閉じる
閉じる
閉じる
  1. 食べログで有名なノンシャランで人生最大級の贅沢をしてしまった件
  2. ソフトバンク DIGNO Jにおすすめのガラスフィルム 液晶保護フィル…
  3. Surface Goは本当にお得なの?安いの?高いの?
  4. ソフトバンク DIGNO Jにおすすめのスマホケース5選!!気になるス…
  5. スマホを冷やすおすすめの冷却ファンスタンドまとめ!!スマホが熱くなる原…
  6. 夏バテ予防に食べたい!ニラを使ったスタミナレシピを4選してご紹介!
  7. 失敗しないスポンジケーキ!別立てなのにしっとりふわふわに仕上がる?!
  8. Moto E5におすすめの全面保護ガラスフィルム特集!!
  9. Moto E5におすすめのスマホケース5選!!気になるスペックを調べて…
  10. moto g6 plusにおすすめのガラスフィルム 液晶保護フィルム特…
閉じる

スマホクラブ

映画『HERO』オジサンズスタンプ – LINE クリエイターズスタンプ、「あるよ。」

news_thumb_HEROstump_02

 

ドラマの視聴率がとれる男と言えば・・・

織田裕二さん

G20130712006181600_view

木村拓哉さん

39140594

が真っ先に思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

その、視聴率男の木村拓哉さん主演の代表作と言えば、『HERO』が、超有名ですよね(*’▽’)

 

その『HERO』が、装いも新たに、7月18日、スクリーンに戻ってきます♪

 

そして、劇中で大活躍の・・・

牛丸次席役の角野卓造さん、
川尻部長検事役の松重豊さん、
田村検事役の杉本哲太さん、
遠藤事務官役の八嶋智人さん、
末次事務官役の小日向文世さん、
井戸事務官役の正名僕蔵さん、
St.George’Tavernのマスター役の田中要次さん

その総勢たる7人のオジサンメンバーがLINEスタンプになりました!

 

20150629-00000343-orica-000-2-view

映画『HERO』オジサンズスタンプ – LINE クリエイターズスタンプ
https://store.line.me/stickershop/product/1150631/ja

木村拓哉さん主演の映画『HERO』に登場する、個性豊かなオジサンたち7人のスタンプが登場!

9月30日までの期間限定販売なので、要チェック!

そこで『HERO』について簡単に説明をさせていただきますと・・・

2001年1月、スタートしたこの作品は、全11話の平均視聴率が、なんと34.3%という天文学的な数字を叩き出し、今で尚、伝説として語り継がれる連続ドラマとなりました。

その後、5年の沈黙の後、スペシャルドラマとして復活も視聴率30.9%という、とんでもない数字を叩きだしました。

満を持してスクリーン初登場となった劇場版では、2007年当時の日本映画最大のヒットを記録。

そして2014年、「シーズン2」が連続ドラマとして待望のカムバックを果たし、またまた、初回26.5%という驚異的な視聴率で再び日本全国中の皆さんを虜にしました。

あれから1年を経て、私たちは再び、『HERO』の新たなる伝説を映画館で目撃することとなるのです。

破りなスーツを着ない検事・久利生公平を中心に、東京地検城西支部の個性的な面々が数々の難事件に立ち向かうのです。

『事件に大小はない』このシンプルでひたむきな「真実」は、時代がいくら変わっ今でも、瑞々しい輝きを放っているのです。

映画版『HERO』・・・主演は、もちろん木村拓哉さん。

テレビ版でお馴染みの北川景子さんをはじめとする「シーズン2」のレギュラーメンバーはそのままに、本作では『HERO』ファン待望の、松たか子さん扮する雨宮舞子がいよいよ復活しますよ。

