閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2017テニプリバレンタインチョコ獲得ランキング発表!キャラクター缶バ…
  2. Bluetoothスピーカー Amazon/楽天 人気おすすめランキン…
  3. 別の使い方で高評価連発!Amazonで人気の「山善(YAMAZEN) …
  4. 映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」が大人気!ミニオンのおすすめ手帳型ス…
  5. スマートウォッチはダサい!そんなあなたにルイヴィトン(Louis Vu…
  6. 旅行に最適 ミラーレス一眼デジタルカメラ人気おすすめランキング10選
  7. Android One X1スマホケース/カバー Amazon/楽天人…
  8. ダンジョン飯[九井諒子]最新5巻の無料立ち読みとダウンロードはコチラか…
  9. ケーブル選びに失敗しないための「USB Type-C」の選び方!基礎の…
  10. 家で楽しむヘッドホン Amazon/楽天 人気おすすめランキング10選…
閉じる

スマホクラブ

【被災を最小限に食い止めるために】熊本地震まとめ3

rudder

こんにちわ、katadsuketaiです。

続きをかきます。

九州の内陸で起きた地震で過去最大として知られているのは、
1911年に起きたM7.1の桜島地震です。

ただ、これは大正の桜島噴火に伴ったものなので
やや他の地震と性格が異なるものです。

沿岸部に起きたものとしては、
2005年のM7.0福岡県西方沖地震です。

すると、今回の熊本地震は、
過去最大の”内陸地震”であったわけです。

これを見ると九州内陸直下で
M7を超える地震は今回が初めてです。

この地震によって火山噴火が誘発することを
心配される方もおりますが、

これまでの九州内陸地震の直後に
火山噴火が誘発されたことはほとんどないです。

例外的に1922年12月8日M6.9橘湾の地震の約一ヶ月後に
阿蘇山の噴火が起きたことがあるくらいです。

 

ただ、今回の地震は、内陸で過去最大の
マグニチュードの地震であったことと、
震源断層が阿蘇の外輪山まで達しており、

これほど火山の近くで大きな地震が起きた例は少ないので、
その影響ははっきりと分からないところもあります。

実際のところ阿蘇山は噴火してしまいましたが
規模が小さい上に水蒸気爆発と考えられておりますね。

また内陸直下型地震の特徴の一つとして、
地面にかかる加速度が大きかったことがあります。

地震の時に建物や橋などの物体にかかる力は、
その物の重さに加速度を掛算したものになります。

つまり加速度が大きいほど、そのものに大きな力がかかって、
場合によっては倒壊したり破損したりするのです。

今回の益城町での加速度も1,580ガルを記録しています。
かつては”重力の加速度”である980ガルを
超える地震動はあるわけがない、と思われていたのですが、

岩手宮城内陸地震(2008年、M7.2)や
新潟県中越地震(2004年、M6.8)をはじめ、

各地に起きた内陸直下型地震では、軒並み980ガルを超えて、
大きいものは4,000ガルを超えたものもあります。

980ガルを超えるということは、たとえば地面の上にある
石が飛び上がることを意味します。

つまり、大変な加速度なのです。

実は、各地の原子力発電所は、
ここまでの加速度を想定していないのです。
恐いですね~~。

いままでの設計基準ではせいぜい500~700ガルなので、
それを超える地震の加速度に襲われたときに、
いったい何が起きてしまうのかがとっても心配です。

大丈夫なのか~原発、続きます。

 

【被災を最小限に食い止めるために】熊本地震まとめ2
【被災を最小限に食い止めるために】熊本地震まとめ4

SPONSORED LINK

関連記事

  1. 000

    スタバの「SAKURA(さくら)」ドリンクをより楽しむカスタマイ…

  2. %e4%bb%ae%e9%9d%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%80%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%82%b0%e3%82%bc%e3%82%a4%e3%83%891

    仮面ライダーエグゼイドがついに放送開始!第1話のtwitterで…

  3. N5100017104961

    青春Re:トライ[将良]漫画2巻最終回の無料試し読み・ダウンロー…

  4. 000

    ライトユーザーに朗報!Adobeが「Chromebook用」Ph…

  5. KD624360

    チェーザレ 破壊の創造者[惣領冬実]漫画全巻の無料試し読み・ダウ…

  6. kd596860

    海外でも高評価!進撃の巨人[諫山創]漫画最新刊の無料試し読みはコ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る