを使いません。
現場や出張先でも、PCがなくても、その場でアプリの手直しが出来るんです。

「PineVentor」の使い方としては、「コンポーネント」という部品のようなものを組み合わせてアプリを作ります。
この「コンポーネント」を呼び出すだけで、カメラ、バーコード、ネットでの情報収集などが出来てしまうんですね。

プログラム自体は、何かのボタンが押された時やバーコードを読み取った時など、場面場面で行われるので、プログラムの処理自体は簡単に書けます。

「PineVentor」は、ブラウザ画面にJavaスクリプトを使い表示させるので、スマートフォンとPCの機能差がわずかにあります。
ですが、ほぼWebアプリと同じことが出来るので、簡単なアプリだけではなく、製品版に近いアプリも頑張れば書くことが出来ます。

<インストールの仕方と起動方法>

「PineVentor」では、アプリを作りたいと思った時、特別な準備(エディタの用意ですとか、ソフトのダウンローなど)が要りません。
「PineVentor」をインストールして、起動するだけでOKです。

インストール先は、↓です。
PineVentorアプリ

インストールが完了したら、パイナップル(パイン)のアイコンをクリックして起動します。

写真

画像は、アプリの管理画面です。
ここで、左下[import]ポタンをクリックすると、サンプルアプリをいくつかロードすることができます。中央の[new]ボタンをクリックすると、新しいアプリを作成できます。

「PineVentor」は、Android OSに内臓されている「Webview」や「絵文字」を使っているので、機種のバージョンや画面の大きさなどによって、若干見栄えが違うことがあるので、注意が必要です。

<アプリの作成>

写真2

アプリの管理画面で「new」ボタンを押し、新規のアプリ名を作って保存します。
「PineVentor」は、コンポーネントを使ってアプリを作るのですが、コンポーネントには様々な種類があります。
画面表示HTMLタグ相当のものから、インターネットアクセスやバーコードリーダーの起動などが用意されているので、PCがなくてもアプリが簡単に作れるんですね。

写真3

デザイン画面上部中央の[create]ボタンをクリックすると、コンポーネントの選択画面が表示されるので、追加したいコンポーネントのボタンをクリックします。
コンポーネントの名前をつけて、保存します。

写真4

コンポーネントのプロパティ画面になります。
コンポーネントには画面に表示されるものとされないものがあるようで、コンポーネントの選択で上の方にある「HTML Parts」にある種類のものは、画面に表示されるタイプで、あとは画面には表示されないタイプとなります。

表示されるタイプのコンポーネントでは、ドラッグで位置の変更が出来ますし、プロパティ画面では、大きさや表示するテキストの変更などが行えます。
プロパティを変更するのも、プロパティボタンをクリックして、値を打ち込むだけでOKです。

左端[Width]の横にある鍵アイコンのボタンは、コンポーネントの位置ロックで、鍵がロックしていない時だけ、ドラッグで位置変更が可能となります。

<メソッドとは?>

写真5

コンポーネントに付属する処理をメソッドと呼びますが、Javascriptの関数と同じような作りになってます。

メソッドにはボタンが押されたとき、バーコードから値を読んだとき、通信が完了して値が取得できたとき、などのようにイベントがあったときに呼ばれるものがあります。これらイベントメソッドはコンポーネントを作成したときに、最初から定義されています。

コンポーネントのプロパティ画面にある、水色の[Method]タグをクリックすると、そのコンポーネントに定義されているメソッドの一覧を見ることができます。

ユーザーがボタンを押す時に、対応するメソッドは「cButtonA.onClick(te)」です。
コンポーネント一覧から「onClick(te) 」をクリックすると、メソッドの編集画面に移ります。

この部分にJavascriptで何か書けば、ポタンを押したときにそのスクリプトが実行されるようになります。
例として、バーコードリーダーを起動したい時には、「cBarcodeA.open();」と書きます。

スマートフォンの小さい画面でいろいろタイプするのは大変と言う時には、メソッド編集画面の一番上に、各コンポーネントとそれに対応するメソッドを入力するためのテンプレートがありますので、それを使うと良いです。

基本の作り方は、以上です。

もっと詳しい作り方を知りたい方は、下記のページを参照して下さい。

アプリを作るためのAndroidアプリ「PineVentor」の記事

こちらのページの通りに作ると、こんな画面が出来ちゃいます。

写真6

サンプルも用意されているので、サンプルアプリをロードして、時間の短縮も狙えそうです。

写真7

ガイドブックも用意されているみたいです。気になる方は、↓の画像をクリック!

ガイドブック

こんな動画もUPされてるみたいです。

 

ツイッターでの反応も見てみましょう!

公式ページ?でしょうかね。

本当に面白そうですよね。w

書籍情報の取得とかも、面白そうですね。

 

他にも、「PineVentor」とは直接関係はありませんが、アプリの入門書として使うと良いかも知れません。

それでは、無料でAndroidアプリを作ることが出来る、「PineVentor」のアプリについて作成方法をまとめてみました。
自分好みのアプリを作りたいと言う方は、試してみて下さいね。

 

起業の参考になるメルマガをご紹介!

スマクラのトレーズです。
現在は、ビジネスで稼げるように切磋琢磨中!
御手洗さんは、起業独立を目指す方にブログやメルマガを活用したビジネスをお届けしてくれています。
一日中家族と一緒にいる生活を満喫してみませんか?
好きな事や得意な事をデジタルコンテンツとして無料公開されているので、起業に興味がある方は参考にされて下さい。
無料でメルマガ読んでみる?

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 呪文4

    スタバの注文に悩んでいた人必見!「スタバで呪文」アプリでドキドキ…

  2. 甲子園

    2015年夏100周年高校野球が熱い!出先でも「バーチャル高校野…

  3. アイキャッチ

    2016年最新花粉情報まとめ!今年の花粉は多めの予想!花粉の量を…

  4. a0960_006725

    ドロップボックスが、クラウド初心者に超おすすめの理由!

  5. bang15

    無料で読み放題!スマホマンガアプリ「マンガBANG!」で好きな作…

  6. pr_source

    仲間をさがそう HIROBAがユーザー数50万人突破!仲間をさが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る