さらに、さらに、久利生の前に立ちはだかる外務官僚役で佐藤浩市さんも登場します。

今回の映画では「大使館」という謎のベールに包まれた舞台を中心に展開します。

某国大使館の裏通りで起きた交通事故の真相を追う久利生。

しかし、大使館は決して踏み込んではならない「絶対領域」なのです。

このけして乗り越えられない「壁」を前に、久利生と城西支部はかつてなかったような闘いを挑むのです。

今までのような「目に見える敵」が相手ではなく、国際社会のルールとも言うべき「治外法権」「外交特権」に阻まれた『HERO』が、土壇場に見せる「正義」のかたちとは、いったい・・・

前作2007年の映画『HERO』が、劇場版ならではのスケールを追求した一本だったとすれば、2015年の映画『HERO』は、まさに『HERO』にしか成しえないスピリットをスクリーンで披露する勝負作品ではないでしょうか?

監督、鈴木雅之、
脚本、福田 靖、
音楽、服部隆之、

『HERO』シリーズの生みの親でもある不動のトリオが再結集し、この夏最新のレジェンドを皆さんお届けします。

そして、劇中で、いぶし銀の演技を魅せる、
その個性的かつ華麗なオジサン役の俳優さん方々のプロフィールを簡単に、ご紹介したいと思います。

まずは・・・

ハリセンボンの近藤 春菜(こんどう はるな)さん

 

1

チャウヽ(≧ω≦*=*≧ω≦)ノチャウ

角野卓造さん。

 

627b8db9d9b8fe64cb5f5b5b1c898616_400

角野さんは広島県呉市の出で、父親は元広島県会議員さんです。
戦前は過激な右翼青年で、県議時代は広島抗争の時期でもあり、

実家を舞台に美能幸三の手打ち式が行われたこともあるといいます。

そして、高校時代はみゆき族であったそうです。
※みゆき族(みゆきぞく)とは、既成の秩序にとらわれず、

自由な考え方や行動を示す青年達の類型のひとつである。

 

次に・・・

松重豊さん

 

thumb_3881.jpg&img_width=250

松重さん、お侍さんの役もしていたんですね・・・

NHKの大河ドラマ「八重の桜」で,主人公「八重」の父親・会津藩砲術師範「山本権八」役をされてました。

 

c14307315fceaa738de30e831baefbe2

芸歴はというと、蜷川幸雄さんが主宰する劇団「蜷川スタジオ」に入団。

そのうち困窮から嫌気がさし、1年以上にわたり休業した時期があったそうです。、

役者を休業していた頃は、建設会社の正社員として現場作業員をしていたそうです。

 

それから・・・

杉本哲太さん

 

iv_ts_mainimg

神奈川県立藤沢工業高校(現、神奈川県立藤沢工科高等学校)中退。

学生時代は地元一の不良として有名で暴走族のメンバーだったそうです。

1981年、横浜銀蠅ファミリーのロックバンド、紅麗威甦(グリース)でデビュー。

 

t02200220_0311031110776395340

その後、役者に転向、幅広い役柄をこなされています。

 

続きまして・・・

八嶋智人さん

 

2978_yashima

1990年、松村武さんと、ともに早稲田大学の演劇サークルを母体に劇団カムカムミニキーナを旗揚げ。

所属事務所はSISカンパニー。

メガネが大きな特徴ですね。

当初はもっぱらテレビドラマ、舞台で活躍していたそうです。

貴乃花と共演したサントリーの缶コーヒー「BOSS」CM、ドラマ『古畑任三郎』、

バラエティ番組にて徐々に知名度を上げていったそうです。

先輩である高橋克実とは個人的にも仲が良いそうで、

2人でサイパンまでダイビングに遊びに行ったりするほどだそうです。

 

そして・・・

小日向文世さん

 

140413-18

専門学校をご卒業後、俳優を目指すことを決意。

中村雅俊さんの付き人を務め、1977年、23歳で串田和美さんが主宰する「オンシアター自由劇場」に入団。

1996年の解散まで19年間在籍し、劇団の看板女優吉田日出子の相手役を務めたそうです。

良い人のイメージが強いですが、悪役もこなす、実力派の役者さんですね。

 

