閉じる
閉じる
閉じる
  1. Nintendo Switch Amazon/楽天 人気おすすめゲーム…
  2. ソーラーモバイルバッテリーが便利で人気!!スマホライターもおすすめの5…
  3. 自撮りライトおすすめ人気ランキングベスト5と選び方まとめ!これでインス…
  4. 「AirPods」だけじゃない!1万円台でワイヤレスイヤフォンを選ぶな…
  5. Amazonで人気 iPhone7ケース・カバー 耐衝撃タイプ おしゃ…
  6. ナイトプールがインスタ映えすると話題のスポットに!人気のフォトジェニッ…
  7. 2017テニプリバレンタインチョコ獲得ランキング発表!キャラクター缶バ…
  8. Bluetoothスピーカー Amazon/楽天 人気おすすめランキン…
  9. 別の使い方で高評価連発!Amazonで人気の「山善(YAMAZEN) …
  10. 映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」が大人気!ミニオンのおすすめ手帳型ス…
閉じる

スマホクラブ

wordpressで一般設定のアドレスを間違った時の「さくらサーバー」での復旧方法のまとめ

コンパネ

 

WordPress(ワードプレス)でのエラーで、「設定」の「一般設定」で、URLのアドレスを間違って、画面が表示されなかったり、画面が白くなって、ダッシュボードにもアクセス出来なかったということはありませんか?

実際私もなってみて、びっくりしました。
で、検索してみた所、色々な方法がありましたので、それをピックアップしてみました。
今度同じ症状になった時の備忘録として、復旧方法をまとめてみました。

ワードプレスの一般設定のアドレスを間違った時の「さくらインターネットサーバー」での復旧方法

<復旧方法は2種類?>

見本

まずは、画像で見て行きますが、問題の個所は赤枠で囲まれた部分です。
特に、「wordpressアドレス(URL)」の場所を間違えて書き変えてしまうと、大変です。
下の「サイトアドレス(URL)」は、ダッシュボードにアクセス出来るので、後で変更も可能ですが、「wordpressアドレス(URL)」の方は書き変えてしまうと、ダッシュボードにもアクセス出来ず、簡単には復旧することが出来ません。

では、どうやって復旧するかですが、方法は二種類あります。

 

方法1:wp-config.php の編集

まず、さくらサーバーのコントロールパネルにアクセスしましょう!

さくらインターネットサーバーのコントロールパネル」

コンパネ

ドメイン名とパスワードを求められるので、こちらに入力したら、コントロールパネルページへと移動します。
出来たら、左のメニューにある「運用に便利なツール」の下にある「ファイルマネージャー」をクリックします。

すると、こんな画面に飛びます。

ファイルマネージャー

そこから、「wp-config.php」を見つけ、右クリックメニューで「編集」を選びましょう。
編集の中の、データベースの設定項目の下辺りに、追記をしていきます。

ファイルマネージャー2

画像の下辺りに、この1文を追加します。

define(‘WP_SITEURL’,’http://example.com’);

‘http://example.com’の部分は、お使いのアドレスに変更が必要です。
終わったら、保存すればOKです。

ダッシュボードにアクセスが可能になりますが、これは根本的な解決ではなく、この一文を書きこむことで、ダッシュボードの一般設定のURLを変更できなくなります。
変更できなくなるのが気になる方は、次の「MySQLの編集」を試してみて下さい。

 

方法2:MySQLの編集

それでは、こちらの方がしっかりと修正できるのでお薦めなのですが、やり方をご説明していきますね。

まず、同じように「さくらインターネットサーバーのコントロールパネル」へと移動して、ドメイン名とパスワードを入力し、コントロールパネルを開きます。

さくらインターネットサーバーのコントロールパネル

そこから、「アプリケーションの設定」の下の方にある「データベースの設定」をクリックします。
すると、こんな画面が現れると思います。

データベース

赤枠で囲まれた「管理ツール ログイン」をクリックしましょう。

MY

ユーザー名とパスワード、サーバの選択という項目に入力して、「MySQL」のページへと移動します。
ユーザー名とパスワードは、データベースを作った時に入力した項目と一緒です。
サーバの選択を間違わないように、気をつけて下さいね。

で、移動するとこんな画面に変わります。

MY2

ここで、変更したいデータベース名を選んで下さい。

MY3

「検索」の所に、「option」と入力すると、「●●options」というのが出て来ると思いますので、そちらをクリックしましょう。
移動すると、こんな画面に移動します。

MY4

ここで、「siteurl」とありますので、その項目の左にある「鉛筆マーク」をクリックすると、中身を書きかえることが出来ます。
間違ったURLを正しいURLに変更して、作業は終了です。

こちらの方法を使うと、しっかりと直るので、Config.phpを変更するよりも、お薦めの方法となります。

MySQLの編集は、サーバーによっても違いが出ますが、私の使っている「さくらインターネットサーバー」では、こんな感じで、簡単に編集することが出来ました。

ワードプレスでは、一般設定の項目は、しっかりと理解してから、変更する方が良いみたいですね。
管理用のURL(サイトURL)と表示用のURL(ホームURL)の二種類ありますが、サイトURLは、変更しないように気をつけて下さい。

間違って変更してしまうと、今回のように白い画面で何も映らない画面が出来たり、ダッシュボードにアクセスできなくなってしまいます。

今回私も同じ過ちを犯したわけですが、根本的な解決は、MySQLの編集でOKです。
私の備忘録として、記事を載せておきますね。

 

同じ悩みの方もいらっしゃるみたい…ツイッターでの反応です。

こんな画面になったら、ちょっとびびりますよね。

やっぱり、皆さんも同じ悩みを抱えていたみたいです。

やっぱり、同じことをしてしまう方も多いんですね。

そうそう、ダッシュボードにアクセスできなくなるんですよね。

 

ワードプレスの入門書って、沢山ありますね。

私は、こちらの本で勉強しましたが…。

こちらの本では、ワードプレスを最初から始める方向けになっていて、お薦めのプラグインとかカスタマイズの方法とか載っていて、わかりやすかったですねー。
初心者にお薦めの一冊です。

 

エラーが起きても慌てずに、こちらの方法を試してみて下さいね。

ということで、wordpressの一般設定のアドレスを間違った時の「さくらインターネットサーバー」での復旧方法をまとめてみました。

SPONSORED LINK

関連記事

  1. KD033260

    コータローまかりとおる[蛭田達也]漫画全巻の無料試し読み・ダウン…

  2. クリスマスまでに素敵な彼氏を作る具体的で現実的な方法

  3. 20110501062733

    ドラクエ2スマホアプリが半額!年末年始のスキマ時間に遊んじゃおう…

  4. exe1509220540012-p1

    ラグビー広瀬俊朗選手が現役引退を表明!ラグビーは2015年ワール…

  5. m5100019602161

    嘘喰い[迫稔雄]新刊44巻の無料試し読みこちら!!ネタバレ・感想…

  6. n9100009338961

    僕たちがやりました[原作:金城宗幸 漫画:荒木光]の無料立ち読み…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る