この方も、つかみどころがないですね・・・

正名僕蔵さん

 

04_main

中学時代は神童と呼ばれていたそうで、体育や美術の評価は3でしたが、

主要5科目はオール5の優等生だったそうです。

テストでは100点を取るのが当たり前だったのですが、高校に入ってからは

勉強する意味がわからなくなり成績が落ちたそうです(汗)

小学校二年までは家にテレビがあったそうですが、テレビが壊れた際にお父上が

「なくていっか」と言い、それからはずっとラジオになってしまったそうです。

そのため『オレたちひょうきん族』も観られなかったそうです(笑)

 

そして、この方も以外な職業経験をお持ちで・・・

田中要次さん

 

%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%A6%81%E6%AC%A1

元国鉄職員、JR東海社員だそうです。

1982年、国鉄長野鉄道管理局に就職。

1987年の国鉄分割民営化にともない、JR東海の東海鉄道事業本部社員となり、

岡崎保線区に配属、JR大府駅や安城駅構内の職場に勤務した経歴。

その頃から映画館通いが始まり、愛知、岐阜、三重を渡り歩き、

地元の映画上映サークルと交流を深めていったそうです。

1989年、親交のあった山川直人監督からオファーをいただき、

ミュージック・ビデオ『佐木伸誘 / SEEK AND FIND』(1990.2.7発売) に出演。

のち国鉄時代からの勤続が8年8カ月8日となり、ジョン・レノン十回忌の当日でもある

1990年12月8日にJR東海を退職(田中さんご自身はこれを“脱線”と称しているそうです)、

これを機に俳優になる事を志して上京されたそうです。

1991年、照明技師の安河内央之さんに師事し、竹中直人監督『無能の人』の照明助手として参加。

竹中監督の目に留まった田中さんは同作品にエキストラとして出演。

舞台『竹中直人の会 / 鉢植を持つ男』に舞台監督助手を兼ねて、神戸浩さんの代役としても参加しました。

その後も職種を問わず、俳優だけでなく、撮影スタッフとしても照明助手の他に

録音助手、ドライバー、付き人なども経験しながら、数多くの映像製作に携わったそうです。

1994年、竹中直人監督『119』で、照明機材トラックの運転中に事故を起こした事をきっかけに、

スタッフ業から退き、俳優に専念するようになったそうです。

また、1994年から1998年まではバイク便ライダーをやりながら生計を繋いでいたそうです。

これだけいろいろな職業を経験されていると役者としての幅も広まった事でしょうね。

 

そんな個性豊かなオジサンたち7人のLINEスタンプが発売になりました!

9月30日までの期間限定販売なので、要必見です!

映画『HERO』オジサンズスタンプ – LINE クリエイターズスタンプ
https://store.line.me/stickershop/product/1150631/ja

 

2

 

木村拓哉さんが主演の『HERO』の映画とあって、Twitterでも盛り上がっているようです。

 

 

 

>>もっとHEROを知りたい方は<<

 

11190781_1066638806684490_193247661_n

 


https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00O1H28DA/
 

SPONSORED LINK

関連記事

  1. %e3%82%bb%e3%83%96%e3%83%b3%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%83%96%e3%83%b3%e3%81%86%e3%81%95%e3%81%be%e3%82%8b-1%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

    うさまるキャンペーンがセブンイレブンで12/7から開催!限定公式…

  2. 見本

    カナヘイのゆるっとカフェが渋谷パルコとコラボで期間限定オープン!…

  3. ヨシヒコ

    勇者ヨシヒコと導かれし七人が始まる前に「勇者ヨシヒコLINEスタ…

  4. 使用率ランキング

    【LINEクリエイターズスタンプ】2015年6月度使用率(使いや…

  5. うさまるピーチ6

    うさまるがピーチ・ジョンとコラボ!無料LINEスタンプを配布中

  6. アイキャッチ

    8.6秒や安村などのリズムネタ・ギャグが満載のLINEスタンプが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る